2008年09月25日

沢田研二の体型が。

ゆうべのNHKで沢田研二(還暦)が出ていた。おー、カッコイイー! …とはとても言えないのが悔しいぜ。すっかりメタボになられて、俺の憧れてたジュリーは何処へ行ったんだー! と嘆きたくなる。体型もそうだけど、顔のエラのあたりの肉が…。見ていて辛い。歌声は、相変わらずよい。さすがに衰えはあるが、立派なもんだ。それだけに余計に………………。 歌声の維持にかけている努力の何分の一かでも体型の維持に回してくれたら。

少し崩して着ていた衣装もね。スマートな人間が崩すからかっこいいんで、しまりのない体の男が崩してもだらしないようにしか見えないすよ。(パリッと着ていたスーツはよかった。)

それを思えば体型を維持している郷ひろみなんて立派なもんだよなー。あっぱれ芸人根性だ。(郷ひろみのほうが7歳若いそうだが、7年前からジュリーはあんなだったよな!)

というわけでショックで文体も変わってしまいました。ジュリーがんばれー。

posted by gyogyo6 at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

「Macを買ったらまず入れるべきソフト」って、そんなにはない

はてなブックマークなどの近辺では「Macを買ったらまず入れるべきフリーソフト××個」という記事がよく人気になります。有用なソフトが数多く紹介されていて参考になるのですが、みんな、そんなにカリカリにチューンアップしているのかな、と不安になります。ブックマークコメントでも「お役立ち」なんてタグがある一方で「こんなに入れないといけないのか…」と恐れおののくコメントがあったり。

そんな入れる必要ありませんから。特に「いつかMacを買う日のために」というコメントをつけてブックマークしているアナタ、とりあえずその長いリストは忘れたほうがいいです。当たり前ですが、普通に使う分には初期状態で快適に使えますよ。「なんか不便だな」「これは絶対必要!ないと死ぬ!」というものだけを、必要に応じて入れていけばよいのです。

というわけで、私のMacBookに入っているモノを書き出してみます。OSXの初期から使っていますが、まあこんなものですよ。特に、以前HDDを吹っ飛ばしてシステムを再インストールした際にいらなさげなのをまとめて捨て、Leopardにした時に再び捨てましたので、はからずも今は厳選状態になっています。

(なお、純粋に趣味のソフトは抜いてあります)

各ソフトの解説等は、以下から。

続きを読む
posted by gyogyo6 at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 林檎 | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

ぎゃっ、忘れてました

5日前に、ブログ開設4周年を迎えていました。気づかずに通り過ぎていました。というわけで今さらながら記録。

posted by gyogyo6 at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | このblog | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

日本玩具博物館

連休ということで、姫路市郊外にある「日本玩具博物館」に行ってきました。

http://www.japan-toy-museum.org

こんな場所にあるのに「日本」を名乗るとは大きく出たもんだ、と、行くまでは思っていましたが、 なかなか幅の広いコレクションに感心しました。これなら堂々と「日本」を名乗れます。

日本だけではなくて世界中の玩具が展示されています。何よりいいのが、子供が遊べる状態のおもちゃがたくさん置いてあること。おもちゃはこうでないとね。

今は、「音とあそぶ 〜世界の発音玩具と民族楽器〜」という特別企画展が開催されています(10月14日まで)。これもまた、実際に触って音を出せる楽器が置いてあったりして、なかなかいい感じです。アンデスのレインスティックなど、すっごい楽しいですね。中身がどうなっているのか割って調べたくなったくらい。

帰りがけにミュージアムショップで、レインスティックがあったので買おうかと思ったのですが、さすがにかさばるので断念。代わりに、ブルキナ・ファソの親指ピアノ「サンザ」を買って帰りました。

CIMG0378-400.jpg

アフリカの親指ピアノには国によっていろいろ種類がありますが、カリンバやンビラといったよく知られたものと比べると、10センチほどの小さなものです。鍵盤(金属の棒。これを指で弾いて音を出します)はたった5つ。なにより、楽器のボディにオイル・サーディンの缶詰を再利用しているのがユニークで好きになりました。

この「音とあそぶ」展は、日によってワークショップやコンサートも行われているようです。会期末までもうそんなにありませんが、おすすめですよ。

posted by gyogyo6 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

伝記「世界の作曲家」日本盤限定ボーナストラックは誰か

「伝記・世界の作曲家」シリーズのつづきでございます。poptripさんとこのコメント欄で、「ここに日本人を入れるなら誰がいいだろうか」という話になりました。ちょっと真面目に考えてみたいと思います。

推挙の条件としては、他のラインアップを見るとこんなところでしょう。

  • 小中学生にもわかる
  • 名の知られた人
  • 尊敬に値する人生
  • 音楽の業績だけでなく、社会へ与えた影響も大きい(あるいは、社会に積極的にコミットしている)

「名の知られた」というのが『世界的に』という条件ならその時点で日本人は全滅しかねないので、そこは日本盤限定のボーナス・トラック扱いにしてもらいましょう。

さきのコメント欄では坂本龍一、小林亜星、矢沢永吉なんて名前が出てきましたが、やっぱりこのへんですかねー。しかし「社会に与えた影響」となると、みんな物足りないですね。じゃあというわけで私などの年代では「尾崎豊!」と言いたいところですが、若くして死んでしまった彼だと本の厚さが他の人の半分くらいになってしまいそう。ボーナス・トラックならそれでもいいか? あと永ちゃんはすぐれた自伝(成りあがり)がすでにありますから、これに付け加えるのは難しいかな。

クラシック方面はよく分かりません。候補は武満徹くらいでしょうか。小澤征爾や朝比奈隆はエピソード満載でいいかなと思いますが、残念ながら作曲家ではありません。

というところで検討に検討を重ねた結果、やはり日本の作曲家代表としては「キダ・タロー」氏しかいないのではないかと思うのであります。「名の知られた人」という条件が「関西限定」とさらに狭くなってしまうのが困りモノですが、この際いいでしょう。あれだけオリジナリティあふれる曲をつくりながらみんな同じに聴こえるのはなぜか? という創作の秘密にまで迫ってほしいものです。社会への影響? 上方芸能界はこの人なしにははじまりませんよ。(なんせオープニング曲を作りまくってますから)

最終章タイトルはやはり「わたしはなにわのモーツァルトやない、なにわのショパンや」で、ぜひ。

タロー氏の尊敬する作曲家はショパンで、本当は「なにわのショパン」と呼ばれたいらしいです。死ぬまでに、ショパンのような美しい曲を書きたいのだそうですが、そんな氏の最新作はこれ。

「おけいはんとモーツァルト北浜が中之島線イメージソングでデビュー」

kenhan_j.gif
曲調は、キダ氏特有のあらゆる世代が親しみやすい明るいタッチの仕上がり

うははは。

<注意>これはネタではなく真剣なエントリーです!

おまけ

本人の指揮によるキダ・タローメドレー。すばらしい。

posted by gyogyo6 at 22:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

ナーノナーノナノジョブズの子♪ (iPod new model)

これは久しぶりに欲しくなるiPod(かな)!

Apple、縦長ボディ/加速度センサー内蔵の新iPod nano

まんまるおなかのnanoが初代nano風の姿に戻って、いい感じ。現行のnanoは、発表当時「初代iBook並みの失敗デザイン」などと言われたりもしてましたので、じぶん的には大歓迎でございます。今のが壊れたら買い替えたい。(当分壊れそうにないのが難点ですが。かつては壊れそうなものばかり集めてしまうのが得意技だったんですけどねー)

曲名やアーティスト名を音声で読み上げる機能もついてるそうです。。実物を見てないので何ともいえませんが面白そう。この機能はしかし、ディスプレイをもたないiPod shuffleにこそ搭載すべきと3年前にも書いたことがありますが、どうなんでしょう。

iPod touchの方は、兄貴格のiPhoneも含めてまだまだ「実験機」の域だと思いますので、私はパスです。

ところでところで

去年9月のアップルの発表のときは、事前の噂として「ビートルズの楽曲がネット配信されるぞ」というのがあったように記憶していますが、あれから1年経った現在、どうなっているのでしょうね? なんか「ポールの離婚の慰謝料が思ったより少なくて済んだから売るのをやめた」なんて話を聞いたことありますが…。

posted by gyogyo6 at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

平成生まれにも「これだけは聞いとけ」…と言ったらコレだろ

平成生まれにも「これだけは聞いとけ」とオススメ出来る昭和の名曲 働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww

いや、これしかないだろ。

バス・ストップ-平浩二 (作詞千家和也 作曲葵まさひこ 1972)

名曲です。なおサビの部分はプラターズの「Only You」にそっくり。

posted by gyogyo6 at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | よい音楽(竹) | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

ラフ・ガイド〜Music of Japan の今昔

「ラフ・ガイド ミュージック・オブ・ジャパン」の改訂版、というか、2枚目が編まれています。

B001AWPYZ8 ラフ・ガイド・トゥ・ザ・ミュージック・オブ・ジャパン 第2弾
オムニバス
リスペクトレコード 2008-08-06

by G-Tools

「現代の日本の音楽」のコンピレーション、ですが、集められているのはJ-POPでもエレクトロニカでもなく、…いったいなんとカテゴライズすればよいのでしょう、誤解承知で「エスノ日本」といったところです。エスノというと「オリエンタリズム」に通じるようでイメージ悪いですね、ルーツ音楽に根ざした音を出している人たちを集めた、といえばいいでしょうか。ああもうわからないや、登場するのはこんな人たちです。選曲は英国人(日本音楽オタク)のポール・フィッシャー氏。

須賀道子 /チャンチキ /牧岡奈美 /平安隆 /オキ・ダブ・アイヌ・バンド /琉球アンダーグラウンド /登川誠仁 /ソウル・フラワー・モノノケ・サミット /生駒一 /沢井忠夫 /宮内庁楽部 /天台聲明と小馬崎達也&パンゲア /蓼胡津留 /国本武春&ザ・ラストフロンティア /笠置シズ子 /都はるみ /あがた森魚 /渋さ知らズ

うーむむむ、…笠置シズ子『東京ブギウギ』のような全然「現代の日本」じゃないやん、なんてのも混じってるのが不思議ですが、細かいところには目をつぶりましょう。基準があるようでないようで。「宮内庁楽部」やら「天台聲明」やら、それでトリを務めるのが渋さ知らズとか、ほんとわかんね。

このシリーズの第一弾は、約10年前に出ています。こちらの盤に登場するアーティストは、こんな人々。

国本武春 /河内家菊水丸 /ソウル・フラワー・モノノケ・サミット /佐藤通弘 /伊藤多喜雄& TAKIO BAND /安場淳&アンチャン・プロジェクト /平安隆 /アヤメ・バンド /井川忠義 /オキ /田辺頌山 /後藤幸浩 /大工哲弘 /ザ・サーフ・チャンプラーズ /久保田麻琴と夕焼け楽団 /吉田康子 /コト・ヴォルテックス /林英哲 /シカラムータ

10年前でこのセレクションは、なかなかの目利き、ですね(最近名前を聞かない人もいますが)。これも選曲基準がひまひとつ不明ですが、まあいいでしょう。両方の盤に選ばれている人たちもいますな。モノノケサミット、平安隆、国本武春、そしてオキ。もちろん曲は違います。

こちらが第一弾の方。

B00005I55N ラフ・ガイド・トゥ・ザ・ミュージック・オブ・ジャパン
V.A.
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2000-07-05

by G-Tools

元盤は1999年リリースでした。

参考リンク:

編集した Far Side Music のカタログ。細野晴臣のモノとか、いろいろ出しています。

日本における配給元のリスペクト・レコード。おっとピーター・バラカンが推薦文書いてる。オキのジャンルを「アイヌクラブ音楽」なんてしれっと書いているあたりニヤニヤしますね。

追記

似たようなコンセプトのオムニバスでは、こっちのが面白そうですかね。

B001BIL5G8 くさまくら
オムニバス
オーマガトキ 2008-09-03

by G-Tools

曲目などはこちらから。

posted by gyogyo6 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | よい音楽(竹) | 更新情報をチェックする