2008年06月25日

大御所に届いたロイツマ "Ievan Polkka"

前記事でも書いたミュージック・マガジン7月号、中村とうようの定例コラム「とうようズ・トーク」の最後にこんなことが。

先月のこの欄で、《東欧あたりのポルカぽい曲をヒップホップ化したような音楽》が若い女性たちの間でハヤッっているらしい、なんて書いた。編集部の栗原がインターネットで調べてくれたところでは、その正体は「レヴァン・ポルッカ」って曲で、東欧でなくフィンランドのロイトゥマというトラッド系グループの98年のアルバム『シングス・オヴ・ビューティ』に入っており、日本ではアニメに使われて一部で知られてるのだそうだ。元のアルバムは廃盤らしいが、それが密やかにオタク系のヒットになってるということか。

おっと、ひょっとしてこれは "Ievan Polkka" のことでしょうか? ネットで話題になり始めたのは確か2年前だったと思うので、2年かかって中村とうようのところまで届いたのかと思えば感慨しきり。なんか微妙に事実誤認があるような気もしますが、細かいことはキニシナイ!

とうよう氏が耳にしたのはこのバージョンでしょうかね? (Loituma TECHNO!)

それともこちらか。(Levan Polkka the official video)

参考: ロイツマ・ガール - Wikipedia

「CDはどこへ行く」のほう、「アナログレコードは健在だろうがCDはやがてなくなるだろう」という意見の人が多いのは年代のせいだけでもないような気がします。ああ不憫なコンパクト・ディスク。



posted by gyogyo6 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の周辺 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。