2006年01月29日

パクリには不寛容になったということか

別冊宝島の『「パクリ・盗作」スキャンダル読本』を読む。筆者陣のはてなダイアラー率がえらく高いのは何かの偶然でしょうか。目次は、編集協力の栗原氏が自身のブログにアップしたものがありますのでご参照。竹内氏の論考「パクリで進化してきたJポップ オレンジレンジこそJポップの集大成である!!」が面白かったです。ネットのそこここに転がる「パクリ疑惑糾弾」を吹っ飛ばしてみせてます。

現代は「パクリ」に対してえらく不寛容になってしまったのかなというのが感想。
たとえば、栗原氏が「『ドロボー歌謡曲(1987)』でパクリ度満点と評されていた」と紹介しているリフラフの「東京涙倶楽部」ですけど、私はこの曲、NHK-FMで知ったんですよね。渋谷陽一がDJを務めていた「サウンド・ストリート」。80年代だったと記憶していますが、その番組で「似た曲特集」みたいな企画があり、この曲は番組のラストに「真打ち」として、元ネタとされるワム!の「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ(Wake Me Up Before You Go-Go)」と続けてプレイされた。渋谷は「これはすごいです、もうそのまんま」と笑うだけ。当時最も有名な評論家の一人であった渋谷にして「あーははは」。それで話は済んでたのです。
今だと、2chあたりで囂々たる非難が巻き起こるのかも。つまらん時代です。

あの番組でいちばん驚いたというか笑ったのは、ピンク・フロイドの「エコーズ」と山口百恵の「マホガニー・モーニング」の組み合わせでした。「エコーズ」は23分以上ある典型的なプログレの大曲で、静謐なイントロが2分近く続くのですが、「マホガニー…」も負けておらずエコーズそっくりのイントロが長い長い。さすがに23分もありませんが。こんな無茶な曲でも平気でうたってしまう山口百恵(当時21歳)の凄さに感心したものです。

あと「エコーズ」に何度も登場するギターのフレーズがミュージカル「オペラ座の怪人」のテーマとそっくりだったりしますが、これはどっちも「半音階で下がったり上がったり」というよくあるパターンだからあんまり関連はない…のかな。まあいいや(ちなみに「オペラ座」初演は「エコーズ」を収録したアルバム『おせっかい』発表の15年後)。…というかどっちの曲もドビュッシーが共通の元ネタかな?

それはそうと、大変面白い本だったです。「別冊宝島」なんて買ったの久しぶりでしたが。

過去の関連エントリ:
「似た曲探し」は楽しい
あの曲の元曲…ですか?

次エントリ「絶滅危惧種(パロジャケ)」もご一緒に。

posted by gyogyo6 at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

このブログが2カラムのデザインな理由

このブログのレイアウトを最後に変えたのが一昨年の12月。「迎春準備」などと当時は書いていましたが、気がつくとそれから1年以上そのままです。いまいち地味のような気もしますが、シンプルイズベストと自分に言い聞かせています。まだしばらくはこのままかな。なおSafariで閲覧した場合、ほんの気持ちだけ文字に装飾がつきます。(特典です。笑)

1カラム、2カラム、3カラムと、ブログのレイアウトもさまざまですが、私は一貫して2カラム(本文+サイドバー1つ)にしています。
理由は簡単で、3カラムだと会社の自分の仕事机にあまりに似ていて鬱になるから。机の左右に書類をちょっと置いているうちにたちまち山となり、作業用のスペースを圧迫していく。左右にカラムがある3カラムのレイアウトはいかにもそれをイメージさせるので、使いたくないのです。

それに左右の両方使って表示するほどの内容もありませんし。時々、左右のカラムにいっぱいリンクやら商品紹介やらを載っけて、真ん中の記事本文が終わっているのに延々と両サイドだけ下に続いているようなブログを見かけますが、あまり格好いいものではありません。トップページくらいは、記事部分とサイド部分が同じ長さに収まるくらいが見た目にもいいんじゃないでしょうか。

posted by gyogyo6 at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | このblog | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

国母くんとユーミン

スノーボードのトリノ五輪代表である國母和宏くん。この17歳の高校生が、ニュース番組で取り上げられていました。ただいま一人暮らしという國母くんがよく聴く音楽が、松任谷由実なんだそうです。「おー、今どきの高校生にしては渋い趣味だね」と思っていたら、彼はこんなことを言ってました。

「人のあまり聴かない音楽が好き」

そ、そうか。ユーミンはいまや「あまり聴かれない音楽」扱いなのか…。
雪と言えば、雪山と言えばユーミンじゃないのか。そんな時代が確かにあった。でもスキーとスノーボードは違うのか…。

そういえば松任谷由実は以前「私の音楽が売れなくなる時は、大銀行が倒産するような時」というようなことを言っていた。もちろんその時は「そんなことあり得ない」という意味だったと思いますが、時代は変わり大銀行は次々つぶれ、残った銀行も合併を繰り返すようになってしまいました。はああ。

SURF&SNOW SURF&SNOW
松任谷由実

by G-Tools
posted by gyogyo6 at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 五輪(スポーツ)と音楽 | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

LISMOってすごいね

auのはじめた LISMO ってサービスですが、このキャラクターがどうも。単色のバックといいシルエットのみのキャラクターといい、ビジュアルのイメージが何かに似ているなーと思うのは私だけでしょうか。いやこれだめというんじゃなくて、ライバルになりまっせという主張、意気込みがひしひしと伝わってきますな。面白いです。

lismo.jpg

「iPod+iTunesに対抗できるサービスだ」──auのLISMO (ITMediaの記事)

posted by gyogyo6 at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

おことわり

このブログは、Amazon.co.jpiTunes Music Store (Japan) へのリンクの一部にアフィリエイトを導入しています。

ご理解ならびにご了承、それから(もしよろしければ)ご協力をお願い申し上げます。

posted by gyogyo6 at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | このblog | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

続・経営者本の賞味期限(ホリエモン編)

今いちばん面白そうな「経営者本」を探すとアノ人の本でしょうか。「100億稼ぐ」だの「僕は死なない」だの、果ては受験参考書まで精力的に出しているあの社長です。まあ、彼の本を15年後に再読してみていったいどういう感想を抱けるのか、大変楽しみではあります。

去年(2005年)の5月に、私はスティーブ・ジョブズ絡みで「経営者本の賞味期限」というエントリを書いています。その後半部分が上記の引用部。言うまでもなく、「アノ人」とはライブドアの堀江貴文社長のことでした。

「15年後」と書いてましたが、そのエントリから1年も経たずしてこの事態。まったく何と言うことでしょう。ドッグ・イヤーとはこのことか(違う気がする)。

今、メディアでは彼の著書などから取られた「堀江語録」なるものが盛んに紹介されています。彼にしてみれば恐らくは想定外の著書の使われ方だと思いますが。

きょうも、新聞で識者がコメントしていました。「いつかはこうなると思っていたが、まさかこんなに早いとは」。ああすみません、これは米国産牛肉再禁輸のニュースについてでした。

堀江貴文の本をアマゾンで検索

彼の行く末が心配されますが、ま、過去にこんなタイトルの本を出したりしていますから、どっこい生きていくんじゃないでしょうか?

「僕は死なない」「僕は死なない」
堀江 貴文

by G-Tools

Technorati Tags:

posted by gyogyo6 at 17:25 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

「2倍速い」「4倍速い」はいいのですが

アップルストアでは、Intelモデルより「2倍遅い」「4倍遅い」はずのiMac G5, PowerBook G4 も価格改定なしでまだ売られている。面白いですね。どっち買えばいいんだろう。
15インチモデルしかなくて出荷が来月になる MacBook Pro はともかく、 iMac G5 は完全に置き換わるのではないかと思いましたが。「とりあえず発表してみました」感でしょうか。もちろん、大きな一歩であることは間違いないと思います。

MacBook Pro
iMac

こっちもまだあります。
PowerBook G4
iMac G5

アップル、異例の措置--PowerPC搭載モデルも販売継続へ(cnet) によると 在庫があれば処分するのが普通だろう なんて実もふたもない推測をしているアナリストもいます。


個人的には、バージョンアップされたらしい ".Mac" に興味津々。コストパフォーマンス悪かったからなあ。

posted by gyogyo6 at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(2) | 林檎 | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

イエロー・サブマリン×20

3歳の息子が「やさしいえいごのうた」という幼児向け曲集に入っている「イエロー・サブマリン」を気に入っているので、オリジナルのビートルズ版も聴かせてやりました。そしたらこっちの方が気に入ったみたいで勝手な振り付けで踊ってる。

イエロー・サブマリンって、数多いビートルズの楽曲でも一、二を争うほどのボンクラな曲だと思うのですが、子供にはそれがいいんでしょうかね。

自分が持っている盤は例の「THE BEATLES 1」なのですが、イエロー・サブマリンだけをリピートしろと言うので、CDプレイヤーに負担が掛からないよう「イエロー・サブマリン」ばかり20回繰り返すCDを作って焼きました。これでリピートする必要がありません。
でもあまり同じ曲ばかりだと飽きてくるだろうと思って、途中2回だけ金沢明子の「イエロー・サブマリン音頭」に差し替えて見ました。「あれー?、なんか…」と言いながら受け入れている様子です。

yellow_submarine

何度も聞いていると子供も歌詞を覚えたらしく、インチキ英語でところどころ一緒にうたうようになる。「うぃーおーにーにー、いえんろさっかりーん」。そうかサッカリンか。でも、「イエロー・サブマリン音頭」の時は「いえろさぶまりーん」と、きちんとうたっている。 ??? これは金沢明子の歌い方が「yellow submarine」じゃなく「yiero sabumarin」と、母音をきちんと入れているからでしょう。耳から聞こえるようにうたっているんだなあと感心。

でもなあ、一緒にうたうのはいいんだけど、「イエロー・サブマリン音頭」の出だしを「たったらったたったらったらったたんたん、まちのぉーはずれにー」と大声できれいにうたわれたのには両親ともまいった。そっちで覚えるなよとorz


「音頭」の方はこっち。訳詞松本隆、編曲萩原哲晶、プロデュース大瀧詠一です。
大瀧詠一 SONGBOOK2
こちらは大滝詠一本人による解説が充実しています。ちょうど大瀧が松田聖子の「風立ちぬ」などのプロデュースをしていた時期にあたり、大瀧プロデュースと聞いた金沢明子が「私も聖子ちゃんみたいな曲が歌える!」と喜んだのに渡された曲は…とか。

世界中の「変なビートルズカヴァー」を集めたコンピにも入っている。すっかり有名です。(多分)

エキゾチック・ビートルズエキゾチック・ビートルズ

「やさしいえいごのうた」版の「イエロー・サブマリン」は、ビートルズのオリジナルに比べてベースとドラムの音に太さが足りないな。…ってそんな問題じゃありませんね。

B00005F725やさしいえいごのうた

Technorati Tags: ,

posted by gyogyo6 at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | よい音楽(竹) | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

使い道を一つ見つけた気がする

前の記事はほんとタイトルだけなんですけれども、こんなのにたどり着いたのは同居人のリクエストによるもの。次の仕事の参考にするので、バルトークの「ルーマニア民族舞曲」(民俗舞曲?)を探してくれ、演奏の巧拙はどうでもいい(自分で弾くので)。というものであちこち探していた最中に当たったのであります。
前記事のはピアノ独奏版だったので、弦楽器と共演しているやつを探して結局買ったのはこれ。

Angele Dubeau : Let's DanceLet's Dance

バルトークあり、ホルストあり、ショスタコあり、コープランドあり、なぜか最後にはデヴィッド・ボウイの「Let's Dance」という謎ラインアップですがまあいいか。14秒とか33秒とかいうトラック(あるんです)に150円ずつ払うのもいささか癪なので、アルバムごと買ってしまいました(22曲1500円)。これでよかったんでしょうか(^^)。
この Angele Dubeau という人のことは全然知らないまま購入してそのままCDに焼いて同居人に渡したわけですが、まあそれだけでは詰まらないので買った後からぐぐって調べてみたりして、なかなかに面白いキャリアの人であることが分かりました。葉加瀬太郎みたいなマルチプレイヤーという感じですか(違ってたらごめんなさい)。んーでも "Let's Dance" なんて演っちゃうセンスはどうなんでしょうね。

で、結論ですが、バルトークはやっぱりロックです。…というのもそうですが、こういう手軽な確認用に使えるな、と思いました。

posted by gyogyo6 at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

バルトークはロックだ。

Bartok Solo Piano Works, Volume 3

いえitmsの分類ではそうなってたんですけどね。単なる間違いか、それとも熱い主張なのか。

(上の画像はiTMSへのリンクです。要iTunes)

関連エントリ: 使い道を一つ見つけた気がする

Technorati Tags:

posted by gyogyo6 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする