2013年10月21日

MacBook Airの不良SSD交換問題(私のは該当品なのか違うのか)

Apple、先代「MacBook Air」のSSD交換プログラムを開始 (ITmedia, 10/19)

という措置が出まして。

私のMacBook Airは、「2012年6月〜2013年6月に販売された、64Gバイトおよび128GバイトのSSDを搭載する端末」という条件にぴったり合っていまして、しかも危険といわれている東芝製SSDなものです。うわこれやっべーと思いながら「MacBook Air Flash Storage Firmware Update 1.1」を実行してみました。一通りうなった後システムが終了して、再起動させたら

「正常に完了しました」

というダイアログが出たっきりなのですが、これで問題解決…ということで良いんでしょうか。なんでもいいから交換させてくれという気もしないではない。

どうも最近私が引き当てるMacは、その前のMacBookのトラブルといい、ストレージ運があまり良くないようですわ。

前回のMacBookのいろいろ:

HDD故障→データ喪失でわかったこと (2007.5)

当たりを引いたのかも (2007.11)

これはデータが1年分なくなってしまって、マジブルーでしたよ。現在こいつはHDD交換後、WindowsXP専用機として再生しています。

参考:

「アップデート後のダイアログが出ない?」「SSDの速度が速くなる?」などMacBook Air Mid 2012 Flash Storage Firmware Update 1.1の情報まとめ

うーん、これでいいのかなあ。なんか不安だ。

posted by gyogyo6 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 林檎 | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

おっさんホイホイ局

今年の春に自家用車を買い替えて変わったことがひとつ。「ラジオチューナーの感度がものすごく改善した」。

というか前のクルマのカーステ感度が悪すぎたんですけどね。よくあんな状態で10年以上我慢してたなあ。チューナーとアンテナが接続されてないんじゃないかと疑うほどでした…。

そんなわけで、これまで以上に車内でラジオ(FM)を流しておくことが増えました。「今ごろ?」と言われるかも知れませんが、思わぬ曲を聴かせてくれる、という意味では貴重な存在です。

感度が良くなったことで大阪の局もクリアに入るようになり、もっぱらこの局に合わせています。

FM COCOLO

1995年の放送開始時には「多言語放送」がセールスポイントの一つ(阪神大震災を受けた、外国語での情報提供という意味合いが大)で、おかげでありとあらゆる言語が飛び交い、世界中の音楽が流れるユニークな局でしたが、数年前にFM802が番組制作の担当となり、昨年からは802が運営もすべて引継いでいます。

そのせいで、局のカラーは良くも悪くもかなり変わりました。昔の編成も好きだったんですが、特殊なものだったんで収益的に厳しかったんですかね。残念。現在のプログラムの内容は「大人向け802」色が濃く、ちょうど1989年の802開局時に同局のリスナーだった人たちをターゲットにしているようです。つまり、私はちょうど打ち抜かれてるわけですわ。DJも、かつての802名物DJだった人を起用していたり。

局のトップページからリンクしている「Whole Earth Station とは」という宣言文を見て「おお」と感じ入るか「うわぁ」と思うかで、あなたがこの局に合ってるかどうかがわかります。

とりあえず、毎日のオンエアリストを見ていただければ、どんな傾向の局かはわかるでしょう。

FM COCOLO 今日の On Air 曲目

このラインアップにピンときた人は潜在リスナーです。ぜひ76.5MHz あるいはradikoで聞いてみましょー。(関西の方限定ですが…)

ちなみにFM802のオンエアリストと比べてみると違いがよくわかります。しかし802も邦楽色が濃くなってるな。

調子に乗って雑誌まで出しています。

ココロマガジン | WHOLE EARTH MAGAZINE FM COCOLO

まあ、ぜひ聴いてみて下さいってことですよ。スタジオの側にでっかいアナログレコードとCDの棚が備え付けてありそうな、こんな商業ラジオ局があってもいいじゃないか。

posted by gyogyo6 at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする