2014年07月11日

Moneytreeをしばらく使った感想

MoneytreeというiOS用の家計簿アプリ、しばらく前から使ってます。なかなか評価も高いようです。

家計簿としての使い方は、ネット上で確認できる銀行口座情報、クレジットカードの情報、電子マネー情報をアプリに登録し、その入出金の情報を集めて(アカウント・アグリゲーション)、おカネの出入りを管理するというものです。現金の支出も手作業で登録できます。

いいところ

私はグウタラなので現金支出の登録なんかしないのですが、それでも家計の管理には非常に役立ちます。入出金は摘要の内容を判断して自動的に用途分類してくれます。これが結構精度が高い。時々間違えてますが手で修正すると次から反映される。なかなか使えます。余計な手間がかからないのがいい。

月ごとの収支の推移をグラフで並べて表示したりもしてくれる。

「節約するぞ」「おカネを貯めるぞ」と決心しても、まず自分がどこにどれだけおカネを使ってるか把握しないことにはどこから手をつけていいかなかなかわからない。それを可視化するツールのひとつが家計簿ですが、帳面付けと分類をほとんど自動的にやってくれるこのアプリはいい解決策じゃないかと思います。

特に、すべての資産管理を自分だけでやってる、一人暮らしの人にとっては最適解なんじゃないでしょうか。「家族」が増えてくると、おカネをいろんな人があちこちで使うようになるのですべてを網羅するのが難しくなりますが、家計簿とは本来家計責任者が一人でつけるもんだからそういうもんだと割り切っていきましょう。

あと副次的なメリットとしては、銀行口座などの残高確認だけならわざわざ個別に銀行のオンラインバンキングにログインしなくてもこいつだけでできることもあげられます。手間がかからなくてよし。

(ただ、銀行口座の残高などはオンラインで即時に反映されますけれども、クレジットカードの利用記録などはカード会社によってオンラインに反映されるまで時間がかかる場合がある。私が登録している某流通系のカードは、自グループ店舗での利用記録はすぐに反映されるのに、一般のお店での利用は反映まで一週間ぐらいかかったりする(種類によっては1ヶ月近く遅れることも…)。これはアプリの責任ではないので、気長に待ちましょう)

同種類のアプリにあるような、証券会社の口座やFXの口座などは対象外です。守備範囲は当座のおカネの出入り管理で、「資金運用」までの面倒は見ないという割り切りなのでしょう。将来拡張されるかも分かりませんが、私はこのままでいいと思います。

ただ、自分が利用している金融機関が未対応だったりすると、ちょっと「何とかしてよ」と思いますね。ネット銀行のソニー銀行とか利用者多いと思うんですが難しいんですかね…。(私の場合ソニー銀は運用専門なので、なくてもあんまり影響ないですが)

なお、私がこのアプリに興味を持ったのは昨年にリリースされたとき…ではなく、この4月のHeartbleed騒動の時にここの運営元が迅速に利用を一時停止し、安全の確認を行ったときでした。

「Heartbleed」について | Moneytree

へぇ、なかなかしっかりしてるじゃん。…ということで利用が再開されたときに自分も登録してみたのでした。対応がしっかりしていると宣伝にもなるし、いいですね。

気になること

アカウント情報やログインパスワードの扱いは、この運営元を信頼するかどうかの話であり、私はそれほど心配していません。おカネの振込時などに必要な「取引用パスワード」まで渡してしまうと話は別ですが、そこまで求められるものではありません。

ただ、ちょっと戸惑ったのは、自分の入出金の記録が統計処理されていることです。

先日運営元のブログにこんな記事が載りました。

【Moneytree Trends】競馬の実態。45%の人が1円も勝てず

このシリーズは「産経アプリスタ」というサイトに連載されているようです。

要は、アプリの利用者の入出金記録から、ネット馬券購入等での「馬券関係の入出金」を抽出して、勝ってる人が何人、勝ってない人が何人、平均何円を投資…と分析しているのです。横から見ていると非常に興味深いですが、ちょっと待てオレの競馬収支がバレバレかよ、とびびる人だっているはずです。馬券はWINSで現金で買いましょう。あるいは馬券専用の口座を作って、その口座はMoneytreeには登録しない、と。話がそれました。

もちろん、統計情報は個人を特定しない形で使う、データを第三者に提供しないという運営元の表明(プライバシーポリシー)を信じる限りは、プライバシー面は大丈夫なのでしょう。ただ、自分の入出金データがこういう形で使われることを気持ち悪いと感じる人もいると思います。Moneytree利用者はIKEAとニトリのどっちでたくさんお金を使うかとか、ATMを利用するときに何割の人が手数料を払ってるかとか。みんな分析されネタにされてるってことは知っておいた方がいい。

あともうひとつ、各銀行のオンラインバンキングサイトで表示される「最終ログイン時間」はMoneytreeアプリがアクセスした時間になってしまうので、万が一自分以外の誰かに不正ログインされていても気づきにくいというリスクはあります。

そういう点を気にしつつ、なおも有益なアプリだと思います。試す価値アリ。

7/16追記

7/16付けのアップデートで、対応金融機関の増加、共通ポイントへの対応などが増えました。


IMG_2469.jpg

しかし…こんなノリだったっけ?


posted by gyogyo6 at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする