2012年10月02日

帰ってきたマウンド上のピアニスト

「後半戦はより活躍を期待しましょう!」と以前私がブログに書いていた日本ハムの乾投手、なんですが、残念ながらあまり活躍できませんでした。二軍落ちしていたからです。

中継ぎ投手として抑えたり抑えられなかったりという投球が続いていましたが、中継ぎでそういう不安定なピッチングはダメだよということで8月3日に登録抹消。ほどなくして同期の斎藤佑樹も二軍落ちとなり、二人して鎌ヶ谷のファームでピアノの練習をしていたものと思われます(笑)。

二人のいない間に日本ハムは熾烈な首位争いから一歩抜け出し、ついに優勝マジック点灯。そのタイミングで乾が一軍再昇格となりました(9月28日付!)。なおその翌日に斎藤も一軍に戻ってきています。やったねまた二人札幌でやれるよ。しかしどうも乾は斎藤の帯同馬扱いされているんじゃないかという疑惑も(笑)。

そして二人そろって9月30日ソフトバンク戦で一軍のマウンドに戻ってきます。リードされた状況で二人とも中継ぎ。乾はピンチを招いて降板するも後続に救われ(救援が救援を受けてどうすんだよ)、斎藤も初のリリーフ登板でしたがなんとか無失点。この試合はNHK-BSで中継されていたので見ていましたが、なんか、二人とも肉付きが良くなってたくましく見えたのは気のせいでしょうか。試合は引退するホークス小久保デーとなって完敗、チームは残り3試合でマジック2のしびれる状況です。…と言ってるうちに10/1にライオンズが敗れファイターズのマジックは1に。今日(2日)にも優勝決定の可能性があります。

今のところ、二人に与えられた役割は「リードされて辛い状況を踏ん張る」という難しいところですが、なんとか胴上げの輪に加わってほしいものです。頼むよ!

posted by gyogyo6 at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球とピアノ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/295055492

この記事へのトラックバック