2008年08月29日

これは難しいwww

えー、今書店に並んでいる「TV Bros.」の連載「妄想ヨットスクール」(ダミー&オスカー)にて、やたらと細かなネタがございました。お題はオリンピック。

O「話を戻すと、北京五輪の開会式は美しかったなあ。さすが世界のチャン・イーモウ監督が演出を手がけただけのことはあるよ」

D「次の東京五輪も、国際的な大物アーティストを引っ張りだしてほしいね。マリ出身のワールドミュージック界のスター、サリフ・ケイタさんが長野冬季五輪を演出したように」

O「あれはサリフ・ケイタさんじゃなく、浅利慶太さん! いい加減なことばかり言ってると、中村とうように0点つけられるぞ。この、パブリック・エネミー!」

D「はいはい、私は大衆の敵でございますよ。だったら、ここは浅利さん同様、日本を代表する演出家に指揮をお願いすべきだね」

O「世界的に評価の高い演出家というと、やっぱり蜷川幸雄さんかな」

D「蜷川演出のもと、室伏広治さんが巨大な灰皿を投げるなんていいんじゃないの?」

…なんだこれwww この雑誌の読者は若年層が多いのですが、ここに詰め込まれたネタをきちんと理解できる人はどれだけいるんでしょうか。もともとこの連載は読者置いてけぼりのネタがしばしば炸裂しているのですけれども。パブリックエネミーナンバーワン。

posted by gyogyo6 at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

北京オリンピックも終わって…

北京オリンピックが終わりました。このブログでは特に取り上げるトピックもなかった…のですが、あ、そうそう開会式での「女の子の口パク」が問題になりましたね。あの程度のことなら「演出の範囲内」ということで普通は許されることだと思うのですが…。やったのが中国人だからよけいに(欧米の)報道が厳しい論調になっていた気がします。「女の子の気持ちを踏みにじった」って、厳しいショー・ビジネスの世界で何を甘えたこと言うか、って、ショービジネスの何も知らない私は感じます。あと、閉会式のジミー・ペイジやプラシド・ドミンゴは生で弾いて/うたってたんでしょうか。私にはちょっと判断つきませんでした。

あと、こんなニュース。情報統制体質は困ったものです。

中国で『iTunes Store』が遮断――チベット支援アルバムが原因か | WIRED VISION

えー、本当に因果関係あるんだろうか、だってだいぶ以前からこのアルバムは売ってたわけだし…と思うわけですが、中国当局も厳しくやっているようで案外うっかりさんなのかも知れません。なにせ、チベット独立支持派であるビョークの中国公演を許可していたくらいですから。(そして案の定、大騒ぎとなった)

Songs for TibetSting - Songs for Tibet - The Art of Peace

posted by gyogyo6 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

アップルの「iPod nano自主交換」告知の内容は必要十分か考える

アップルが以前に販売した iPod nano のバッテリー過熱問題で、問題のある製品に関して交換すると発表しました。これは、その前日に経済産業省が出した注意喚起のリリースを受けてのものです。

ちょうど先月、JIS規格「消費生活用製品のリコール社告の記載項目及び作成方法」が公表されています。これに従って、告知がどこまで丁寧になされているかを見てみましょう。

なお、アップルによるとこれは「リコールではなく、自主対応」であるとのことで、厳密には「リコール社告」とは違います。でも、内容は注意喚起と危険性の警告、交換のお知らせですから、リコール告知に準ずる内容が求められるでしょう。

参考: アップルのプレスリリース→ 第1世代 iPod nano バッテリー問題について(2008/8/20付)

経済産業省のリリースはこちら→消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について(2008/8/19付、PDF)

以下、引用文はプレスリリースより、コメントはJISで「注意事項」とされているものを参考にしました。

第1世代 iPod nano バッテリー問題について (タイトル)

タイトルは、読んですぐ分かるようなものにしましょう。「お願い」「謹告」のような、緊急性の有無が判断できないものは避けましょう。かろうじて「可」というところでしょうか。あーダメだ。このタイトルからは、問題はバッテリーの「過熱」だという一番重要な情報が欠落している。これでは「不可」とされても仕方ない。

2005年9月から2006年12月に販売された第1世代 iPod nanoのバッテリーが…

問題の製品が特定しやすいようにしましょう。「第1世代 iPod nano」で分かる人がどれくらいいるでしょうか。経産省のリリース(PDF)には型番まで明記されていますが、まさかこれを見ろというわけでもないでしょう。

ごくまれなケースとして
0.001パーセント未満です
これまで、重大な人的被害や物的損害は報告されておらず
他のiPod nanoのモデルについてはこうした報告はまったく受けていません

消費者が「このまま使い続けて大丈夫なのか」迷うような表現は避けましょう。あるならある、ないならない。

これらは一つのバッテリー・サプライヤーからの供給であることを特定しています

こういう場で他者の責任を云々するのはあまり良いことではありません。それよりも書くべきことはたくさんあります。

http://www.apple.com/jp/news/2008/aug/20ipodnano.html

Webで広く告知することは評価できます。ただ、JISでは、企業のトップページに直リンクを設置することを求めていますが、残念ながら現時点でそれはありません。Web以外で告知していないのは…まあ、それはそれとしましょう。

AppleCare(顧客窓口)にて交換いたしますので、ご連絡をお願いいたします

連絡先の名前が書いてあるのは良いですが、告知の中に連絡先の電話番号とかURL、住所がないのはいかがなものでしょう。

他の第1世代iPod nanoをお使いのお客さまで少しでもご不安を感じられた方

「他の第1世代iPod nano」とは何でしょうか。「2005年9月から2006年12月」以外の時期に販売されたもののことでしょうか。「該当するiPod nano」が不明確なのでこちらもよくわかりません。具体的に書いてほしいです。

連絡先などは、このリリースを受けて報道したメディアが補足している例もありますが、そういう親切に期待しすぎるのは避けるべきですね。

以上、総合点は「もう少しがんばりましょう」といったところです。アップルはこういうところの対応が必ずしも満足できるとは言いがたい部分がありますので、精進してほしいです。

(参考)

http://www.jisc.go.jp/

JIS規格の内容はJISのページから規格番号「S0104」を検索すると読むことができます。著作権への手厚い配慮のためか、直リンクもできませんし、テキストのコピー、印刷ともに不可という扱いにくい代物です…。

posted by gyogyo6 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

日曜日19:30 原曲の強度

もう10年前のアルバムになります。 "Taste of sweet love" 。

かつての日曜日19時30分といえば、アニメ名作劇場の時間でした。それらの主題歌のカバーアルバムです。当時活躍していたり、そうでもなかったりした女性アーチストたちが大勢参加。幻のギターデュオ「メンボーズ」も、母をたずねて三千里のうた「かあさんおはよう」を演奏しています。とても脱力できます。あと、ペティ・ブーカの「ロックリバーヘ」(あらいぐまラスカル)が、オリジナルより雰囲気があってよろしい。

ほか、いろんな人がいろんなアプローチで演奏しています。原曲を思い切り切り刻んだアレンジにしているのも少なくないですが、この時代の主題歌というのはほんとに骨太というか、ちょっとやそっとのアレンジでは揺るがないのが凄いところです。作曲は「ムーミン」ほかの宇野誠一郎、「ハイジ」などの渡辺岳夫、「母をたずねて」ほかの坂田晃一、といったところ。異色なのが「赤毛のアン」の音楽担当だった三善晃で、この人は現代音楽の巨匠であります。なんとも贅沢な起用です。「さめない夢」はいい曲ですね。オリジナルも素晴らしいし、マドモアゼル・ショートヘアによるカバーもなかなか味わい深い。

今でも、ときどき引っ張りだしては聴いています。もちろん自分のiPodにも入ってますよ。

sweetlove Taste of Sweet Love Masterpiece 1969-79
オムニバス
トライクル 1997-08-21

by G-Tools

好評だったのか、翌年には続編も作られています。

posted by gyogyo6 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | よい音楽(松) | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

ポニョの楽譜を見てみる

ポーニョポーニョポニョ… のうたの楽譜を同居人が買ってきていました。この曲、映画の公開とともにシングルも売れているそうですね。

4636832345 ピアノミニアルバム 崖の上のポニョ
小野 佐知子 鈴木 奈美 村上 由紀
ヤマハミュージックメディア 2008-07-25

by G-Tools

内容は、「海のおかあさん」3バージョン、「崖の上のポニョ」4バージョンの全2曲7バージョン。

この手の楽譜にはよくあることだそうですが、ポニョだけで4バージョンも収録されています。お得なのかどうなのかよくわかりません。「ピアノソロ中級」「ピアノソロやさしいアレンジ」「ピアノソロ(ハ長調移調版)」「合唱譜(同声3部)」という構成です。

「やさしいアレンジ」は本当に簡単なんですが、少ない音でもそれなりに格好よく聞こえるのはアレンジの妙というところでしょうか。合唱版は、オリジナルどおりの「幼女とおっさん」版ではないのが残念。そんなもんの需要がどれだけあるかは知りませんが。


posted by gyogyo6 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | よい音楽(松) | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

「伝記・世界の作曲家シリーズ」にスティングがいる件

偕成社から「伝記・世界の作曲家」という子供向けのシリーズ(小学中級以上向け)が出ています。全15巻のうち、11巻まではベートーベンやドボルザークといったクラシック作曲家なのですが、12巻めから様相が変わります。

ジョン・レノン、ボブ・マーリー、エルトン・ジョン、そしてスティング。図書館の本棚で「スティング」という題名を見た時、「そんな作曲家いたっけかな?」と思って手に取ったのですが、元ポリスで甲高い声のあのスティングでした。彼やエルトン・ジョンはまだバリバリ現役ですけど、モーツァルトなどと一緒に「伝記」に入っちゃっていいんでしょうかね。

伝記なので、その出生から学生時代、パンクの熱気冷めやらぬ中でのデビューと苦悩、アマゾン熱帯雨林の保護活動などが経年で語られます。ですが格好いいライヴの写真や、歌詞の引用などがひんぱんに登場、「ほんまにこれ、伝記か?」と思いますが、なかなかよくまとまっています。小中学生の方は、夏休みの読書感想文にいかがでしょうか?

この「伝記・世界の作曲家」ですが、著者はすべて外国人であるので、英国か米国の出版社が出したシリーズをそのまま翻訳したものでしょうか。いずれにせよ、なかなかしゃれた構成になっています。

全15巻のラインアップです。11巻目のバーンスタインが、前と後ろをつないでいる感じですね。

  1. ビバルディ
  2. バッハ
  3. モーツァルト
  4. ベートーベン
  5. シューベルト
  6. ショパン
  7. チャイコフスキー
  8. ドビュッシー
  9. ドボルザーク
  10. グリーグ
  11. バーンスタイン
  12. ジョン・レノン
  13. ボブ・マーリー
  14. エルトン・ジョン
  15. スティング
4035423505 スティング―熱帯雨林の保護を訴えるロックスター (伝記 世界の作曲家)
Marsha Bronson 松村 佐知子
偕成社 1999-03

by G-Tools

ちなみに他の本のジャケットはこんな感じ。

伝記 世界の作曲家(8)ドビュッシー (伝記 世界の作曲家) 伝記 世界の作曲家(3)モーツァルト (伝記 世界の作曲家) ドボルザーク―チェコが生んだ偉大な作曲家 (伝記 世界の作曲家)
posted by gyogyo6 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

DS-10よりSX-150!!!

学研「大人の科学別冊 シンセサイザー・クロニクル」買ってきました。特別ふろく、「アナログシンセサイザーSX-150」つき。

やー、これは懐かしい、というかめちゃめちゃ面白いですね。3千円ちょっとで手に入る、モノフォニック(単音)のシンセサイザー。普通の白黒鍵盤はなく、音の高さはスライダー状のパネルに電極棒を接触させ、ずりずり動かして調節します(約4オクターブの音域があります)。音程を取るのが少し難しいですが、こんなところまでアナログです。

同時期に、NintendoDS用のソフト「DS-10」という、こちらもアナログシンセのシミュレータが出ました。私はこっちも予約していたのですが、発売日の一週間前になってキャンセルしてしまいました。理由は単純、「タッチペンよりツマミがいい!」 あのツマミを指でグリグリやるのがいいのですよね。楽器を触る面白さは、ぜったいこっち、SX-150の勝ちです。

でも世間ではDS-10のほうが盛り上がっているようで。そういえば、去年同じ「大人の科学」シリーズで「テルミンミニ」が出て話題になりましたが、で私も買って遊びましたが(記事)、あのときも同時期に「初音ミク」という画期的なソフトが盛り上がっていていまいち影が薄かったのですよね。なーんか、巡り合わせが悪いなあ。

あとなんか、去年の「テルミンmini」の時より話題になってないように感じるのですが、なぜでしょうかね。


SX150

完成図。「テルミンミニ」と並べてみました。音程を取るのは、テルミンよりは楽です。

4056051836 大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル (Gakken Mook 別冊大人の科学マガジン)
大人の科学マガジン編集部
学習研究社 2008-07-30

by G-Tools
posted by gyogyo6 at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大人の科学 | 更新情報をチェックする