2009年08月07日

言い訳無用

のりピーはどこへ行ってしまったんでしょうか。という話ではなく、同じころに活躍していた斉藤由貴のお話です。

彼女(斉藤由貴ですよ、お間違えなく!)は歌手としての活躍も結構息が長くて、それなりにアルバムも出しているんです…が、まさか彼女まで紙ジャケになるとは思わなかったなあ。

ここで「斉藤由貴というアーティスト」論を大々的に展開したいところですが、しかしそれは非常に言い訳くさい。要は、私はその昔「由貴ちゃん、好きじゃあぁっ!」だったという、それだけの話です。いや今でも好きですが。当時はビンボー学生だったから貸しレコードで済ませちゃったことも。もちろん録音したカセットテープはAXIAだったですよ。

紙ジャケ、2枚だけ買いました。やっぱりええのう。気が向いたらもう少し買うかも。…まさか、即売り切れたりなんてことないよな?

B0027HJ12M ガラスの鼓動(紙ジャケ+HQCD)
斉藤由貴
ポニーキャニオン 2009-08-05

by G-Tools
B0027HJ136 風夢(紙ジャケ+HQCD)
斉藤由貴
ポニーキャニオン 2009-08-05

by G-Tools

この『風夢』に収録の「ひまわり」がねえ、谷山浩子の曲でいいんだわ…みたいなことは書かない。ほらー、かわいいよなー?(で、いま気が付いたのですが、「ひまわり」で谷山浩子は作詞だけだった。作曲は崎谷健次郎。ずっと間違えて記憶していた)


posted by gyogyo6 at 23:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | よい音楽(竹) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新譜の「POETIC Live 1986」は売り切れで、入手できなくなってる。
Posted by 通りすがり at 2009年08月08日 01:18
>通りすがりさん
情報ありがとうございます。同時発売タイトルのうち、「POETIC Live」は再発じゃなくて蔵出し音源なんですよね。店によっては店頭に残っているでしょうけど、追加出荷してくれたりすると嬉しいですが、初回限定生産でしたっけ?
Posted by gyogyo6 at 2009年08月08日 23:56

担当音楽プロデユーサーの10日のブログに、
「今日まで欠品していたPOETIC LIVE CDようやく欠品解消されたようです。」
と書かれていました。

http://jomon-blog.jugem.jp/?day=20090810
Posted by 通りすがり at 2009年08月11日 00:30
通りすがりさん(上の「通りすがり」さんとは別の通りすがりさんでしょうか。できれば名前を入れていただけるとありがたいのですが)、こんにちは。

プロデューサー長岡氏のブログなんてのがあったのですね。「POETIC Live」結構良さそうなので、見かけたら買ってみようかと気持ちが傾いています。

この紙ジャケのシリーズは、LPから起こしたと思しきジャケット・ブックレットの印刷が若干不鮮明なのが玉にきず(可愛さ半減)ですが、私は総じて満足しています。
Posted by gyogyo6 at 2009年08月11日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック