2012年05月08日

1ヶ月後のピアニスト(マウンド上の)

開幕1カ月が過ぎて マウンド上のピアニスト君、日本ハム乾真大はいかに。

(前回のあらすじ: 「マウンド上のピアニストw」)

現在のところ、起用のされ方はほぼ決まっています。「負けてる時(又は、大量リード時)の救援」です。イニングの頭からだったり、ランナーが残ってる場面での文字通り救援だったりさまざまです。まあこれが、チームの中で今与えられている役割であり、そしてその役割を確実にこなしている、というところでありましょう。ここまで登板8試合、通算10イニングで被安打3です。

一度だけ、違うシチュエーションでの起用がありました。先発のケッペルがアクシデントのため1回を投げただけで降板、2回の頭からスクランブルで登板した4月10日福岡ソフトバンク戦です。いきなり来ましたよ、ピアニストに例えると「コンサートで予定の演奏家が突然キャンセルし、代弾きが回ってきた」ようなもんで、一躍注目を浴びる場に引っ張り出されたわけですね。

で、マウンド上のピアニスト君は2,3,4回の3イニングを1安打に抑えますが、その1安打が決勝の2ランホームランだった、というわけで黒星がついてしまいました。うむプロは甘くない。

とはいえその失点が今年唯一の失点であり、他の日ハム中継ぎ陣とともにしっかり試合を作っているといえます。ていうか日ハムの中継ぎ投手は今年みんな安定していてうらやましい限り。(現在首位ですしね!)(注)

シーズン中の配置転換はなかなか難しいのも事実ですが、そろそろ違う場面でのピッチングも見たいところです。だいたいさあ、「負けてる時の中継ぎでしっかり抑えている」ピッチングばかりだと、ニュースのダイジェスト映像に登場する機会がないんですよ(笑)。

ライオンズの大石投手が先日中継ぎでプロ初登板しましたが、彼とは同期です。タイプはだいぶ違いますが、任された場で二人とも活躍してほしいものです。

(注)…と書いていたんですが、今夜の試合(大量リードパターン)で今年2度目の失点(失点1, 被安打2)。乾以外の中継ぎ陣も今日ばかりは失点を重ねて危うい限り。がんばろうぜ。

登場曲ですよっと↓

B0057MK5AG Everybody Go (ジャケットC)
Kis-My-Ft2
avex trax 2011-08-10

by G-Tools

posted by gyogyo6 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球とピアノ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269137540

この記事へのトラックバック