2005年10月27日

☆悲☆

あれだけコテンパンにやられたら、もう悔しさを通り越して笑ってしまいます。おめでとう、シカゴ・ホワイトソックス、じゃなかった千葉ロッテマリーンズ。チャンピオンにふさわしいチームだよ。歴史に残る日本シリーズでした。

リーグ優勝の時はブログの色をタイガースカラーに変えてお祝いしましたが、今回はできませんでした。

posted by gyogyo6 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

今年のグッドデザイン大賞

GOOD DESIGN AWARD [Winners 2005]: インスリン用注射針(テルモ)
この製品、以前に「サンプロ」か何かで特集されてるのを見たことがあります。

糖尿病の治療に必須のインスリン注射。しかし患者にとって注射は重い負担であり、その負担を少しでも軽くしようと痛みの少ない注射針の開発にメーカーが乗り出した。
刺しても痛くない注射針を作るには先を細くすればよい。針が細いと痛覚を感じる細胞を刺戟しないから。ところが従来の筒状の針では、細い針を作ると管が詰まって薬が通らない。この問題を解決するには、針先だけを細くする円錐形にすればいいのですが、そんな針はこれまでの常識では量産不可能である(筒状ならば長いパイプを造ってそれを切ればいいのだが、円錐形だとそんな製法では作れない)。どこの会社も断る中、東京墨田区の町工場(ですよね)、岡野工業が開発に成功したというのです。「深絞り」という金属加工技術の応用。この会社はこの技術で他の追随を許さないのだそうです。先端の細さは蚊の針と同じだとか。
いやこれはアイデアと技術のすごい結晶だわ。

参考
岡野工業・岡野雅行社長(Wikipedia) (ここからリンクしているインタビュー記事は凄く面白い)
金属加工のマジシャン

いつもの記事とはえらく違った内容のエントリになってますが。
昨年のグッドデザイン大賞は、NHK教育テレビの「日本語であそぼ」「ドレミノテレビ」でした。史上初めてモノではなくソフトが受賞したということで話題になりましたが、私も「ドレミ」はよく見てたのでちょうど1年前にこんなエントリを書いていたのを思い出しました。

続続・ドレミノテレビ
ドレミノテレビの素晴らしさ
ドレミノテレビにグッドデザイン大賞
ううあ「うたううあ」

ドレミノテレビは現在もリピート放送中。この番組もアイデアと技術の結晶ですね。

そんなわけで思わずエントリしてしまいました。グッドデザイン賞は総合的な開発力が試される、意義深い賞だと思います。なお今年はiPod shuffleもグッドデザイン金賞を受賞しています。

posted by gyogyo6 at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

おお、Quadraだー

と思ったら違った。Quad。アップルも「ら抜き言葉」使うんですね(違)。
アップル - Power Mac G5
デュアルコアのG5を2枚積んで、4CPUだからクァッドコアというわけですね。
高速になったというので

今すぐ手に入れて仕事をどんどんこなし、予定よりも早く仕上げて、クライアントを驚かせましょう。
というコピーが笑える。「もっと作り込んで驚かせましょう」じゃないのね。

680x0時代のMacintoshの最上位機種がQuadraで、PowerMacはこのG5 Quadで打ち止めかな。それでIntel MacはPentium "4" からスタートすると。なるほど。

posted by gyogyo6 at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 林檎 | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

ブログデザインの間違いチェック

Zopeジャンキー日記
http://mojix.org/2005/10/18/120612
で紹介されていた、
ブログのユーザビリティ: デザインの間違いトップ10」。(英語です。近いうちに日本語サイトに翻訳が掲載されると思います)
→追記: 2週間後に翻訳が掲載されました。 ブログのユーザビリティ:デザインの間違いトップ 10

ヤコブ・ニールセン博士が、判りやすい、読みやすいブログとは何かというのを、「間違った例」を挙げて説明しています。とても面白い。試しに、このブログがどれくらいあてはまっているか試してみよう。ダメリストはじまりはじまり!

続きを読む
posted by gyogyo6 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | このblog | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

すっかり忘れてた

今日、BlogPeople の「お誕生日ブログ」というリンクから訪問があるのを見つけて、あーそういえばずいぶん前に登録していたなと思い出した次第です。

しかしせっかくの誕生日だというのに、仕事のせいで日付が変わる前に帰宅できない悪寒。

posted by gyogyo6 at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

異化作用:ゲンダイオンガク

自分のiPodには今2000曲ちょっと入っていて、ずっとシャッフルさせて聴いてます。
入れている曲には傾向と言うほどの傾向がないので本当にランダムにかかります。アフリカンポップスやらモダンジャズやら坂本真綾やら坂本龍一やら坂本冬美(ホントです)やら。中には「ベートーヴェン第6交響曲演奏後の鳴り止まぬ拍手」だけが入ったトラックがあったりして、それだけがかかって不思議な気分になったりも。

そんな中で、あえて流れを切ってしまおうというか異化作用を狙ってと思って、「何かゲンダイオンガクでいいやつない?」と同居人に聞いてみて紹介されたのがリゲティのピアノ練習曲集。「そんなに構えて聴くことないよ」と言うとおり、ポリリズムか音響派か、はたまたプログレかといった感じで思ったより聴きやすい。ところどころリズムの具合がおかしなものになってたりするけど、7拍子や11拍子、あるいはそれが交互に現れるダンス音楽というのも世界にはあるしね。理論はよく知らないけれど「理系の音楽」という印象です。
ゲンダイオンガクいいじゃん。もっとも、同居人が選んでくれた「初心者向け」のピアノ音楽、しかも小品だからとっつきやすいのかも。フルオーケストラの曲を60分聴かされたらまた違うんでしょうけど。
演奏は恐ろしく難しいらしいです。これで「練習曲(エチュード)」というのは悪い冗談だとか。

iPodでは唐突にこれらの曲が出てくるわけですが、でも不思議と違和感がない。シャッフルでかかるのは、確率的には一週間に1回あるかないか位ですが、掛かったときは「キター」て感じで面白く聴いています。
ただ電車の中では雑音が多くてちょっと辛い。

B00005G7ZJリゲティ・エディション3 ピアノのための作品集
エマール(ピエール=ローラン) リゲティ
ソニーミュージックエンタテインメント 1997-12-12

by G-Tools

輸入盤の方がお買い得。こちらは試聴もできます。(ぜひしてみるべきです)

B0000029P0Ligeti:Works for Piano
Gyorgy Ligeti Pierre-Laurent Aimard

by G-Tools

追記

「現代音楽は」ってひとまとめにくくるのは、「ラテン音楽が好きなんです」「J-POPってダサイよね」のような、我ながら相当乱暴な物言いだと思いました。

posted by gyogyo6 at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | よい音楽(松) | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

見え方の違い

ブログの色を元に戻しました。今月の下旬にもう一度変えられたらいいですね。

ところで、色を変えてみて気になったんですが、同じ色でも Windows PC と Mac ではちょっと色合いが違って見えました。ひょっとすると液晶画面の出来の違いだけかも知れませんが、家の Mac (iBookです) で色をいじって「これでよし!」と思っても別の PC ではずいぶん見え方が違ってきます。私なぞはどんな色で見えようがあまり気にしませんが、グラフィックデザイナーさんや「この色でないと駄目!」というコーポレートカラーが厳密に決まっている会社さんは大変だなあと感じました。

あと、私はブラウザに普段 Safari(Apple製) を使っていますが、今ご覧の画面は Safari しか対応していない装飾(文字のシャドウなど)がいくつか施してあります。このページを Safari 以外のブラウザでご覧になってる方が多いと思いますが、機会があれば一度 Safari でご覧いただければ幸いです。
って、大したことはしてませんし、何か特定のコンテンツが見えなくなってるといったこともありません。通常の閲覧には全く支障ないです。

アップル - Safari

*ミニ情報*


6歳牡馬のポジテブサプライズ君、今週土曜日の東京最終12レースに出走します。がんばれ!
と言いながらまだ彼が走っているところ見たことないんだよな(笑)明日は家にいるのでテレビで応援してみよう。


…そして結果。
ま、次がんばれ。もう少し応援させてな。

posted by gyogyo6 at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | このblog | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

コードの三つ編み、放置はNG

以前のエントリにも書いた通り、iPodはフィリップスのイヤホン(HS740)で聴いています。これ、コードがちょっと長いので、私は三つ編みにしていたんですよ。

しかし三つ編みにしたまま半年以上ほどかずにいたので、気がつくと端の部分の布巻きコードがすりきれて、中の黒いビニール線がむき出しになってしまいました。

10060001240.jpg

ピンボケスマソ。
長持ちさせるために、コードの三つ編みは定期的にほどいて結び直した方がよいですね。反省。気に入ってるのにもったいない。

posted by gyogyo6 at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

「当時のファンなら満足のいく構成」

タイトルはこのたびDVD化された「シンクロニシティ・コンサート」のレビュー記事より。そ、そんなもんかいなと思いながら久々に観直す。

今となっては苦笑いしちゃうような映像処理があったりと、さすがに時代を感じる部分もあるけれど、やはりパフォーマンスそのものが圧倒的でありますね。これが七難を隠している。まだまだやんちゃなスティングもいいが、目を釘付けにするのはスチュワート・コープランドのドラミング。格好よすぎです。偉大なるクラシック作品だとあらためて感じました、「当時のファン」として(笑)。 "One, Two, Three, Four!" とスティングがカウントするところに「1 2 3 4」と日本語(?)字幕が出たのは笑いどころでしょうか? まあいいや。

ひとつだけ、こればっかりはどうしようもないことだけど見返してみて気になったのは、オーディエンスのファッションです。明らかに20年前のそれですね。当たり前だけど。

B000AA7E9Kシンクロニシティ・コンサート
ザ・ポリス
ユニバーサルインターナショナル 2005-09-28

by G-Tools
posted by gyogyo6 at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | よい音楽(松) | 更新情報をチェックする