2015年06月09日

ハイレゾよりストリーミング

  • アップルのWWDC2015で発表されたもの… Apple Musicというストリーミング配信サービス。
  • いつの間にかどっかへ行っちゃったもの… iTunes Storeでのハイレゾの配信サービス

というわけでストリーミングサービスが華々しく発表されました。アップルのブランド力と、既に多くの人の手元にあるiPhoneやiTunesなどの力で、多くのユーザーを獲得する目算なのでしょう。まあそれはいいんです。

その影で、噂にも上らなくなってしまったハイレゾ配信の話。ちょうど1年前のWWDCの前には、レッド・ツェッペリンのアルバムハイレゾ配信がはじまったタイミングと重なったこともあり、「いよいよiTunes Storeでもハイレゾを扱うぞ」という噂があったもんですが、WWDCが近づくにつれてその噂も下火になり結局何の発表もありませんでした。

 去年の噂の例:

そして今年のWWDCでは、ハイレゾ配信に関しては噂すらありませんでした。

「いよいよ音楽のハイレゾ配信が本格化する!」と言われてどのくらい経つのか。こういうのは、アップルが始めない限りはニッチなサービスに留まったままだと思うのですよ。iPhone以前にもスマートフォンと呼ばれるデバイスはあったし、Apple Watch以前にもスマートウォッチは存在した。でも、アップルが発売したことで、世間に「そういうジャンルのモノがあるんだ」と認知された。…アップルとは、今やそういう役割を果たす企業なんですよ。Apple Watchが成功しているかどうかはちょっと分かりませんけど。

で、アップルはハイレゾ配信に参入しない。ということは、たぶんこのままでは、ハイレゾはマニア向けニッチ市場のままでしょう。

結局は「そこにニーズがない。データのダウンロード販売はAAC256Kで十分だ。ハイレゾどころかCDクオリティさえ必要ない。で、これからはストリーミングだ」と判断しているのでしょうか。うーん残念です。

本当にハイレゾが要るのか、よくわかりません。けれどこれまでデジタル音楽と言えばCDの音を聴いてきた自分にとっては、やっぱりダウンロードで購入するならCD音質かそれ以上のものがほしいじゃないですか。気分の問題といえばそれまでですが。

そんなわけで、ハイレゾのダウンロードはこれからも e-onkyoOTOTOYHDTracks などから探すことになろうかと思いますが、うーんこれじゃあ状況は変わらないよなぁ。

posted by gyogyo6 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 林檎 | 更新情報をチェックする