2009年03月31日

今年のタイガースオープン戦成績について

  • カーネル・サンダースが見つかるまで
    • 2勝2敗1分
  • カーネル・サンダース引き上げ中
    • 2連勝
  • カーネル・サンダースを引き上げ後
    • 1勝8敗1分

お、おそろしや…。故障者も続出しているし、やはりお払いしてお祀り(おまつり)申し上げるのがよろしいのでは…。

posted by gyogyo6 at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

「桜ソング」ってねえ

消費される音楽。として象徴的なのが、ここ数年この時期に大量にリリースされる「桜ソング」。それでアレですよね、中学校の卒業式とかにミュージシャンがゲスト出演して営業に励むと。いつからこんなことになったのか、ホントに何とかならないんでしょうか。需要あるから大量供給もされるんでしょうけど。

桜ソング特集『2009桜ソング最前線!』(ORICON STYLE)

ORICON STYLEではこの時期毎年「桜ソング」特集をやっているみたい。2006年のでは、ライター市川哲史がそれでも「森山直太朗以降、“桜ソング”が急増してるのはまあ、“資本主義ならではのご愛嬌”ということで微笑ましい」なんて書いてますけれども、それから3年、今年の特集ではもうそういう批評的視点はありませんね(ライターは別人)。もうね。

参考: 無題のドキュメント 「さくら」な楽曲、集めました。(オール動画リンク)

途中で数えるのが面倒になったが桜ソング約100曲。おなかいっぱい、げっぷが出ます。

posted by gyogyo6 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | オぴニオンw | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

えいが「U23D」

シネコンで、隣の「ヤッターマン」に惹かれつつ、いや今日はそっちを見に来たのではないからと強い意志でチケットを買う。

そのタイトルは「U23D

U23D

コードネームみたいですが、要はU2のコンサートフィルムであります。で、特殊撮影により「夢の3D立体映像で抜群の臨場感!」が楽しめるというしろもの。偏光フィルター式のメガネをかけてスクリーンを観ます。なので、映画館で観ないと意味がない映画。

U2+3Dで「U23D」(Digital Light Processing)。

いやー、こういう立体視映画に慣れていないので大変に眼が疲れました。というか、「慣れている」人なんているんでしょうかね? 私が近視なのでメガネをかけてた、つまり二重メガネ状態だったのも影響しているかもしれません。飛び出してくるというよりは、「奥行きがつく」ことのほうが効果が大きかった気がします。また、何と言うんでしょうか、画面の前に立体で立ち上がっているボノなどの姿が、なんだかアニメのキャラクターっぽく見えてしまう時も。と、気になることも何カ所かありましたが、思ったより自然な立体映像を楽しむことが出来て、最近の3D技術はすごいのだなあと素直に感心できました。

ライヴ自体は昨年のツアーを撮影したものです。ただアレですね、「うわー立体になってる」ことばかり気になって、肝心のライヴ内容が印象に残らないという(笑)。これは自分だけの問題でしょうか。

これって、DVDやBlu-rayでリリースされるんでしょうか。メガネつきで? 何人かで一緒に観たいときはメガネだけ買い増すの? …という危惧もあったので映画館に行ってきました。地鳴りのような歓声がサラウンドで迫ってくることといい、それだけの価値はありますよ。(上映館などは公式サイトで)

U2の劇場公開映画としては「魂の叫び(Rattle and Hum, 1988)」以来でしょうか。こちらは「Where the Street Have No Name」ができたての新曲だった時期のツアーを撮影したものです。白黒映画(一部カラーあり)の半分ドキュメンタリーということで、「U23D」とはまったく方向性の違いますが。

あと「コンサートフィルムだから」と字幕がなかったのは大いに不満! 「魂の叫び」は字幕ついてたぞ! 配給会社はきちんと仕事しなさい。

さて、次は「ヤッターマン」観てくるか…。


3Dglass

こんなメガネで見ます。残念ながら映画が終ると返さないといけません。

posted by gyogyo6 at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | よい音楽(竹) | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

これは面白い。私が4年前に妄想した機能だ(新iPod shuffle)

「あなたに話しかける」 新iPod shuffle登場 (ITMedia)

第3世代となるiPod shuffleが登場した。ディスプレイは変わらず非搭載だが、「話しかける」機能を備えた。

ああ、これは面白い。「VoiceOver」機能だそうです。

アップル - iPod shuffle - VoiceOverでiPod shuffleが話しかけます (Apple)

要するに、いま再生している曲を「音声で」教えてくれる、ということです(iPod shuffleにはディスプレイがありませんからね)。この機能、じつは私が4年前に「あったらいいなぁ」と妄想していたもの。(正確には、Desire for Wealth の Nihondoさん案に賛成したモノですが)ついに実現したのか、と感慨深いです。こういうギミックは大好きなんですよ。

iPod "DJ" Shuffle ですって (2005.02.05)その時の記事です。

しかし妄想が実現するまで4年かかるのですねぇ。

このほかにも「単三電池並み」の本体(再生ボタンさえなくなってしまいました)、4GBとちょっぴり増えたメモリ容量という第3世代のiPod shuffle。うーん、これは惹かれます。次に買うiPodは "nano" にしようと思っていたのですが、どうしよう、迷いますね。

(でも、リモコン付き専用イヤホンでないと使えないのだろうか? 続報を待つ)

posted by gyogyo6 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

「CDを買うのはおっさんだけ」? いやまだあった。子供とヲタ

先月、「CDを買うのはおっさんおばはんばかりという話」という記事を書いたんですけれども、ちょっと訂正させていただきます。おっさんもそうですが、「子供」と「ヲタ」も追加させて下さい。

というのも今週のオリコンCDチャートで「supercell feat. 初音ミク」という人たちのアルバムが初登場4位(推定売上5.6万枚)になってるんですが、なるほどねぇと思ったわけです。要するに、演歌とアニソンとボーカロイドが目立つ。かつて流行を作り出していたようなメインストリームの若者層があまりCDを買わなくなって、相対的に浮かび上がってきたのかなぁという気がします。というか今って8万枚売ったら週間ランキングでトップを取れるんですね。そんなもんか。

「オリコンチャート」もかつてほど注目されておらず(もちろん業界の人には大事なのでしょうが、一般市民(?)にとっては、です)、こだわってウォッチしているのは一部の人たちって感じですからこういう結果になるのかなと思います。

私もたぶん「CDを買う層」なんですけど、私が買うようなモノは滅多にチャートに上がってきませんから、あんまり関係ないのです。

posted by gyogyo6 at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | オぴニオンw | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

なんだろう、この残念感…

えー、「2016東京五輪の招致ソングを作るヤツはいないのか」と言い続けて、やっと手を挙げる人が現れました!!!!!111ぬ

チャゲアス復活宣言 「五輪招致のテーマソング作る」

2016年の東京五輪誘致の機運を盛り上げようと、民間の有志団体「Yes! Japan」が設立され、4日、都内で会見を開いた。1月末に無期限活動停止を表明した「CHAGE and ASKA」のCHAGEさんも賛同人として出席、「みんなでこぶしを上げて、前向きになれるテーマソングをつくりたい。7年後までにはチャゲアスもやりたい」と、復活宣言も飛び出した。

うーむむむ、CHAGEかあ…。

それにしても「Yes! Japan」ってなんでしょね。東京オリンピックなんだから、JapanじゃなくてTokyoじゃあないの。

私は東京でオリンピック(とパラリンピック)が開かれるかはどうでもよくて、あくまで「招致ソング」を聴いてみたいんですよね。2008年大阪五輪招致ソングのような、できるだけヘンテコなやつ。CHAGEなら、存外まとも(そしてつまらない)なのになってしまいそうです。というわけでもっと別の人が手を挙げることを希望します。いや、聴く前からそんなこと言っていてはいけませんね。チャゲさん楽しみにしてますよ。

posted by gyogyo6 at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 五輪(スポーツ)と音楽 | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

アップルキーボードの思ひで

アップル、コンパクトサイズの「Apple Keyboard」発売

アップル製、最新のペラペラキーボード。同日、iMacほかのデスクトップも発売されてますが、これはまあいいでしょう(私は興味ありません)。キーボードかっこいいですね。

私はつい最近、大昔のApple Keyboard を捨てたところです。Macintosh SEに付属していたやつですから20年近く前のモデルですね。

この時期のキーボードは総じてそうなんですが、キータッチがとっても良かったんですよ。キーは機械式のスイッチで、沈み、戻り、クリック感、丁寧に作られてます。まあ当時の価格で2万何千円もしたモノですから当然ちゃあ当然ですが。今ではほとんど見かけない "Made in U.S.A." のキーボード。本体を買い替えても、キーボードだけはこいつを長い間使ってました。(付属のキーボードが、どんどん安っぽくチャチになっていくもんですから…)

iBookに買い換えたら、あまりにストロークのないペラペラキーボードに「なんじゃこりゃあ!」となりましたが、悲しいことに慣れてしまうんですね。こういうのもいいかなと、結構気に入ってたりします。今度の新製品はこのペラペラキーボードの系統みたいですね。iBookにした後も、昔のアップルキーボードはなんだか惜しくて捨てずにいましたが、先日大掃除をした際に処分してしまいました。ちょっと、もったいない。

で、私は大昔のMac SEをいまだ置いているんですが(参考記事)、このキーボードを捨ててしまったことによって、SEにつなげられるキーボードがなくなってしまったことに気がつきました。ADB接続のキーボードなんていまどき売ってないよなあ。\(^o^)/ このSEはマウス専用マシンになってしまいました。文字を入力するときはどうするって? そんなもん、ソフトキーボードでんがな。(なおこんなことを書いてますが、ここ10年は電源を入れてないし、次にスイッチを入れる予定もありません)

参考: これですね。私のは普通の色でしたが。
キーボードコレクション2

PCのキーボードは、ストロークが浅くてもなんとかなるもんですね。ピアノとか楽器のキーボード(鍵盤)は、深くないとどうにも弾けませんが。
posted by gyogyo6 at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 林檎 | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

5種類のパッケージ

こんどのU2の新譜は、ごらんの通り5パターンのパッケージで出ています。(海外盤。)

B001O0EQ5U No Line on the Horizon
U2
Vertigo 2009-03-03

by G-Tools
No Line on the Horizon(DIGI PACK) No Line on the Horizon(DIGI PACK)
U2

by G-Tools
No Line on the Horizon [12 inch Analog] No Line on the Horizon [12 inch Analog]
U2

by G-Tools
No Line on the Horizon(MAGAZINE VERSION) No Line on the Horizon(MAGAZINE VERSION)
U2

by G-Tools
No Line on the Horizon No Line on the Horizon
U2

by G-Tools

わけわかりません。といっても仕方ないので調べてみました。

一番上のが通常盤(なのでしょう、恐らく)。プラケース+24Pブックレットです。

2番目がデジパック仕様。36Pブックレット+ポスター+ダウンロードで入手するビデオ素材という組み合わせです。(このCDをPCに入れていたら、ダウンロード可能になるみたいです)

3番目はアナログ12インチ盤。これはわかりやすい。アナログ2枚組に、大型の16Pブックレットがつきます。

4番目が「マガジンバージョン」ということで、60Pのマガジン型ブックレット+ビデオ素材ダウンロードです。

最後のやつが豪華ボックスセットで、他のバージョンでダウンロードで入手していたビデオがDVDになってついてくるのとあれこれブックレットがついてくるようで。下に行くほど値段は高くなります。

で、どれを買えばいいんだ。(ファンなら全部買え、というのは却下)なお、本体のCDの曲数とかはどのバージョンも共通だそうで、「全部買わないと曲が揃わない!」みたいな極悪仕様でないのは一安心。

迷った末に私が選んだのは2番目のデジパック仕様のやつ。理由は、付属品が一番中途半端で、あまり数が出なくてのちのちレア度が高くなるに違いないというしょうもない考えからです(笑)。

早速サイトへ行ってビデオのダウンロードを試みましたが、DL速度が超遅くて全然落ちてきません。そうか、今世界中からここにアクセスが集中してるんだと気が付いて、あきらめました。何週間か後にもう一度試してみることにします。

なお、日本盤として出るのは一番上の通常盤と一番下のボックスセットだけみたいです。なぜだかわかりませんが、まあいろいろ事情があるのでしょうね。

肝心のアルバムの出来ですか? ダウンロードに疲れたのでこれから聴きます…。

posted by gyogyo6 at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | よい音楽(松) | 更新情報をチェックする