2017年09月14日

SEの次

iPhone SEというモデルがある。

このたび、iPhone Xという最上位機種が発表された。

「となると次に出るiPhone SEの上位機種はiPhone SEXになるのか?wwww」

みたいな話が出ている。



このような故事をご存じだろうか。

そのむかし、MacがまだMacintoshと呼ばれていた1980年代。

Macintoshのラインアップは「Macintosh II」というカラー機種、「Macintosh SE」というモノクロ一体型機種の二本立てだった。30年前の話である。


MacII.jpg


800px-Macintosh_SE_b.jpg

美しいですよね。

1988年にMacintosh IIの後継機が発表される。名前が「Macintosh IIx」。筐体はそのままで、CPUを68020から68030に置き換えたものである。(注:この機種は日本には導入されず未発売)

この発表で一部の者達は浮き足だった。

「となると次に出るであろうMacintosh SEの上位機種はMacintosh SExになるのか?wwww」

30年前にも同じことを言っていた。

そして満を持してSEの後継機が発表される。筐体はそのままでCPUを68000から68030に置き換え! ということは!

名前はしかし「Macintosh SE/30」になっていた。

ざんねん。おしまい。

そういえば

IIもSEも筐体のデザインはフロッグデザインによるもので実に美しい(その分高いけど)。私が最初に買ったMacはこの美しいSEであった。次に買ったのがCentris650という機種だったが、コストダウンの影響かデザインはアップル内製となり、なんだかNECのPC98みたいな外見になっていた。

posted by gyogyo6 at 22:58 | Comment(0) | 林檎 | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

スマホ回線をmineoに変えた記(いいところや良くないところ)

この春に携帯の回線を、長年使っていたauからmineoに変えました。約半年使ってみた感想を書いてみます。それにしてもmineoの公式ページ、派手派手ですね。

(久々の更新です)



安いの?

これは宣伝通り、安い。

これまでauでiPhone SEを使っていたときは、「スーパーカケホ」「定額5GB」「毎月割つき」「スマートバリューつき」という条件で月5千円弱だった(端末は機種変時に一括で支払ったため月々の支払額はゼロ)。

現在は、mineoの割引キャンペーン期間中(月800円引き。最初の6カ月)でもあるが月1,600〜1,800円。音声電話(20円/30秒)を使わなければ1,600円で収まる。比べるまでもなく安くなった。キャンペーン期間が終われば2,400円+通話料となる(金額はいずれも消費税込みの丸めた数字)。

ただ、これは使う前から分かってたことである。以下は使ってから分かったこと。



面倒じゃない?

最初だけ。

SIMロック解除について

私がやっているように、「au版のiPhoneをドコモ回線のMVNOで使う」にはSIMロック解除の手続きが必要となる。これはネットだけで手続きが完結し、手数料もかからない。(ネットでの手続きが面倒な人はauショップの窓口でもできる。ただし手数料2,000円がかかる)

SIMロック解除後は、使えるSIMが手元にあればそのまま挿せば使える。解除後もauのSIMを使う場合は、iPhoneのデータをバックアップ→本体を初期化→バックアップから復元、という作業が必要となる。

参考 iPhone のロックを解除する方法 - Appleサポート

私の場合、SIM切替の何週間か前に解除の手続きをやったので、後者の作業が必要だった。まあ手順通りにやれば問題はない。

MNPでの転出・転入

auのサポートに電話して予約番号をもらい、mineoのサイトで手続き。これもマニュアル通りにやるだけである。auのサポートの方は残念そうに引き留めてくれたが、まあそこは粛々と手続きだけやっていただいた。

とはいえいろいろ自分で動く必要があるので、これまで手続きはキャリアのショップに丸投げだった人には面倒くさいかも知れない。最近は店頭窓口を設けて展開しているMVNO業者もあるので、そう言う人はそちらを選ぶのも手である。なおmineoも東名阪・神戸に直営ショップがある。



通信速度遅くない?

これは「時間による」「環境による」としか。

調子のいいとき(早朝・午前中やら深夜やら)はそれこそ数十Mb/sという速度で通信できる。

問題は混雑時であり、特に平日の昼休み時間帯(12時台)はガクンと速度が落ちる。往年のアナログモデムでのダイヤルアップ回線のようだ。Twitterは画像が見えなくなり相当時間をかけないと画像が表示されなくなり、ウェブ閲覧もなかなかページが表示されない。LINEやメールなどテキスト中心のサービスは問題ないが。

さいわい私の場合、昼の時間帯はWi-Fi経由での利用が主なので、おっそいmineo回線を使わなくて済んでいる。そのため、「ほぼ」ストレスなく利用できるのでありがたい。このへんの事情は人それぞれなので、混雑時にどれだけ使うことになるかがポイントだろう。またmineoも速度改善対策として回線増強を継続しているということだが、将来のことはわからない。

なおふだんは問題なくても、条件が変わると別である。というのも、今年のお盆の時期に家族旅行したときに、ちょうど昼間12時ごろに使おうとしておっっっそい速度に家族がキレる経験をしたばかりだからだ。このように、少々の家庭内不和などの事態を起こす可能性はある。

なお、音声通話は大手キャリアと同条件である。



いいとこ教えて?

ギガ()の繰越のやり方が、利用者に有利にできているのがmineoの長所である。

私は月6GBのコースを選んでいるが、実際に使うのは月4GB程度である。すると2GB余り、これが翌月に繰り越される。

さて繰り越された翌月の扱いである。この月も4GB使うとする。使えるのが6GB+繰越2GBの計8GBとなっているが、大手キャリア3社は「まず当月の6GB分から」消費されていく仕組み。そして繰越分は翌月に再繰越されず消えてしまうので、次の月に繰り越されるのは(8-4-2)の2GBとなる。

mineoは逆に、先に消費されるのは「前月繰越分から」である。つまり次の月には(8-4)=4GB繰越となり、再繰り越しされずに消えてしまうことがない。次の月は(4+6)=10GBも使えることになる。やったね!

と、このように繰越量がどんどん貯まっていくため、私は月6GBのコースだけれど現在は月初に12GBも容量が残っていることになっている。

とはいえ、月に使うのが4GBの者にとっては使える量が8GBでも10GBでも実質何も変わりはないのだが。でもほら、なんとなく心に余裕ができるじゃないですか。

実質違いはあまりないのに、「心に余裕」とか「長所」だとユーザーに思わせてしまうところ、mineoは(ずる)賢いなあ。



よくないとこ教えて?

速度に関して通常使う分にはまったく問題ない(それでもWi-Fiを活用できることが前提かな)が、上で書いたような旅行時など「普通でない」時にはストレスが溜まる基となる。また、端末の故障や紛失などの緊急時対応も大手キャリアのようには期待できない。大震災のような不測の事態にもどうなるかは分からない。幸い私はそのような事態にまだ直面したことがないので、ここは何とも言えない。いずれにせよ「平時限定で使える安いSIM」に留まらないように願いたいものである。



結局どうなの?

私は変えて良かったと思う。ただ万人におすすめはまだできない。

自分でよく考えて判断できる人は、ぜひ検討してみるといい。



おまけ

あと、これで自分もmineoを使ってみようという奇特な方がいらっしゃいましたら特典付きの申込みリンクを置いておきますのでよろしければどうぞ。

貴方も私もほんのささやかですが幸せになるでしょう。

いきなり2倍!紹介キャンペーン|mineo(マイネオ)



おまけ2

「あんたは原発いらない派なのになんで関西電力系のmineoなんか使ってるのだ?」

いえ、だからですね、別に「関電ツブレロ」なんて思ってるわけはなくて、原発以外の収益源が伸びたら関電だって何が何でも原発を稼働させるというモチベーションが薄まるじゃないですかということを期待してですね応援の(以下略)だからネットもeo光ですし(以下さらに略)


posted by gyogyo6 at 15:48 | Comment(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

紅白歌合戦の途中に挟まれた5分ニュースのこと

ちょっと時間が経ってしまいましたが2016年のNHK紅白歌合戦について。

内容に関してはもうあちこちでいろんな人がいろんなことを言ってるのでいいでしょう。私が気になったのは、第一部と第二部の間、20時55分から5分間放送されたNHKニュース。

「ピコ太郎の新曲」なるものがブチッと切られた「演出」を受けて始まりましたが、そこで読まれたニュースが

  • 立体駐車場から一家を乗せた車が転落し、両親が死亡し子供は生き残ったけど大ケガ
  • 老夫婦が風呂場で熱中症で溺死、皆さんもご注意を
  • 元日の天気予報

という3本でした。うう、ヘヴィーだ。

紅白歌合戦の合間に挟むにしてはちょっと重すぎるなと感じました。もっとほら、「新年を前にした各地の表情」とかいってほのぼのする題材で埋められなかったのかしらん、と。

あの場あの時に伝えるべきニュースなのかな、車の事故が。何か基準があるんですかね。

紅白が始まる前の定時ニュース「ニュース7」ではこの車の事故もやってましたが、「間もなく紅白歌合戦スタート!」という心底どうでもいい話題もニュースとして流していてこれもこれでなんだかなあです。

なお紅白の本編、私が選ぶベストアクトは白: THE YELLOW MONKEY「JAM」、紅: 宇多田ヒカル「花束を君に」のいずれも初出場組。20世紀の紅白かよと思いますがこの2組をトリにすれば良かったんだよ。というところでまた1年後を楽しみにします。

posted by gyogyo6 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | よい音楽(竹) | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

メリークリスマス!

ちょっと早いがメリークリスマス!

はいはいクリスマスですよクリスマスアルバムですよ。

今年は何をさておきタイムリーなこの方ですね。ノーベル・アワード・ウィナー!

B00NWU1J64 クリスマス・イン・ザ・ハート(紙ジャケット仕様)
ボブ・ディラン
SMJ 2014-12-23

by G-Tools

いやしかしボブ・ディラン様とクリスマスソングの相性はいまいちですな。

ボブ・ディランといえば先月30日に行われた、オバマ大統領が今年の米国人ノーベル賞受賞者を招いたパーティにも出席しなかったそうですが、

「残念ながら、ボブ・ディランは本日ホワイト・ハウスにいらっしゃいませんでした。けれど、そのおかげで全員リラックスすることができました」と広報秘書官のジョシュ・アーネストは語っている。

まあそうでしょうね。

ではでは皆様よいお年をお迎えください。

(…もう?)

posted by gyogyo6 at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | よい音楽(竹) | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

iPhone SEに機種変し、支出の計算を見直す

iPhone SEの発売直後にこんな皮算用をしていまして、

「格安SIM」は本当に格安なのか考える (2016.3)

「SIMフリー機+MVNO(格安SIM)」か「auで機種変」かしばらく逡巡した末にauでの機種変に決めたのですが品薄地獄にはまり結局手続きが6月迄ずれこみました。機種変から3ヶ月経ち、これを書いてるのがもう9月です。AppleがiPhone7の発表を予告して世間はそろそろ新機種を買うべきか買わざるべきかの話題に移行しつつありますが(あまり盛り上がってるようにも見えませんが)、

とりあえずの結果報告です。

手続き待ちの間に、条件の変動もありました。

  • SIMフリー版の値段(アップルストア価格)が値下げされた(格安側に有利)
  • auに「2年縛り違約金」の金額を問い合わせたら、長期加入者扱いだったので結構安かった(格安側に有利)
  • 最初に届いていたauの「1万円割引クーポン」の期限が5月末で切れた(格安側に有利)
  • ↑この件で「予約してるのに5月のクーポン期限をが過ぎてしまいそうなんだけどどうにかなりませんかね」とauに問い合わせたら、以下略(auに有利)

というわけでやっと機種変してきましたよ。

iPhone 5sからiPhone SEへ、なので、見た目ほとんど変わりません。前のバックアップから復元したので、中身もほとんど変わりません。まあいいか。

御用済みのiPhone 5sは自宅でWi-Fi専用運用に。

キニナル価格差はこんな結果となりました。

契約会社 au IIJmio
端末代金 47,600 59,800
MNP転出手数料 0 2,000
誰でも割違約金 0 3,000
月額料金 4,010 2,220
24ヶ月分 96,240 53,280
2年間トータル 143,840 118,080
価格差 +25,760
月額換算 +1,073
(参考)通話料 5分まで無料 20円/30秒

比較したプランについては

  • au…スーパーカケホ(1通話5分まで無料)、通信5GB、毎月割、スマートバリュー適用
  • IIJmio…通話+SMS+通信プラン、通信5GB

税抜月1,073円、税込月1,159円の差。これを高いと取るか安いと取るかですな。

auのメリットは、「5分までなら通話料が発生しないプランである」、「家族割が継続できるので家族の通話料も安く抑えられる」それから「混雑時でも通信速度の落ちは比較的少ない」というところでしょう。金銭的には前2つ、実用上は3つめの要素が重要なところです。

この要素をどう見るかは人それぞれ違うところでしょうが、私は毎月1,159円余計に払うに値すると判断しました。

たとえば通信速度の実測値、こんな数字を目にしたらどんなもんだろと考えてしまいます。

契約会社 au IIJmio
午前中下り 90.29 18.33
午前中上り 5.94 9.27
昼休み下り 51.17 0.75
昼休み上り 4.78 6.10
夕方下り 47.28 6.18
夕方上り 4.41 7.35

出典: ITMediaのこれこれ。7月上旬に横浜駅西口で測定したものだそうです。単位Mbps/sec。

まあこれは条件にもよるのでしょうが、昨年に家族まるごと某社格安SIMに移行した親戚から「速くもないが使えないことはない。でも最近遅いわー」との証言も得ており、「いま」乗り換えるのにちょっと二の足を踏みます。

家族割についても、自分以外の家族はいまだガラケーでがんばっているという事情があり、家族の回線まるごと移行しても価格上のメリットが自分以外ない。スマホに変えるのは「子供が高校に進学してから」いうんでまだ2年もある。(もちろんその前に「やっぱりスマホほしい」と言い出す可能性もありますけど)

あくまで現時点での判断で、状況が変わればどうなるか分かりませんが、それはその時考えればいいこと。

というわけで、まだ当分auさんと付き合うことになりました。いわゆる「養分」であることは自覚しております。

でも、「次」はどうだか分かりませんよ。

2年間トータルで比べると確かにキャリアの方が高いのですが、これを「安心料」としてぎりぎり許容できるかできないかというレベルです。なかなかうまくできてる。逆に言えば格安SIM会社側も、ぎりぎり安い感が出せる値付けをしているってことで、お互いに商売が上手いなという感想です。

iPhoneは押しも押されもせぬハイエンド、お値段的にもハイエンド。スペック的に一歩及ばぬiPhone SEといえどもスマホの中では「高級機」なので、通信費用を安く上げたところでトータルではお得感は薄いですわね。いわゆる格安SIMを使うなら端末も2〜3万円台で買えるSIMフリーAndroid機が合うのかなと思います。Androidも最近は使い勝手良いそうですし、これならまるごと乗換のメリットは十分享受できるんじゃないですかね。知らんけど。


IMG_4262.jpg

左が新しい方。はい、ほとんど差がありません。

posted by gyogyo6 at 16:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする