2008年07月27日

ポニョ×25

「『崖の上のポニョ』の主題歌聴かせて」と子供が言うので、ポニョの曲だけ25回繰り返すCDを焼いてやりました。


ponyox25

なんというか、続けてこればかり聴くとかなりキます。ぜひ試してみてください。「ポーニョポニョポニョ…」

posted by gyogyo6 at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

ブログ通信簿(だけど…)

ブログ通信簿 - goo ラボ

ブログ通信簿は、あなたのブログを分析し、通信簿を作成するサービスです。
最新記事10件から技術的な解析を行い、判定結果を表示します。
早速、あなたのブログのURLを入力し、通信簿を作成してみましょう。

ほほう。やってみましょう。


notfound.PNG

採点してくれません…。どうも、gooブログにここのRSSが拾われていないっぽい。「採点してほしくばgooブログにpingを飛ばせ」とあるのですが、飛ばしてるのにそっちが受け取ってくれてないんじゃないですか。><

こちらの設定が失敗しているのかも知れませんが、「seesaaはスパムが多いからgooの方で一律弾いている」という説もあるようです。本当だとしたら困ったものですね。真相はどうあれ、採点してくれないという事実は変わりません。とほほ。

(追記)

という記事を書いて一月ほどしてもういちど試してみたら、こんどは出てきました通信簿が。

続きを読む
posted by gyogyo6 at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | このblog | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

あなたの耳に聞こえているその音は何か?

一度そう聞こえてしまうと、ずっとそのように聞こえてしまうという話。なぜ、そう聞こえるんだろう。

「歌詞の聞き違え」というのは音楽において永遠のテーマでして(ほんまか?)、自分も一度2chのスレをネタにしながら取り上げたことがあります。(記事)

その中で、「ルパン三世」のテーマソングのコーラスが「ルパンルパーン」に聞こえる、というのがもう定番。

さきほどのスレでも、1000レスのうち「ルパンルパーン」を聞き違えたという告白が9回も出てきます。既出が嫌われる中でこの頻度、勘違いの王様と言ってよいでしょう。私も相当長い間、「ルパンルパーン」だと信じていました。

しかし不思議なことに、こういうのは一度「本当はそうじゃない」と気づいてしまうと、もうそうは聞こえなくなってしまうものです。あるいは逆に「こんな風に聞こえる」と教えられると、次からはそうとしか聞こえなくなったり。面白い現象です。

同じようなことに言及している記事をウェブで最近読みました。

iPodでここまで聞こえた! (メディアサボール)

本題は、「いいヘッドフォンといいアンプで聴くと、これまで気づかなかった音や微細なニュアンスが聞こえるようになる」という話なのですが、途中にこんなくだりが…。

筆者の場合で言うと、ここ半年の間に急速にヘッドフォンやポータブル・ヘッドフォン・アンプなど周辺機材を充実させ、「こんな音、初めて聞こえた!」という体験をかなりした。しかし、「そこにその音が入っている」ということをいったん認識してしまうと、少し前の機材、前の環境に戻ったとしても、大抵それは聞こえてしまうのである。

空耳と同じような話なんですね。人間の耳はいったい何を聞き取って、何を「そこにある音」と認識しているのか、よくわからなくなります。

そういえば私の「ルパンルパーン」なんですが、テレビで再放送を何度も何度もなんどもみているうちに、だんだん「ルパンルパーン」は間違いじゃないか、と考えるようになりました。で、次に聞こえるようになったのが「ルパンがターン」。でもこれ、意味が分かりません。まだ「ルパンルパーン」のほうが言葉として分かる。…正解を知ったときには愕然としましたね。で、今はもう「ルパンザサー」にしか聞こえないという…。不思議なもんです。

(参考)

ルパン三世のテーマ(YouTube)。テレビOPサイズ、1分20秒。映像は海外版のようです。タイトルロゴが、日本のよりもポップですね。

iTunes Storeでも。こちらはフルコーラス。(要iTunes)

ユー&ザ・エクスプロージョン・バンド - ルパン三世・ジ・オリジナル -ニュー・ミックス2005- (Digital Edition) - ルパン三世のテーマ’78 (2005ニュー・ミックス)

posted by gyogyo6 at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

クロスレビューになってない件><

クロスレビュー、何点か登録してみた (http://crossreview.jp/gyogyo6 ) のですが、自分しかレビュー書いていないのがほとんどで全然「クロスレビュー」になっていない罠。とほほ。誰か、これに2つめのレビューを書いてください。

ここはあれか、やはりみんなが書くようなものにひっつけないとだめなのか。「ウタダ」とか「ドラクエ」とか「パヒューム」「ハリポタ」あたりをレビューしないといけないのかな。よし、ではハリポタでも書いてみるか。でもこれ、1巻目の半分ほどしか読んでなくて、類型的なストーリーとキャラクターと描写のどこをどう楽しめばよいのかわからずに投げ出してしまったからなあ。そんな状態で「2点」とかつけてもひんしゅくでしょうか。…あ、でもいま確認したら1巻目の「ハリー・ポッターと賢者の石」ってまだ誰もレビューしてないわ。また「孤独のレビュー」になってしまう。どうしよう。


posted by gyogyo6 at 00:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

ハードロックの製造拠点

ニュースを読んでましたらこんな見出しが目に入りました。

ハードロック工業、海外の鉄道向けにネジのゆるみ止めナット拡販: 日刊工業新聞

ハードロック工業株式会社は、株式会社産業ロックホールディングスの子会社である。量産型ハードロックの日本における製造拠点。姉妹会社として株式会社ヘビメタ研究所などがある。 …などと嘘プロフィールを書き連ねたくなる素敵な社名ですね。
収益の柱はB'z事業部で、米国のハードロック・インダストリーズ・ボンジョビ事業部と業務提携しライセンス生産を行っています、とかですかわかりません><

posted by gyogyo6 at 12:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

クロスレビューといえば

crossreview(クロスレビュー) レビューで繋がる、みんなの輪

このサービスへの言及で「ファミ通みたいな…」と書いている人が多いのを見て「そうなのか…?」と思う。クロスレビューといえばミュージック・マガジンだろJK。←無茶

クロスレビューの面白さは、「自分のお気に入りのレビュアーがアレをどう評価してるのか」と「全然専門外のものをレビュー『させられた』人がどんなレビューを書くか」といったあたりにあると思います。このサービスでその醍醐味が味わえるでしょうか。前者はともかく、後者はどうかなあ。たとえば、コミックの優れたレビューをたくさん書いている人に運営サイドがいきなりブラジル音楽のCDを送りつけて「ちょっとこれのレビューしてみてよ」と命じたりとか、そんなシステムが実現したらスリリングですが。

というわけで、ちょっと気にしながら期待したいです。

続きを読む
posted by gyogyo6 at 19:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

高校野球は人力応援に限る(?)

今日の日曜日、近所の高校が野球の県大会に登場するというので、近所の球場に見に行きました。幼稚園児の息子を連れて。こいつは、今まで野球の試合はテレビでしか見たことがなくて、ナマのゲームを見た経験がない。だから、野球とはこういうもんだよ、と教えるのも込みでの観戦です。

試合の最後まではいられず、途中で出てきましたが、点がドカドカ入る展開だったので結構面白そうに見ていました。でもあとから感想を聞くと「みるのつまんない、じぶんでやるほうがいい」と不評。ま、幼稚園児が「趣味は観戦」なんてのも気持ち悪いんでこれは当然の反応です。「テレビでみるのとちがう」…それは当たり前。

で、子供の教育はどうでもいいので、気になったのは応援です。その高校のブラスバンドはなかなかレベルが高く、しばしば全国コンクールで金賞だの銀賞だのを取ってくるほどの腕前で楽しみにしていたのですが、別の用事があったのかそれとも「緒戦なんかにわざわざ行けるかよ」ということなのか、この日は姿なし。ベンチ入りしていない野球部員による人力応援(楽器は大太鼓ひとつ)でした。(相手校の応援も同じような編成でした)

部員たちが声を合わせて歌っているのはそれはそれで味があってよいのです。ですが、30〜40人ほどいたこの子たち、音程を全然気にせずうたっているんで、どうにも調子が合わない。「なあ、ちょっと音程変とちゃうか?」とダメ出しする部員はいなかったんでしょうか。あるいは試合に出ているナインから「お前らもうちょっと上手に歌え! 調子狂うわ!」と怒られたりしないんでしょうか。

あと、たぶん部員の誰かが大太鼓担当だったんですが、最初のうちは調子良くドンドコ叩いていたものの、回が進むにつれ疲れてきたのかヘロヘロになっていったのもちょっと…笑えました。この程度でスタミナ切れしているようじゃベンチ入りなんかできないぞ。リズム感は悪くなかったので、素質はありそうです。

試合は、その地元の高校が快勝したようです。次はブラバンが出てくるでしょうか。もう見に行けませんが。

posted by gyogyo6 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

コンビニの深夜閉店を支持するたったひとつの理由

うちは10階建てマンションの5階に住んでいるのですが、1階にセブン・イレブンが入っていて、今の季節、深夜に店の前で騒ぐ人たちが多いんですよねー。やかましいったらありゃしない。夜中の2時ごろに大きな笑い声がしたり歌うたってたり、なんかケンカしてるらしき物音がしたり、もう勘弁してください。というわけで静かな夜のために閉店賛成。…すっごい少数派の意見のような気がします。

ま、時々は面白いんですけどね、ケンカも。部屋で聞き耳立ててたら「おう、俺の兄貴がどんな奴か知っとんかい!」「兄貴の名前教えたろか! えぇ!?」と妙に虎の威を借るのがいたり、そいつのほうが優勢になってたり。ごくたまにパトカーが来ることもあって、それは余計にうるさくなるのでやめてよ、ってとこですけど。

ただ、使う側としては深夜営業が便利なのは確か。最近、セブンイレブンに設置のマルチコピー機で楽譜が買えるというサービスがあるのを発見しまして(気づくのが遅い!)、よく利用しています。夜中の12時ごろにネットで検索して「これ!」と決めたらエレベータで下のコンビニに降りていって出力する、と。

これです→ 欲しい楽譜を1曲から簡単購入 ヤマハ「ぷりんと楽譜」

ここの品揃えはポピュラー系が中心です。我が家での使い方としては、たとえば同居人のピアノの生徒さんで、通常のレッスンとは別に「浜崎あゆみのナントカいう曲が弾きたい」というときですね。私も同居人もふだんあゆの曲なんか聴かないからこの楽譜で確認して、ついでにそれを生徒さんに渡してレッスン用に使う、みたいな。

「ぷりんと楽譜」は、もちろんネットでダウンロード購入もできるのですが、決済がクレジットカードだったりダウンロードに失敗したりなぜかうちでは商品をカートに入れようとしても入らなかったりといろいろ面倒なので、もっぱらコンビニプリントで使っています。これなら表示された8桁のコードを入力してコピー機にコイン入れるだけですから。

あれ、深夜営業に賛成なのか反対なのかよくわからなくなってきました。


posted by gyogyo6 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする