2008年12月19日

今年のクリスマスは…エンカのチカラ!

今年のクリスマスソングは何かないかなと考えていましたところ、たまたま聴いていたアルバムにちょうどいいのが収録されていましたのでご紹介。

B001GKXQ9A エンカのチカラ-SONG IS LOVE 80’S&90’S
(オムニバス)
コロムビアミュージックエンタテインメント 2008-12-03

by G-Tools

この2曲目 "Dear...again"。広瀬香美の曲を、川中美幸がうたう。なんともいえぬ味わいがあります。

演歌歌手がだすアルバムには、自分のヒット曲やオリジナル曲のほかに、中に何曲かカバー曲を収録していることがよくあります。このコンピレーションは、そういったカバー曲ばかり集めたもの。このアルバムのための新録こそありませんが、なかなかすごい内容ですよ。

80-90年代編は、五木ひろしの「TSUNAMI(サザン)」でスタート、トリが美空ひばりの「昴(谷村新司)」。

前川清の「HOWEVER(GLAY)」ははまりすぎですね。彼は「演歌歌手」ではないと思いますが、キニシナイ。GLAYのボーカル務められますよ。美空ひばりはコンサートでも「昴」をよくうたっていたようで、これは完全に自分の歌になってます。

あらっと思うのは五木ひろし。イントロなしでいきなり歌から入るこの曲、もとの歌い手が個性的なヤツだけに、なんか違和感が残ってしまいます。お手本どおり(お手本というのがあるなら)に完璧にうたっていて、歌の先生は満点つけるのでしょうけど。ポピュラー音楽は難しいものです。

とまあ、少々ミスマッチなところもありますがとっても面白い「エンカのチカラ」。吉幾三が高橋真梨子"for you..."をうたっているのなんか身震いしますね。IKZOが「あなたが欲しい あなたが欲しい 愛が…すべてが欲しい」と絶唱してます。誰だこの曲のカバー思いついたの。

「80-90年代編」だけ試しに買ってみましたが、こんどは「70年代編」も聴いてみよう。


B001GKXQ9K エンカのチカラ-SONG IS LIFE 70’S
(オムニバス)
コロムビアミュージックエンタテインメント 2008-12-03

by G-Tools

…聴いてみた。こっちは石川さゆりの「ペッパー警部」が出色の出来ですね。ファンクな演奏に乗る石川さゆりの歌声。いや、全然ノッてませんな。ちょっと伝説のユニット「ラ・ムー」を思い出しました。菊池桃子よりはずっと歌うまいですが(当然)。あと、八代亜紀の「いとしのエリー」は、五木ひろしのより「それ」っぽい。アマゾンでは試聴もできますので、ぜひ一度ご体験を!

posted by gyogyo6 at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | よい音楽(竹) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック