2012年07月17日

マウンド上のピアニストの前半戦を振り返る

日本ハムは今日でオールスター前、前半戦の戦いを終えました。(阪神と違って)好調で良いですね。というわけで。

乾投手の前半戦であります。今年は開幕からずっと一軍ブルペンで、主に「リードされた展開での中継ぎ」「対左打者の抑え」として起用されるパターンが続いています。前半戦の登板30試合。

4月3日。今季初登板。

4月10日。先発のアクシデントで2回からスクランブル登板。敗戦投手。

5月17日。プロ初ホールド。

5月28日。プロ初勝利。

そして7月7日の七夕の日。ちょっと不思議な「プロ野球タイ記録」を作ってしまいました。

札幌ドームの福岡ソフトバンクホークス戦の9回、乾と対したホークス明石が散々ファールで粘って四球を選び出塁したのですが、打ったファールが何と15本、一打席に19球も投げ、これが65年ぶりのプロ野球タイ記録なのだそうです。

延々ファールを打ち続けた明石はコーチから「"前に飛ばないTシャツ"発売やな」とからかわれ、思わず笑い出しそうになりながらも投げ続けた乾は、これもコーチから「俺なら面倒くさいからさっさと歩かせて次の打者を抑える」とよくわからないアドバイスだか賞賛(?)だかを受けてます。

根負けして歩かせた乾はこの後連打を浴びて失点してしまうので、これはこれで意味のある明石の粘りでした。

現在チームの中継ぎ陣が全般に疲弊しているようで、勝ちパターンの継投でも終盤に失点を重ねるケースが多くなかなか調子が上がってきません。現在チームはCS圏内につけていますが、後半戦はリフレッシュして優勝争いを繰り広げてほしいものです。そして乾投手にも、前半戦以上の活躍を期待しましょう。

成績は、30登板、投球回26 2/3、防御率4.73、1勝1敗,2H3HP。もうちょっと防御率を良くしないとですね。投球回が少ないので、失点するとすぐ跳ね上がってしまうのが辛いところです。


posted by gyogyo6 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球とピアノ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック