2011年01月30日

ぜったい許せない! マイナー=悪だなんて

来週からプリキュアの新シリーズ「スイートプリキュア♪」がはじまります。

朝日放送 | スイートプリキュア♪

しかしながらこの紹介文にちょっと見過ごせない一節が!

世界の平和を守るといわれている「幸福のメロディ」が書かれた「伝説の楽譜」が、世界を「不幸のメロディ」であふれさせようとするマイナーランドの王「メフィスト」に狙われた!

そうですか。で、「幸せな音楽の国」が「メイジャーランド」なんだそうですよ。ええー「メイジャー」が幸せで「マイナー」が不幸って、そんな世界観? なんかやだよそんなの。

この世にあふれるマイナーキーの名曲の立場がないじゃないですか。というか初代「ふたりはプリキュア」の主題歌はマイナーキーだったじゃないですか! なんてこった。

というわけで、この世のメジャーキーとマイナーキーの曲で、どっちがいいのか考えてみようではありませんか。とはいっても曲なんて星の数ほどあるので、「オリコンの年間シングル1位を取った曲」で調べてみましょう。『1年間、この国で一番聴かれていた/流れていた音楽』ということで大きくハズレはないでしょう(2000年代以降はちょっと怪しくなってきますが…)。

1980年以降2010年までの31年間。さてどうなのか。なおデータ出典はウィキペディア「Template:オリコン年間シングルチャート第1位」です。頭の「マ」がマイナー、「メ」がメジャーの曲。

  • マ 1980 ダンシング・オールナイト (もんた&ブラザーズ)
  • マ 1981 ルビーの指環 (寺尾聰)
  • マ 1982 待つわ (あみん)
  • マ 1983 さざんかの宿 (大川栄策)
  • マ 1984 もしも明日が…。 (わらべ)
  • マ 1985 ジュリアに傷心 (チェッカーズ)
  • マ 1986 CHA-CHA-CHA (石井明美)
  • マ 1987 命くれない (瀬川瑛子)
  • メ 1988 パラダイス銀河 (光GENJI)
  • メ 1989 Diamonds (プリンセス・プリンセス)
…おお、こ、これは! マイナーの圧勝じゃないですか! 世界は一体どうなるんだ! というか80年代「歌謡曲」の時代はマイナーキー全盛ですね。終盤にメジャー曲が巻き返してきます。さあ90年代の「J-POP」時代にはどうなるのでしょう。後半へつづく。

続きを読む
posted by gyogyo6 at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | オぴニオンw | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

専門店をつぶす専門店

たぶん既に誰かが言っててしかも全然的外れかも知れないけれども、いちおう書いておきます。

Waste Of Pops 80s-90sの管理人さんが作っているレコード店開店閉店メモというサイト(ブログ形式)があります。まるで墓碑銘のようです。これを見たら分かるとおり、リアル店舗は最近閉店の嵐で、ほんと明日はどっちだという状況のようです。CDの売上がどんどん落ちているというのが大きな理由でしょうが、落ちている理由のひとつがネット配信の増加やネット通販(Amazonなど)の伸びなど、というわけですね。で、これはアメリカでも同じような状況で、日本でもこうなるのは必然である、と。

でもですね、私が以前聞いていたところでは、アメリカでのCD販売はだいぶ前から専門店での売上は衰退していて、最大の流通ルートはウォルマートなどのスーパーマーケットだった…んじゃなかったでしたっけ。アメリカでのCDの買い方は、牛肉のパックやコーンフレークやらを買うついでに、レジ前の売り場でCDも一緒にカートに放り込むというものだって。

こういう風にCDが「大量消費財」として扱われるようになっていた折りに、アマゾン等のネット通販業者やiTunes Storeといった配信業者が登場したと。それは衰退していた「専門店」を補完するようなもので、悪くはなかったと思うのですよ。

(ここで言う専門店とは、「売れ筋だけではない、メジャーマイナーいろんなジャンルとりまぜて何でも置いてある店」というほどの意味です)

ところがまだ専門店たるCDショップが頑張っていた日本では、ネットの販路がせっかくの専門店をつぶしてしまってるような印象がありますが、どうでしょうか。この推論が当たりだったら、ずいぶん悲しいことのように思えるのです。

そんなことないって言ってくれよ!


posted by gyogyo6 at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

CDが一気に111枚ほど増えた話

本当は「一気に」ではないのですが。

クラシックのレーベル、ドイツ・グラモフォンが、創業111周年を記念してボックスセットを出しました。一昨年の秋に55枚組の赤箱、そして昨年秋に56枚組の黄箱。あわせて111枚です。Wikipediaによりますと円盤式レコードの発明が1887年ということですから、1898年創業とはほんとに録音産業の草創期からある会社です。

B002DZX95I 111 Years of Deutsche Grammophon/Various (Coll)
Various Artists
Deutsche Grammophon 2009-10-20

by G-Tools
B003TJY0W8 111 Years of Deutsche Grammophon
Various
Deutsche Grammophon 2010-11-09

by G-Tools

これ、特に体系的にまとまってはおらず、「クラシック音楽全集」のようなものではありません。ディスクの並びも演奏家(指揮者・歌手)のABC順なので、たとえば「ドビュッシーの前奏曲を聴き返したいけどどこにあったっけ?」というときは、箱側面の一覧かブックレットをめくって探すしかなく、結構不便です。

それでも面白いですね。私はオペラや歌曲などは苦手、というかあまり聴かないので、こういう機会に聴けるというのは貴重な体験だと思います。プレトリウスのミサ曲やモンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」(どちらもCD2枚組)など、この箱がなければ恐らく一生聴くことはなかったはず。

それにしても普段聴かないためか、声楽の割合が結構多く感じます。この企画はヨーロッパ編集ですが、欧州の人は器楽より声楽により親しみがあったりするのでしょうか。日本で編集していたらどうなったでしょう。日本と言えば、日本人の演奏家は残念ながらいません。小澤征爾が指揮したのがありますがメインはツィマーマンのピアノ。アリス・紗良・オット(ピアノ)はドイツ国籍でしたか。

店や時期によって価格に若干差があるようですが、一枚だいたい200円前後という値段で揃ってしまいます。買う方としてはとてもうれしいのですが、売られる側としてはどうなのかとちょっと心配にもなります。去年にリリースされたばかりの新譜同様の盤も中にはあります。いいのかね、こんな扱いで。ねえブレハッチくん。

コストダウンのためか、紙ジャケにディスクが裸で入っていて保存状態がちょっと心配。でも金額を考えるとこんなもんかなと思いますし、こういうディスクは他にもたくさんありますのでまあいいでしょう。むしろ111枚がプラケースに入ってたりしたら巨大な箱になってしまうのでこれは歓迎。

しかし、こういうのを見ると「CDの価値」ってなんだろうと思います。と同時に、メディアがCDだからこそ、私はこのボックスセットを買う気になったんだろうなとも思います。仮にこれがデータ配信で、同じボリュームを同じ値段(全部で2万円くらい)で売ってたとして自分は買っただろうか? たぶん魅力は半減しているでしょう。クラシックというジャンルとCDは、結構相性がいいんじゃないでしょうか。ポピュラー音楽は曲のサイズもあってどんどんデータ配信に移行していきつつありますが。

…あーでも、CDという形態の最後の大盤振る舞いなのかも知れません。これでうちにあるCDのクラシック比率がえらく上がってしまいました。最近クラシックに限らずこういうボックスセット多いですよね。せっせと捕獲することにしましょう。

せっかくですので111枚を並べて写真に撮ってみよう。


SN3N0022.jpg

…としたんですが111枚全部を1枚の写真に収めるのは無理でした。上の写真は赤い箱の方。下が黄色い箱です。


SN3N0023.jpg

ちょっと光ってますがそのへんはご勘弁。

2015年に追記

赤箱、黄箱を合わせた111枚組ボックスというのが2015年に出ます。なんだこりゃですけれども、まとめて再発売ということですな。当時買いそびれた方はこちらをどうぞ。

B014JC195E 111 the Collector's Edition
Various Artists
Deutsche Grammophon 2015-11-05

by G-Tools
posted by gyogyo6 at 22:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | よい音楽(松) | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

NHKアナウンサーが喋った大阪言葉

昨日の、漫才師喜味こいしさん死去のニュース。大阪だけでなく全国ニュースになりました。

私はNHKの20時45分からのニュースを見ていたのですが、その中でアナウンサーの喋りが突然大阪言葉(アクセント)になりました。死去の報に接し、桂米朝さんが寄せた談話を読み上げた場面です。

NHKのサイトに動画があります(そのうち見られなくなりそうですが)。

上方漫才 喜味こいしさん死去 NHKニュース この1分15秒あたりから。

上方落語の第一人者で人間国宝の桂米朝さんは「また1人、昔話をする人が減ってしもて寂しいかぎりです。いとこいさんの漫才には品がありましたな。呼称は常に『君』と『僕』。上品の極みや。ほんまに寂しいかぎりです」という談話を発表しました。

最初「あれ、これ上方言葉と違う?」と思ってて、「品がありましたな」のところで「やっぱりそうだ」と確認。アナウンサーは野村正育さん。滋賀県出身ということで、なかなかのもんです。京都や大阪の放送局にいたときに、きちんと仕込まれたんでしょうかね。ニュース原稿をアナウンサーが関西アクセントで読み上げるなんて、NHKではめったにない(いや民放でもそうそうない)ことなので、ちょっとびっくりしました。ドラマのような「方言指導」の方はニュースではさすがにいないでしょうから、大変だと思います。

関西では全国ニュースの後のローカルニュースでも同じニュースを別のアナウンサーが読み、やはり米朝さんの談話はきれいな大阪アクセントでした。地元だけに、全国ニュースの野村さんよりもやや上手だったような。

米朝さんだけ特別扱いみたい

その関西ローカルニュースでは、米朝さんの談話のあとに藤本義一氏の談話も紹介されていました。しかし義一さんの談話は、通常の標準語アクセントで標準語の言葉遣いでした。いや絶対義一さんだってコメントは大阪弁であの口調で喋ってるに違いないですよ。でもニュースでは標準語「翻訳」されてしまう。この差はなんだろうか。

と考えて。米朝さんが「人間国宝」だからかな、と思いました。人間国宝たる落語家の発する言葉は、もう全部が芸なんですよ。それは一字一句そのまま伝えないといけない。標準語への改変なんてもってのほかなんです。

…みたいな決まりがあるのかなと。いや知らないですけどね。いずれにせよ、野村アナと大阪局のアナウンサーさん(すみません名前忘れてしまいました)、お疲れさまです。

米朝さんのコメント全文(たぶん)は、以下で読めます。米朝さん口調で再生してください(笑)。

asahi.com(朝日新聞社):桂米朝さん「いとこいさん、上品の極みや」 - おくやみ・訃報

これも、一緒に載ってる正司歌江さんのコメントは標準語です。やっぱり扱いがちゃうんですな。

続きを読む
posted by gyogyo6 at 11:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

再掲「乾真大投手とピアノの話」

せっかくですので過去に書いた記事の再掲です。4年前、乾投手が東洋大姫路高校時代、甲子園に出場を決めたときのもの。2006年8月1日付け。元記事「東洋大姫路の乾君

以下再掲

今年(注:2006年)の高校野球、兵庫県大会は東洋大姫路高校が9回逆転サヨナラという劇的な幕切れ(注:現在リンク切れ)で甲子園出場を決めました。この東洋大姫路、エースピッチャーはサウスポーの乾くん(県大会の決勝でも完投しました)ですが、私の同居人は彼を「ピアノの発表会」という意外な場所で知っているそうです。

乾君は小さな頃からピアノを習っていて、同居人は何度か発表会やグレード試験の場で彼の演奏を聴いています(先生の立場として)。記憶に残っている理由は、「とても上手だったから」。小学生でショパンのノクターンを弾くほどの腕前で、「この子は頭よさそう」とすぐに感じたとか。ピアノの弾き方を見ると、子供の頭の良さってのはすぐ分かるものですよね。

その乾君は中学になると「野球と勉強が忙しいので」と、ピアノの方はややペースダウンしたそうですが、忙しくなった野球の方で名門校の主戦投手として甲子園に出るわけですから、実に大したものです。ドカベンの殿馬のような、というよりは、何をやっても抜群なんでしょうね。うらやましいな。

乾くん、私も同居人と一緒に応援してるので、甲子園ではのびのび投げて来てください。

追記

あと、東洋大姫路というとオリックスやメジャーで活躍した長谷川滋利投手の出身校でもありますが、同居人は彼と同じ中学の同級だったそうな。中学野球大会で全国優勝したときには、横浜球場まで応援に行ったって。いろいろ縁のある人です。

さらに追記

この記事を同居人が読んで、訂正を求められた。「乾君の素晴らしいところは『何やらせても抜群の才能』ではない。抜群なのは、『努力する才能』のほうだ」

乾くんがピアノを始めたのは小学校に入ってからですが、小学校時代は一日も練習を休まなかったそうで(練習できない時は他の日の時間を増やすなどして対応)、どうしても都合が付かなくて休んでしまったら本当に申し訳無さそうにレッスンに現れたそうです。中学に入ると野球や勉強が忙しくなり、さすがに毎日練習というわけにはいかなくなりましたが、「毎日練習できそうにない、これではレッスンに行けないのでもう辞めたい」と先生に訴えたとか。「今からが本当にピアノを楽しく弾けるようになる時だから」と先生に言われ、中学に入ってもレッスンを続けましたが、一度も休まなかったそうです。

同居人いわく。「もう、他の生徒みんなに言って聞かしてやりたいわ! こんな子いまどきおらんよ!」
ピアノを習っている皆さん、練習さぼってると先生にはすぐわかりますので気をつけましょう。

乾君は野球を続けてプロを目指すそうです。彼の意志の強さがあれば、きっと願いは叶うんじゃないかと思います。

記事はここまで。以下2011年の追記

なおこの大会で東洋大姫路は田中将大投手(現楽天)を擁する駒大苫小牧高校と準々決勝で対戦し、惜しくも4対5で敗れています。この大会、ご存知の通り駒大苫小牧は決勝で斎藤佑樹投手の早稲田実と決勝で対戦、延長15回引き分け再試合となる大熱戦となりました。高校を卒業して田中はプロ入りして大活躍、斎藤と乾は大学に進学。そして今年から奇しくも斎藤と乾は同じチーム(日本ハム)でプレーすることになります。

あと、上で「乾くんがピアノを始めたのは小学校に入ってから」と書いてますが、最近のインタビューでは「幼稚園から」と本人が答えているようで、間違いかも知れません。

posted by gyogyo6 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球とピアノ | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

出ました「ピアノ王子」ww

いよいよピアノ王子のベールを脱ぐ時が来たようだな(笑)

ドラ3・乾はピアノ王子…日本ハム (スポーツ報知)

日本ハムのドラフト3位・乾真大投手(22)=東洋大=が9日、千葉・鎌ケ谷の球団寮に入寮し「ピアノ王子」を襲名した。幼稚園の頃から中学卒業まで習っており、コンクールに出場したほどの腕前。その繊細なタッチを生かし、プロでは同期の「ハンカチ王子」の斎藤に負けない活躍を誓った
斎藤に負けん!向井理似?のイケメン乾が入寮 (スポニチ)
「本当はピアノを部屋に持ち込みたかった。幼稚園から中3まで習って学校の合唱コンクールでは伴奏をやっていた」と打ち明けるピアノ王子は繊細な指先で操るカーブやスライダーも披露。斎藤とは大学日本代表で同僚だったが「普段は仲良くても野球では競い合って負けたくない」と負けん気の強さも見せた

「向井理似と評判」かどうかはともかくとしまして、入寮時のインタビューで、どっかのスポーツ紙の記者がピアノの話を振ったのでしょうね。「ピアノ王子」なんてしょーもないニックネームはやめてもらいたいですが、目標一軍定着を目指してがんばってください。

ところで報知が「コンクールに出場」と書いてますが、たぶんスポニチの「学校の合唱コンクールで伴奏」のほうが正しい、と私の同居人は申しております。「ほら野球担当の新聞記者なんて(自粛)だから『コンクール』とだけ聞いて勘違いしたに違いない」だそうな。

今日、日本ハムの新人合同自主トレのニュースで斎藤佑樹投手が注目を集めていましたが、テレビのニュース画面を見るとどうやら今日の練習で乾くんと斎藤くんが一緒にキャッチボールをしていたようですね。あーもうプロ選手だから「くん」呼ばわりはいかんか。二人ともがんばってください。

追記:ついにwwww

TVリポーターがドラ3乾と佑を勘違い実況…日本ハム (報知)

東洋大時代、大学日本代表にも選ばれた即戦力左腕。幼稚園の頃から中学卒業までピアノを習い、コンクールに出場したほどの腕前で、佑ちゃんの「ピアノの先生」という顔も持つ。昨夏の世界大学野球選手権の合宿中…

テレビ局に間違えられたのは笑えますが、ついに「佑ちゃんのピアノの先生」になってしまいましたよ。まったくスポーツ紙ってやつは。で、また「コンクールに出場」と書いてる。これがやがて真実になりそうですね。

posted by gyogyo6 at 23:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 野球とピアノ | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

今年の大河ドラマは見てみようかな

昨年末からNHKにチャンネルを合わせると大河ドラマ「江」の宣伝に行き当たります。私は主役・江を演じる上野樹里のファンなので、今年は久々に見てみようかと思います。

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」

ところで、嫌と言うほど見せられているプロモーション映像(そういえば去年の今頃はこの時期ずっと福山雅治でしたね)で、気になる場面がありました。

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」|ムービー ←ここの「江ガイド(5分)」でも見られます

江が伯父であり父の敵でもある織田信長と初対面する場面。ここで江は信長から「そなたは自由に生きよ」とか何とか言われます。それはいいのですがちょっと年齢がおかしい。

江が生まれたのは1573年、そして信長が本能寺の変で死ぬのが1582年です。ということは、この場面が空想などでなければ、江は9歳以下だったはず。現在の小学2年、3年といったところです。そして演じているのが子役ではなく上野樹里(24)。これはすごい女優魂。恐ろしい子!

というのが本当かどうか確かめるためにも、見逃せないドラマです。

江さんはこのあと12歳で最初の結婚をしますが、演じるのはやはり上野樹里。いや、こうなるともうどうでもいいや。ぜひどこかで「ぎゃぼー!」と叫んでほしいものです。

参考資料:

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」|略年表

posted by gyogyo6 at 15:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

子供と一緒に紅白を見た

小学2年生の子供が「今年は紅白を最後まで見る!」と宣言していたので、年越しそばを食べながら一緒に見ていました。ところが。

張り切って見始めたものの、ヤツの知っている曲は全然出てこない。彼はすぐに「飽きた」とは言わない子なのでそれでもずーっと見続けていましたが。「AKBとか知らんか?」「知らん」「学校でそんな話とかしないの?」「しない。だいいち音楽の話なんかしない」。まあ2年生ならAKBにも興味ないのでしょうね。とはいえこの子達はいわゆる「ヒット曲」(…というものが今もあればですが)に触れる場がないんだなと思いました。

親の世代が子供の頃は、テレビのゴールデンタイムには普通に「歌番組」がありましたし、「全員集合!」みたいな番組の中にもきちんと歌のコーナーがあり、アイドル歌手やフツーの歌手が「新曲」を披露していたもんです。新沼謙治もあの頃はアイドル枠だったような。その結果「津軽海峡・冬景色」みたいな曲を子供でも知ってましたし、若い歌手の曲も子供から大人まで知っていました(中には眉をひそめて、な人もいたでしょうが)。そういう曲を披露する場が年末の「紅白」だったはずなのですが、ずいぶん変わってしまったものです。

で、そういう子供でも「これ知ってる!」という曲はありまして、それはプリキュアのテーマソング…ではなく(プリキュアなんてもっとこどものおんなのみるもんやろ!ぜんぜんはやってへんでがっこうでは!だそうです。ほんまかいな)、たとえば夏の高校野球で流れていた「あとひとつ」(FUNKY MONKEY BABYS)だったり、NHK『ダーウィンが来た!』のテーマソング「Voyagers」(平原綾香)だったり、ドラマの主題歌「ありがとう」(いきものがかり)だったりと、ほぼタイアップものオンリーなのですね。まあ結局はそういうことなのかと納得もし、ちょっと寂しくもあり。あ、「トイレの神様」はタイアップなかったはずですが知ってました。学校の昼休みに流れてるのだそうです。

でもこういう子は、いったいどこで音楽と出会うのだろうかとちょっと心配になります。自分らは中高生になると洋楽ロックやらワールド何ちゃらを聴くようになって子供の頃に耳にしてた曲は「なかったこと」にしがちでしたが、まあ格好つけてるやつだって小さい頃は沢田研二や桜田淳子、ゴダイゴやさだまさしの曲聴いてたんだろ? そういうのの積み重ねがあっての今があるんだろ? というとその通りだったのです。この子はどんな積み重ねをするんだろうか。いやできるんだろうか。親は親で相変わらず勝手に変な曲を聴いていてそれを横で聴いてたりもしているようですが。

さて紅白、もちろん子供は桑田圭祐もどういう人物か知らないのでしたが、彼が出てきたあたりで眠さの限界が来て、寝てしまいました。

posted by gyogyo6 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする