2012年12月02日

マウンド上のピアニスト 2012年

というわけで北海道日本ハム乾真大投手の2012年が終わりました。

今年の乾を簡単に言うと「開幕から一軍スタート中継ぎ&ワンポイント起用初ホールド+初勝利一打者に19球投げて日本タイ記録、夏場に二軍落ち、シーズン末に一軍復帰、日本シリーズベンチ入り(登板なし)、なんかいつも斎藤と一緒」でした。

数字を並べると「36登板 投球回32 2/3 1勝2敗2H 奪三振32 被本塁打3 自責点20 防御率5.55」。

その結果が

36試合に登板し、1勝2敗2ホールドの乾は420万円増の1300万円、8月に1軍昇格後、2勝を挙げた中村は570万円増の1350万円でそれぞれ更改した

と地元紙によって論評抜きで伝えられています(11/30付)。来年は更改時のコメントも記事にしてもらえるようがんばれよ!

なお、秋季キャンプでアピールする乾投手の様子は以下の通りであります。

乾120球!!猛アピール!栗山監督「気になる存在」…日本ハム:プロ野球:野球:スポーツ報知

…あれ、記事が削除されてるわorz

私の同居人は「努力する才能が人一倍優れているのは分かってる」と言ってますが、来年は大卒3年目、結果が求められる年でもあります。本当にがんばれよ!

posted by gyogyo6 at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球とピアノ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック