2009年06月23日

前記事へのコメント欄

ここは、ひとつ前の記事『「島唄」に沖縄音階が一部使われていない理由』のコメント欄です。

当該記事へのコメントは、こちらへどうぞ。

000005811.gif

posted by gyogyo6 at 01:00 | Comment(56) | TrackBack(0) | よい音楽(松) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いかにも朝日新聞らしい反戦記事ですねww
Posted by アカヒ at 2009年06月24日 11:23
相変わらずアカヒは痛いね。
Posted by at 2009年06月24日 11:49
軍事教育だろうと無かろうと関係なく
沖縄の戦争死んだ人っていう普通の感覚だとおもうんだけどな。
 アサヒはくさってるな。
Posted by at 2009年06月24日 16:21
米軍の艦砲射撃が怖くて捕虜になるのも嫌で勝手に自殺した集団でしょ。
いつまでも旧日本軍に責任転嫁するのは、いい加減やめて欲しいなぁ。
Posted by at 2009年06月24日 19:02
上のお三方へ
いろんな考えがおありでしょうから、宮沢和史批判に向かうことはあるかも知れません。
でも、どうしてここのコメント欄で朝日批判をされるのか、良く分かりません。
Posted by gyogyo6 at 2009年06月24日 19:04
>上のお三方へ
>いろんな考えがおありでしょうから、宮沢和史批判に向かうことはあるかも知れません。
>でも、どうしてここのコメント欄で朝日批判をされるのか、良く分かりません。

通りすがりの者ですが、あなたに言いたい。
こういう場で発言するなら、戦時中に戦争を扇動していた朝日新聞が戦後に批判されるのは当然だ、ということを理解しておいてください。一度調べなさってはいかがでしょうか。よい勉強になると思います。
Posted by at 2009年06月24日 20:43
つーかそんなことより
営業右翼ウジ産経はどうすんだ?
Posted by ↑ at 2009年06月24日 23:21
6月23日は「慰霊の日」ではありますが、沖縄戦が終結した日ではありません。むしろ、ここからがひどくなるのです。
Posted by 名無し at 2009年06月24日 23:27
>戦時中に戦争を扇動していた朝日新聞が戦後に批判されるのは当然だ

朝日の戦争扇動は批判されてしかるべきだが、なぜ反戦歌と評価した記事を批判する?主張に矛盾がないか?
Posted by a at 2009年06月24日 23:51
>名無しさん
ご指摘ありがとうございます。調べましたら、沖縄での戦闘は9月7日まで続いていたのですね。玉音放送後も多くの人が命を落としていたとは。認識不足でした。
Posted by gyogyo6 at 2009年06月25日 00:03
アカヒが平和を語ること自体がおこがましいんだよ
Posted by もよよ at 2009年06月25日 00:38
>勝手に自殺した
へー。
軍にそんなに肩入れして、幸せなやつだね。
軍は国民なんか守らないってことも知らないんだね。
Posted by 通りすがり at 2009年06月25日 01:02
軍に殺された、ならともかく自決という決断を下すには求心力が備わってなけりゃなされない決断だろうよ。
なんで嫌いな連中のために自殺するかね?
自分が一番、だったら投降すればいいじゃないの。
そういう教育が成されていたため無辜等が犠牲になった、ってんなら沖縄の方たちだけが被害者でもなかろうし、特筆する理由にならない。
Posted by Oc at 2009年06月25日 01:20
朝日は戦時中は他のどの新聞よりも戦争を賛美して売り上げを伸ばし、アメリカ統治時は被害者面でお咎めなし、アメリカが撤退し反米機運が高まれば反米と、その時代の強者に合わせて幾らでも主張を変える新聞だから。
Posted by ほげお at 2009年06月25日 01:34
「あさひ」だからこの記事になった、てわけでもないだろうに。
これはブームのボーカルの人の思考でこうなった。
ここで非難してる人は、ブームのボーカルにも「サヨク野郎!」とののしって、ブログを炎上させたりするんだろうね。
Posted by はああ at 2009年06月25日 01:52
ネトウヨなんて煽られる俺だが当事の沖縄県民が犠牲になったのは事実だろ。
捕まったら恐ろしい目にあうなんて吹き込まれてたんだからな。
民間人の大半はその教えのせいでただ捕まるのが恐ろしくて自決した。
糞アカヒとは関係ない事実
Posted by あ at 2009年06月25日 02:32
沖縄へ行った人々に不吉な事が起こったり、そこからの人々が災いを振り撒くのは、過去の何かが影響してるのでしょうか。
県民性や容姿が中国に似てるのは、何故でしょうか。
Posted by い at 2009年06月25日 03:50
アカヒアカヒ言ってる奴に限って死ぬ戦争なら大歓迎だが・・・
Posted by 平和ボケ at 2009年06月25日 03:52
上の方のように訳も解らず沖縄を差別する人が多いのも問題ですね。
おそらく2chなどで洗脳されているのでしょうが。
今の沖縄は左翼という名の反日に支配されていますが、沖縄県民が全てそうだと決め付けるのはあんまりだと思いますよ。
命令は無かったと聞いています。ですが自決に追い込んだのは日本であり、民間人を壕から追い出した日本兵は好意的取られないのは当然だと思いますが・・・
沖縄の語り部から聞いた話で信憑性は全く無いですけどね。
その人は兵士として戦い天皇を崇拝していました。
Posted by   at 2009年06月25日 04:13
そうなんだよな
「日本軍は残虐な軍隊!」って教えられてきた人が、実は日本軍にはこんな部隊がいた、○○はねつ造だった、××では日本軍が歓迎されていた、ってネットで知ると「日本軍は正義の軍隊!」って思いこんで軍を全肯定しちゃう。どっちも極端だと思うんだけどなあ
どんな軍隊だろうと人間の集団、それも戦争という状況下におかれた人間の集団だってことを考えようとしない。

イラクにいる米軍のことを考えれば分かるだろうに。現地の人と米兵の美談「も」あれば米兵のおこした痛ましい事件「も」ある。
片方だけを取り上げて一方を封殺するなんて馬鹿げてる
でも日本だと軍は善か悪かの二元論しか無いんだなあ……
Posted by ぬさ at 2009年06月25日 06:45
当然のことながら、沖縄の人々の大半は米軍の攻撃によって命を落としているわけで。
終戦後GHQが占領することになったわけだけど、民間人の反感が強ければ占領に支障が生じる。これを抑えるため、メディアを使用し日本軍が沖縄県人を殺したと吹聴した。
集団自決については大江裁判などでも明らかなように、日本軍の命令は無かった。
民間人が戦争で死んでもなんの補償もないが、軍命令であったなら遺族に対して保証金が支払われる。
集団自決とは、村長の嘆願により、守備隊長が実際にはなかった自決命令をした事にし、自ら罪を被ったもの。
Posted by 言うまでもなく at 2009年06月25日 06:47
なんだまた糞新聞社の反日記事か。
そんな戦争が嫌いならすべての軍事強国を批判しろよ。
日本だけ、しかも大東亜戦争時だけ取り上げて批判するなしねかす
Posted by   at 2009年06月25日 09:41
今日も反日教育に余念が無いですね
さすが朝日さん
Posted by   at 2009年06月25日 10:14
コメントを書かれる皆様へ

差し出がましいようですが、なるべく記事の内容に沿ったコメントをお願いします。
できれば「じゃあ、『ウージの森で』の箇所にはどんなメロディーをつけるのが良いか」というご意見を書き添えていただきますよう。

ブログ主からのささやかなお願いです。
Posted by gyogyo6 at 2009年06月25日 10:17
反戦は大事な事だと思う、戦争という愚かな行為を忘れないためにも、沖縄県民はよくわかってると思う。
でも最近の沖縄県民と朝日は、反戦どころか軍事そのものを無くそうとしてるよね。
反戦と反軍事力と平和はまったく違う物、そんなやりすぎた活動をしてれば反日とか売国奴と言われてもしょうがないよ。
Posted by ん at 2009年06月25日 12:34
歌詞から何となく反日の意味なんだろうなとは思っていました。
でも、「ウージの森で〜」の部分のメロディって結構しっくりくるんだよな。
日本旋律だったからなのか。
Posted by 10円 at 2009年06月25日 13:03
それでも外人と結婚する人が多いのは何なのか。
更に本土批判するのに本土に来るしね。
Posted by   at 2009年06月25日 13:24
本土から来た人が結婚したり叩きをしてる可能性を考えたりはしないんですかね?
記事の内容に沿ってませんね。失礼しました
Posted by   at 2009年06月25日 14:33
ウチは朝日新聞を取ってない。
理由はウチのジジババが頑なに勧誘を追い返しているからだ。
ウチだけではなく町全体がNO朝日っぽくて新参者(引っ越してきた人たち)以外は取ってないw
朝日が嫌われてる理由は・・・爺ちゃん達から聞いてて何となくわかるよw
Posted by bront at 2009年06月25日 18:49
連投すまん

日本を、家族を、大切な人たちを守る為に戦って散っていった仲間にムチ打つ行為をしてほしくないとも言ってた。
Posted by bront at 2009年06月25日 18:54
もー、音楽の話をしていたはずなのに日本軍の行状とか朝日新聞に関するコメントが大部分って何なの(^^)。
これ以上、こんな調子のコメントが続くようならコメント欄閉じるよ。もー。
Posted by gyogyo6 at 2009年06月25日 19:34
結局は、何かを批判したいというおまいらの考えなんだろww
Posted by www at 2009年06月25日 20:31
 その時代に生きていないから本当のことはわからないけど、自分は思うんだ。「もし、自分がここで自決せずに捕虜になったら、そのことが、自分のコミュニティに伝わったら、自分の家族が、あるいは親族が後ろ指指される(差別される or いじめられる)のではなかろうか」と。その恐怖が彼等をして自決させたのではないかと。

 現代を生きる我々が、ここから学ばなければならないことは、はたして何だろう。
Posted by Mon. at 2009年06月25日 23:11
>現代を生きる我々が、ここから学ばなければならないことは、はたして何だろう。

事実を探求する努力もせず、安易な仮定に基づいて利いた風なことを口にするような人間にはなるなという事だ。
Posted by ngmz at 2009年06月26日 01:42
ここで憂国やら愛国をカキコしてる奴らは、
それに嫌味を言ってるbogusnewsはスルーなん?なんで?
下のトラックバックにデカデカと出てるだろ。
注意無いんで見落としたか。
それとも主幹に絡むのは嫌かw
Posted by   at 2009年06月26日 07:22
なんだこりゃ
気味の悪い連中だねぇ
マナーってもんを知らんのだろうか
Posted by tat at 2009年06月26日 13:25
島唄にはそんな意味があったのか。
うーんそれにしてもここのコメント欄は残念な人が多いなぁ。記事への感想がないなら自分のブログでやってりゃいいんじゃないの?
Posted by 通りすがり at 2009年06月28日 15:10
いや、ソースが朝日って時点でネタでしょ?

でしょ?ブログ主さん。
Posted by 捏造脱税新聞 at 2009年06月28日 15:19
>もー、音楽の話をしていたはずなのに

最初からそうは思えないが
Posted by ぐぐ at 2009年06月28日 17:29
日本軍が悪いこともしただろう。
結果的に沖縄の人達が何万人も亡くなったんだし、
沖縄の方々が日本軍を恨む気持ちも分かる。
現在でも米軍基地問題などがあるしね(ネトウヨ達は米軍基地の4分の3が沖縄に集中しているしていることについてどう思っているのだろうか)。

でも「極悪非道の日本軍だから」沖縄で悲惨な歴史が刻まれたのではない。
どこの軍隊でも同じ。
結局、戦争にならないようにつとめるしかない。そして、戦争を仕掛ける国は日本だけではない。
他国人に蹂躙されないように必ず防衛しないといけない。

9条信者で構成されているアカヒなんかは、また戦争になり日本人が虐殺されればいいと主張しているように思えて仕方がない。
Posted by   at 2009年06月28日 17:45
日本軍はアメリカから沖縄を守るために戦ったんだろ
それに原爆や空襲で本州の人も多く亡くなってる
当時の世論ではアメリカとの開戦は必至だった

あと、沖縄に基地が集中してるのはアメリカの所為
Posted by ad at 2009年06月28日 19:40
> 3つ上のぐぐさん。
このようなコメント群(ぐぐさんのじゃありません、念のため)がついてしまうのは私の不徳の致すところですが、

>>もー、音楽の話をしていたはずなのに
>最初からそうは思えないが
これは、上の記事のどこからそう判断されましたか。ご教示いただければ幸いです。
Posted by gyogyo6 at 2009年06月28日 22:34
何か朝日新聞やら沖縄を叩き、皇軍を讃美している書き込みを見ると、
そこに‘ひと’と言うものがすっぽり抜け落ちているような気がしますね。

歴史と言うものを考えるときには、そこにいた人が何を考え生きていたのかに思いを巡らせなければ、正しい理解を得ることはできません。なぜなら歴史は人によって作られるからです。

軍隊も人の集まりであり、皇軍にも米内さんや今村さんのような名将と呼ばれるような人もいれば、牟田口廉也などの愚将もいます。
それと同じく、沖縄にも、天皇陛下を慕って亡くなられた方もいれば、恨まれた方もいるでしょう。
それは朝日新聞も同じで、中には保守的な人も、中立の人もいて、最近は体制が少しずつではありますが変わりつつあるようです。

それを単純化し集団の名前だけで善し悪しを語るいうことは、そのなかにいる人を無視する行為に他なりません。

今は宮沢さんが日本の音階を使わせるに至った彼自身の思いを想像してみようではありませんか
Posted by malcolm at 2009年06月29日 05:59
>「彼らを死に追いやったのは、当時の日本の軍事教育」
批判する矛先がおかしいよね。
当時の日本は最後まで戦争を回避しようとしていたが、結局アメリカに引きずりこまれた。
黙ってアメリカの要求を聞き入れても、戦って負けても、行きつく先は国家消滅。周りの有色人種を見れば当然同じような運命だと考えるのは当たり前だ。
だから日本は必死に戦ったんだよ。
沖縄戦を戦った人には同じ日本人として誇りに思うし、巻き込まれた人は本当に気の毒だったと思う。この事実は絶対に忘れてはいけないことだと思う。

だけど訴える相手が違う。当時の軍事主義じゃなく人種差別をしていたやつらじゃないのか。

この歌にそんな意味が込められていたことは初めて知ったが、こんな理由だったらすべて沖縄音階で通すべきだったと思う。
Posted by 日本人 at 2009年06月29日 09:27
>黙ってアメリカの要求を聞き入れても、戦って負けても、行きつく先は国家消滅

国家のために国民が死なないといけないのか?
Posted by 、 at 2009年06月30日 03:14
>国家のために国民が死なないといけないのか?

今の価値観からしたらおかしいことなのかもしれない。
でも当時は人種差別が当然の時代。日本は列強側にいたから良かったものの、アメリカの要求をのみ続けることは最終的に、ただの弱小国家に没落すること、すなわち他のアジア国家のように植民地化に陥る可能性もあったということ。
あの時代に有色人種国家である日本がなぜ国際社会で安全を保っていたか。それは日本が地道に戦争を勝ち抜いて列強に名を連ねる程の軍事力・領土を含む国力があったからに他ならない。
有色人種が平和を唱えたところで身の安全は決して保障できない、当時はそういう時代。

白人の侵入を許すか国家を守るために戦うか。少なくとも他の有色人種国家と違って日本には命を懸けて守るに値する長い歴史があった。豊富な文化があった。これだけでも日本は戦う意義があったんじゃないか。私は当時の政府の判断は間違っていなかったと思う。

それに日本がアジアを代表して戦ったことによって、戦後のアジア・アフリカ諸国の独立運動に影響を与えたことは事実である。

だからこそ我々はその戦争の最前線で戦って玉砕していった人達を哀れむのではなく、最高の敬意を表するのが筋ではないか。
少なくとも日本人がそのことを悲観的に捉えたら、彼らは誰のために戦ったのか分からないではないか。

こればっかりは時代に恵まれなかったとしか言いようがない。そして時代に恵まれた我々は二度と同じことを繰り返さないように努めなければならない。
「戦争はいけない、そのいけないことを日本はやったから悪い国だったんだ」これを繰り返したところで戦争は絶対になくならない。

歴史を当時の目線で見て、正しく判断し、良い点は受け継ぎ、悪い点は反省する、そして初めて、明るい未来が開けてくると思う。
Posted by 名無し at 2009年06月30日 08:57
奄美は鹿児島
Posted by ほ at 2009年07月07日 12:13
国のためにとか、本当にいたのだろうか?
人間考えられて、自分の家族とか先祖までだと思う。

今も国のためになんて偽ってこのコメント欄で戦う必要って。。。

まぁ、家族のために戦うことは尊いことだと思いますが
アジアのためとか、国のためとか身の丈以上のスケールは読んでいて虚しい。

「島唄」って曲はすごく好きですねー。
あの曲調、沖縄音階と日本音階の変わり目もすごく情緒があって。

私のくだらないコメントは海を越えることはありませんが
歌は海を越えるって本当にすばらしいと思う。
Posted by 通りすがり at 2009年07月12日 16:18
↑何か突っ込み所満載だが、今の価値観で考えること自体ナンセンスだと言ってるじゃん。
事実はどうあれ当時の日本はアジア解放を大義名分としていたし、本当にアジア人が白人と同じ立場に立てることを願って死んでいった人もいた。そして負けたとは言え、結果的に目標はほぼ達成された。
その人達に向って身の丈以上とはあまりにもひどすぎるよ。
今私たちがこうやって平和に暮らしていけるのは当時戦ってくれた人たちのおかげ。
数多くの犠牲の上に今があることを忘れてはならないと思う
Posted by 名無し at 2009年07月13日 15:07
↑の人達は良いトコ突いてると思う。
しかし少し過ちがあると思います。
当時のアジア諸民族独立を目指す運動を、
「大東亜共栄圏」と言うのですが、
実際その時日本は戦争が激化して、他国を気にかけるよゆうどころか、自国の物資不足で
大変だった。
ではなぜそんな時に大東亜共栄圏を唱えたのか?
それは、
当時戦っていたイギリス、フランス等の植民地が、東南アジアであったからです。
この東南アジアの「味方」になり、
独立化を促進すれば、イギリス、フランスに
経済打撃を与え、上手く行けば、
日本の「植民地」扱いが出来、
兵隊等物資の調達も出来ちゃう!
そんな「下心」を持っていたんです
アジア独立も、実際
日本とはあまり関係していないんです
むしろ日本が邪魔だったくらい・・・。

長文失礼しました。最後に言っておきます。
戦争は沢山の人を殺しました。
いかに「必要な戦争」でも、
戦争はただの「殺し合い」なんです。
人には「言葉」があるんです。
本当に平和を望む世界なら、
辞書にも「戦争」なんて無い筈です。
しかし起きてしまった事は取り消せない。
過去を忘れろなんて言えません。誰にも。
しかし今の人々は戦争とは何かではなく、
戦争を防ぐ方法とは何か、を
考えるべきだと思います
Posted by 五右衛門 at 2009年07月17日 15:44
>アジア独立も日本とはあまり関係してない
>むしろ日本が邪魔だった

まぁこれも違うけどね
確かに日本は追い込まれた結果、東南アジアへの勢力拡大を狙った。敵国が植民地支配してたから尚更だ
でもそれは時代の流れからしたら当然のことであろう

その前にヨーロッパが東南アジアを植民地にしていたのも時代の流れからしたら当然
となるとやはり結果が重要視されるだろう

何百年も支配し、搾取し、人種差別し続けたヨーロッパ諸国と、
自国の利益のためともあったとは言え、東南アジアの宗主国を撃退し、学校教育に力をいれ、現地語を公用語化し、最低辺だった識字率を上げた日本
どちらが良いか悪いかは明白であろう

それにそれまで白人になんて勝てないと思われていたところに、同じアジア人である日本人がやってきて、目の前で白人を倒している光景を見たら自ずと自信が湧いただろうし、
戦後もインドネシアに残って現地人と一緒に独立を戦った日本兵もいる
これでも日本はアジア独立には関係ない、邪魔だと言えるだろうか。

何も日本がしてきたことを全肯定するわけではないが、白人国家と比較したときに、やはり日本の功績は評価されるべきであると思う。
戦前のことを今の価値観でとらえるなら、絶対悪い時代だったと感じる
しかし人権軽視の当時からしたら、弱い者は強い者に従うということだけ、そこに善悪などないのである

がしかし我々は過去の過ちは繰り返してはなないと思うと同時に、この事実を風化してはいけないと思う
Posted by 名無し at 2009年07月18日 11:28
こんにちは。サイト拝見しました。とても良い記事ですね。最近私のサイトを作ったのでよかったらどうぞ見て行ってください
Posted by メル友 at 2009年10月06日 15:50
なんで日本の軍事教育が死においやったと考えてるのに、その部分を日本音階にしたのかな?

むしろそここそ日本音階では歌えないが正解じゃないの???
Posted by k at 2010年08月15日 09:36
ぼくの知っているそれなりに有名な沖縄のミュージシャンは別の意味でこの歌への違和感を持っているようです。それが何かを語りませんが。
Posted by tu-ta at 2010年08月22日 03:01
一番大事なことが語られていないようですね。

「音楽的に必要だったから二種類の音階を使用した」

とは考えられませんか?

沖縄音階は、「典型的にセンチメンタル」な情緒を描くにはちょっと違う、別に沖縄音階に固執してメロディが不自由になるのもいやだ、と思うこともあり得ると思いますが。
Posted by ♪ミュージシャン at 2011年04月02日 11:47
がしかし我々は過去の過ちは繰り返してはなないと思うと同時に、この事実を風化してはいけないと思う
Posted by gladysnichole at 2012年11月30日 11:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック