2013年07月21日

ギョギョーム見つけた!

私のハンドルネーム(と書いたが、ハンドルネームってまだ言うんだっけ)「ギョギョーム」の由来については以前書いたことがあります

で、この前ついに本物のギョギョームを見つけました。これは報告しなければなるまい。

メリーチョコレートから販売されている「モンビジュー」です。


IMG_1544.jpg


IMG_1580.jpg

正体はこんなやわらかゼリーキャンディー。


IMG_1582.jpg

えーっとこれは本物の「モン・ビジュー」とはちょっと違うようですけれども、


IMG_1583-2.png

細かいことは気にしない!イチゴっぽいのがあるから良し。


IMG_1585-2.png


IMG_1581.jpg

まさしくモンビジュー改めギョギョームです。


IMG_1586-2.png

しかし、私が「ついに見つけた!」と興奮したモンビジューですが、どうも去年に新発売になってたもののようです。1年間も気付かなかったわけだ。

こんな体たらくではギョギョーム探求会専務理事を名乗る資格はない。責任を取って専務理事を辞任し、会長に就任したいと思います。次週新展開「会長 ギョギョーム」にご期待ください。

(参考: 島耕作が社長退任 入社から43年、赤字で引責)

モンビジューとギョギョーム

スイーツショップのおねぇさんが考えだした新作ケーキに、ちょっと気取って「モン・ビジュー」という名を付けて売り出す。おいしいというので町の子供たちの間で評判になるが、ケーキの名前を思い出せない。「確かジャとかギュとかいうカンジの…ギョギョームとか何とか」

そんで子供たちは「ギョギョームありませんか?」と指名で買いに行く。おねぇさんはそんな名前じゃないと怒るが、「みんながギョギョームと呼ぶならそれでいいじゃないか、どうせ誰も覚えてないんだし」そんなわけでいつの間にかこのケーキは「ギョギョーム」と呼ばれるようになりました。

なんてあらすじを書いても全然面白くないな。是非原典に当たっていただきたい。もはや古典となった昔の本ですが電子書籍でも出ています。


IMG_1587.jpg

シニカル・ヒステリー・アワー(6): 玖保キリコ - eBookJapan

続きを読む
posted by gyogyo6 at 16:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

デマをRTしてしまったこと

【注意】6月27日に英語圏で拡散中の「マンデラ死亡説」は「ガセネタ」です。 - NAVER まとめ

この件ですが。

私も見事にツイッターでのデマ拡散に貢献してしまいました。しばらくして気がついて、RTは取り消しましたが。

というわけで反省記事です。

事の経緯

  • 「マンデラ死去」報のRTがツイッターで流れてくる
  • 元ソースを見に行く
  • 英語のニュースサイトだ。ガーディアンエクスプレスだって。英国のガーディアンとは見た目が違うが、産経新聞と夕刊フジみたいな関係かなと思う。というわけで記述を信じる。
  • RTする。
  • Google News(各国語版)でもっと詳しい記事がないか探す。だが、ない。
  • あれ、おかしいなあ。
  • そのうちに「あれは怪しいよ」というツイートを読む。
  • 自分でも怪しいと思い、RTを取り消す。
  • nofrill氏によるまとめ(最初のリンク)を読み、デマと確信。
  • 映画「インビクタス」を観なおして、改めて快復を祈る。←イマココ

なぜ自分は信じてしまったか

RTしてきた人が信頼できる人だった

相互フォローの関係にあり、メッセージを交わしたこともある方がRTしていたので、信頼してもいいだろうと思った。この方もすぐにRTを取り消している。また私のRTを消す前に見てRTした人もいたと見られ、その方に対しては本当に申し訳なく思う。

元ソースの「おかしさ」を見抜けず、よくわからず信じた

nofrillさん指摘のような「ニュースサイトのおかしさ」がわからず、「Guardian」を名乗ってるからそれなりに信用できるんだろうと安直に信じた。後から思えば、このニュースを日本語翻訳して紹介したのがネット専業メディア1つだけというのも怪しい点で、このメディア以外の報道が皆無だったのも変ではあったが、そういうことに気づいたのはRTした後である。

ニュースの対象に非常に関心があった

ネルソン・マンデラ氏は私の中の「尊敬する人物」トップ5に入っているので、最近の病状悪化・入院・重篤というニュースには非常に心を痛め、その経過に大いに関心があった。



ツイッターはデマ拡散器とよく言われる。自分が拡散しないように気をつけてはいるが、上のような条件が揃うと大変遺憾ながらやってしまうこともある。もう絶対にデマ拡散なんかしないよ、とはとても言えないので、せめて「やっちまった」後は速やかに訂正したいと思う。

マンデラ氏の快復を心から祈るものであります。


おまけ: 私がRTしてしまったネタ元(タイトルと内容は後に変更されている)

【追記】アパルトヘイトと生涯をかけて戦ったネルソン・マンデラ元南アフリカ共和国大統領が94歳で死去との報道→存命との報道も

削除せず、こんな形で置いているのはどうだかねえ。「存命との報道も」じゃないよ!「両論併記」することか、デマが。

<



posted by gyogyo6 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする