2011年08月15日

甲子園エースのお父さんは音楽家

夏の高校野球もたけなわです。今年の兵庫県代表は、5年ぶりの出場となる東洋大姫路高校。今日の3回戦を快勝し、準々決勝に進出しました。

今年のチームの主戦は原樹理投手。県大会の決勝では延長15回引き分け再試合、合計24イニングとなる激戦を投げ抜いてきました。疲れも溜まっているでしょうが、がんばってください。

ところでその原投手ですが、お父さんは音楽家なのだそうです。関西の大学で長年教えておられた声楽の先生。原君が小学生のとき、遊びで投げていたボールの速さを見て、素人目にも素質を感じて野球の道に進ませ、自らも経験のない野球を周囲に教わりながら「個人レッスン」で一緒に練習していたのだそうです。面白いなあ(朝日新聞大阪版・2011年8月11日夕刊「音楽家の父 才能発掘」より)。原君は3人兄弟の末っ子だそうですが、お兄さんたちはどんな道に進んでいるのかちょっと知りたいです。

(余談ですが、三兄弟の名前は「長男:玲奈(れいな)、次男:理恵(ちさと)、三男:樹理(じゅり)」だそうで、ちょっとユニークな命名です)

東洋大姫路の5年前の夏は、今年プロ入りした乾真大投手がエースでした。乾投手と音楽(ピアノ)の話と言えば、このブログでも「東洋大姫路の乾君」をはじめ、カテゴリ「野球とピアノ」の中で何度か書いてます。この学校のエース投手は何かしら音楽に関わってることが条件なのか、と思うほど。偶然とはいえちょっと面白い。

5年前の東洋大姫路は、準々決勝で田中将大のいた駒大苫小牧高校に1点差で敗れています。今年の東洋はどうなるでしょうか。準々決勝の組み合わせ抽選は明日です。

ところで

高校野球の、民放(朝日放送=テレビ朝日)での中継のスポンサーに「大阪芸術大学グループ」があります。CMでは「来年から声優コース開設!」とかいって野球とはあまり関係無さげな大学ですが、どうしてスポンサーになってるんでしょうか。「大阪芸大野球部で神宮を目指せ!」とか? そもそも野球部なんてなさそう、というか体育会自体なさそうですが。

posted by gyogyo6 at 16:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | 野球とピアノ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念、準々決勝で光星学院に1-2で敗退です。
Posted by gyogyo6 at 2011年08月17日 17:09
芸大生です。
甲子園中継は芸大の放送学科の学生たちが関わっているのでスポンサーというよりは放送している側なんです。
声優コースはその放送学科に新設されたので宣伝しているのだと思いますよ^^

蛇足になりますが、軟式野球部もあります。
Posted by Hoff at 2011年09月03日 00:13
おお、大阪芸大の方ですか。
そういう事情があったのですね。教えていただいてどうもありがとうございます。

芸大に軟式野球部があるのもびっくりです。
Posted by gyogyo6 at 2011年09月04日 00:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/220478535

この記事へのトラックバック