2012年06月12日

6年後に、家庭でMacなんて誰も使ってないかも知れないし。

AppleがWWDC 2012で実際に発表したこと - ITmedia ニュース

というわけで、事前には「ありとあらゆるものがアップデートされる」なんてトンデモない噂まであった今年のWWDCですが、蓋を開けてみればすぐに出るものはMacBook ProとMacBook Airだけで。そしてMacBook ProにRetinaディスプレイモデル追加、という結果でした。もはやアップルの主事業ではないマックの一部アップデート、ソフト関連ではiOS6の発表はあったけれどもリリースはしばらく先(iPhoneと一緒)、Mountain Lionは発表済みのもの、というわけで「あの興奮はなんだったの」という感じです。(いつものことですが)

アップルの思惑はさておき、私の興味はただひとつ「MacBookどうなるの」というところ、これに対する回答はばっちりあったのですが、何とも微妙なアップデートでした。いま使ってるMacBookもそろそろ引退時かというところで後継を考えてたのですが、このラインアップはどうでしょうか。

Retinaディスプレイいいですよ。でもMBPの一部から導入。こういうの見ちゃうとですね、これまでの経験から「1年後には全モデルRetina化、しかもお値段据え置き」なんて未来がちょっと見えちゃったりして、今このモデルを買うのは果たしてどうか、という迷いが生じてきます。ちなみに私の買い替え狙いはMacBook Airの11インチです。

でも、今度出たモデルは(Retinaを除けば)速度と容量以外今までのと大きく変わった点はなく、考えようによっては「ジョブズ最終モデル」と言えるかもしれない。今回のモデルにあえて付加価値をつけるなら、そういうことでしょうか。そんなこと考えるヤツはいないか。

もちろん今のMacBookを6年使い続けてるんですから(まだ買い替えると決まったわけじゃないけど)次のモデルも7年使うつもりでいます。ただ、今はそう思ってるけど7年後の世界がどうなっているか、こればっかりはわかりません。家庭からはいわゆるPCが駆逐され、タブレットとスマホだけになってるかも知れません。「お父さんまたマック使ってんの〜?」「ああこれはちょっと仕事用」「だっさ〜!もうCDも場所取るんだからほかして(=捨てて)よね!」なんて肩身の狭い思いをしてるかも。

そんなことを考えさせられる今回の発表でした。ああ、どうしようかねえ。

そういえば、今使ってるMacBookを買ったのは、アップルのCMでラーメンズが「どうもマックです」「こんにちはパソコンです」とやってた頃です。えらい昔のように思える。最初はメモリ1GB/HDD80GBでしたが、その後HDDがクラッシュして交換した際に120GBに増強、メモリを2GBに増設、現在に至ります。もうすっかりロートル選手で、最新のiPhone4Sで撮影した動画を見ようとするとカクカクでヒーヒーいいながら(=内蔵ファンをブン回しながら)再生していますが、かわいいもんです。

posted by gyogyo6 at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 林檎 | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

iPhoneのCM「サカナクション流して」問題

iPhoneのSiriの機能を紹介する新作TVCMで、iPhoneに「“サカナクション”流して」と話しかけているシーンがあるのですが、「サカナクション流してって言ったのにサカナクション流してくれない」という人からの報告が続々(笑)。

Siriに「サカナクション流して」とお願いしてもサカナクションがかからない人が続出 - Togetter

さっそくうちのiPhoneでも試してみよう…と思ったけど、残念自分のiPhoneにサカナクションの曲は入ってないのでした。おしまい。

…というのではつまらないので、代わりにやってみました。同じサからはじまるア〜ティストで、「佐野元春流して」。


IMG_0514.jpg

再生が始まりましたが、

IMG_0515.jpg

…ダメじゃん。

でもここであきらめてはもったいない。ちょっと言葉を変えましょう「サノモトハル流して」。

IMG_0517.jpg

一度「探して」に聞き違えられましたが、

IMG_0518.jpg

…おっ、来ましたよ(喜)! 「を」の助詞をつけるときちんと認識してくれるようです。ニホンゴムズカシイネ。正しい日本語文法でしゃべりましょうとアメリカの機械に説教された気分で、ちょっと悔しい。

しかし、ここでまたも問題が発生。

自分のiPhoneには、佐野元春の曲は「佐野元春」「Sano Motoharu」「Motoharu Sano」「Sano Motoharu, 佐野元春」「Sano Motoharu with The Heartland」といろんな表記で登録されてるのですが、そのうちの「佐野元春」表記のものしか再生してくれません(上のスクリーンショットで1/5曲という表示になってるのはそのため)。Siriさんはローマ字読めないのか。アメリカ人じゃなかったのか。困ったなあ。

というわけで今回の結論。

  • Siriさんは文法に厳しい。
  • Siriさんは表記にも厳しい。

いや、厳しいというか融通が利かない。もう少しがんばってほしいところです。今度(今夜?)のiOS6に期待しましょう。しかし「サノモトハル」と喋るときちんと「佐野元春」だと聞き取ってくれるのには感心。

ところで

じゃあiPhoneのCMはどうなんだ、「イメージ映像です。動作には個人差があります」とテロップを出しとかないとJAROに怒られるんじゃないか、と思ったのですが実はあのCMは「サカナクション流して」と言ってるだけで、実際にサカナクションの曲が再生される場面はないんですね。きっとあの後全然違う曲が流れて「サカナクションって言ってるでしょ、もう!」と怒ってるんだと想像すると、少々心が和みます。(追記)…と書いていましたがCM見る機会がもいちどあったので確認すると、Siriはリクエストに対し「サカナクションを再生します」と返していますね。ちゃんと認識しているわけだ。うーむ(追記終)

ちなみに私はサカナクションの曲を一度も聴いたことがないというのは、ここだけの秘密だ。


posted by gyogyo6 at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする