2010年09月13日

「中村とうよう0点」の歴史

超面白く、たいへん貴重な本が発売されました。

B0041FIN40 MUSIC MAGAZINE増刊 クロス・レヴュー 1981-1989
ミュージックマガジン 2010-09-13

by G-Tools

ミュージック・マガジン誌での名物連載「クロス・レヴュー」を、コーナーができた1981年から1989年までそのまま収録したものです。毎月7枚のアルバムを、4人の筆者が10点満点で採点して論評するというもの。この形態はゲーム雑誌などでも見かけますが(むしろそっちのほうがいろんな意味で有名ですが)、オリジナルはこっちです。もっとも、こっちも連載開始時に「『シティロード』の真似です。ゴメン」と白状していますが。

さてクロスレヴューの名物と言えば、編集長だった中村とうようの歯に衣着せぬ評。平気で2点3点という低評価を連発し、伝家の宝刀「0点」もしょっちゅうでした。有名なところではパブリック・エネミーに2作連続0点をつけたり、トム・ウェイツに-10点などとありえない点をつけたり。せっかくなので、その0点つけられたレコードを抜き出してみましょう。なんか趣味悪いな。なおタイトル等は当時の表記に従ってます。

  • 1981年
  • ロンドンの街角/ロックパイル (どんなことやってるのかと思ったら、ナント60年代前半のアメリカを真似したような音楽だった)
  • 愛の瞬間/ジャーメイン・ジャクソン (美女と酒でも酌み交しながら聞き流してたら楽しいかもしれないが、あいにくそんな機会もなく、評論するために聞くにはとても苦痛)
  • スリー・マントラス/キャバレー・ボルテール (とにかく実につまらないアルバムだ。クラシック音楽かが自分をクラシック音楽家ときめたとき救いがたく陥る精神的怠惰さとまったく同質のものをここに感じる)
  • 1982年
  • ワーズ・フロム・ザ・フロント/トム・ヴァーレイン (ほんとに音楽を聞く耳を持たない人は、こういう思わせぶりにコロッと引っかかってしまうらしい。イヤですねえ)
  • 1983年
  • スリラー/マイケル・ジャクソン (黒人のもっともダラクし果てた姿を見せつけられた気がする。いまの黒人音楽をぼくがキライなのはこういう手合いがエバってるから。…1980年という時代にこんなにも安っぽい音楽が作られたことを後世の歴史家のための資料として永久保存しておくべきレコード)
  • 別れの美学/ソフト・セルII (ロック・ヴォーカルはヘタでもやれるか?という疑問に、やれます、と答えているのがこのレコード)
  • ファイナル・カット/ピンク・フロイド (聞き終わった感想をひとくちで言えば、アホラシー、ということ。…もったいぶり、コケおどし、大ゲサ、以外に使える形容詞は見当たらない)

あれ、ここまで意外と少ないな(笑)。 スリラーも0点だったですね。私は当時読んだ記憶がありません。この頃、ミュージックマガジンは私にとって「友達に借りて読むもの」だったので、ちょうど飛ばしちゃったかも知れませんね。

このクロスレヴューは、4人全員の意見が一致するよりもバラバラに割れる時の方が面白い。レコードの評を読んでいるというよりは、「このレコードをこの評論家はどう評価するのか」てことを読むことになるからです。

では1984年以降。どんな奴らだったか忘れてる人もいれば、ビッグネームもいる。評というか悪口の一節だけを取り出すと誤解があるかも知れません、全文(といっても200字強ですが)は本にあたってください。

続きを読む
posted by gyogyo6 at 23:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | よい音楽(松) | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

6周年です

毎年やって来る、このブログの開設日。今年でまる6年になりました。

最近はtwitterのほうでつぶやいていることが多いからか、こちらのブログの更新がちょっとゆっくりになっておりますが、マイペースで続けていきたいと思います。

ところで、昨年6月にアップしたこの記事(「島唄」に沖縄音階が一部使われていない理由)に、今年の8月にまた多くのアクセスがありました。アクセスログなどを調べてみると、どうやらTumblrでぐるぐるReblogされて、それがTwitterの有名なアカウントの方に飛び火して、RTされてアクセスが増えた模様です。アップした当時はソーシャルブックマーク経由のアクセスがほとんどを占めていましたが、1年後に読まれる際には違う経路、とはなかなか面白いです。

Twitterは自分もはじめてもうすぐ1年ですが、この1年でずいぶん広まったという印象です(私がやってるくらいですから!)。うまく使い分けできればなと思っています。よろしゅうに。

9月11日 - Wikipedia

いろいろある日ですね。まあ、毎日何か出来事は起きてるんですが。最近でも→1985年は阪神タイガース21年ぶりの優勝に向けて優勝マジック点灯、1992年は甲子園で首位攻防の死闘(阪神対ヤクルト延長15回6時間26分)、2001年はアメリカ同時多発テロ、2005年は郵政総選挙。そして2004年がこのブログ開設(笑)
(追記)あと、この日は谷啓の命日として記憶されることになるかも知れません…。合掌

posted by gyogyo6 at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | このblog | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

夏休みの報告(その3)ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

夏休みの報告第3弾。って夏休みはとうに終わってしまってるのに宿題出し忘れですね。反省。

というわけで3つめは ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

去年東京ディズニーリゾートに行って、今年はUSJ。あんまり比較したりはしないほうがいいのでしょうけれども、あちらに比べるとちょっと「大味」なのかな、と感じました。まあ記録的猛暑の中を突撃して疲れた身での印象なので、実際よりも割り引かれてしまっているのかもしれませんが。

昨年ディズニーに行ったときはこんな感想(ディズニーランドで聴いた音楽のこと)を書きました。あのときは、初めて生で見たエレクトリカルパレードのメドレー構成に驚いたものですが、USJさんのほうはちょっと一本調子かなというところで残念。どうでも良いことですがUSJのパレードの後半はずーっとシンデレラがテーマでしたが、シンデレラってディズニーの作品じゃなかったでしたっけ(?_?)。どうなってるんだろう。キティちゃんがいるわ「ワンピース」のショーをやってるわスヌーピーに至ってはメインキャラクターだわと、ユニバーサルとはあんまり関係のないキャラクターがUSJにはわんさかいるのでよくわかりません。

思うに、USJでは「音楽」の地位がディズニーランドとは少し違うのかも知れませんが、どうなんでしょうか。音楽よりは火薬を爆発させて炎をバーンと吹き上げてピストルバンバン撃つほうが大事みたいな(すごい偏見かも)。


posted by gyogyo6 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

「洋楽倶楽部80's」シリーズ化

NHKが趣味全開で突っ走る「洋楽倶楽部80's」。今年の春と夏に単発で2回放送されましたが、いよいよというかまさかというか、この秋から8回シリーズで放送されることが決定したそうです。

洋楽倶楽部80's (NHK公式サイト)

高嶋政宏(スターレス高嶋)がホストでおくるこの番組、1回目の放送でメン・ウィズアウト・ハッツをプッシュしたような暴走ぶりをまた見せてほしいです。ジョン・カビラとやった2回目はちょっとおとなしすぎた。

9月30日から、毎週木曜日深夜0:15〜(総合テレビ)。楽しみにしていましょう。

posted by gyogyo6 at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

夏休みの報告(その2)ボリショイ・サーカス

夏休みの報告第2弾はこいつです。

WELCOME TO BOLSHOI CIRCUS

ボリショイバレエじゃなくてサーカスの方。今年の夏のボリショイサーカス日本公演は、「猛獣いる組」「いない組」の2組に分かれて全国を回っているそうで、私たちが見た大阪公演は「いない組」のほうでした。まあいなくたって世界最高レベルのサーカスであることには変わりありません。音楽の方は、サーカスと言えばヂンタであり「美しき天然」…なわけはありませんが、別にロシア風ばかりというものでもなく、東欧風女声合唱ありの、ケチャ(?)ありの、米国資本主義音楽(笑)風ありの、なんでもこいのごった煮状態でこれはこれで面白かった。でも一番興奮するのは、大技に挑戦するときのドラムロールです。あ、出し物はみんなすごかったですが猫が曲芸やってたのにはちょっと驚きました。ネコも仕込めばちゃんと芸をするんだ。

もう少し続くかも。
posted by gyogyo6 at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする