2014年01月30日

Windows XP→7のアップグレードにつまづいた話

同じことをしようとする人がどれだけいるのか分かりませんが、これにモロ引っかかって時間を無駄にしたのでご報告。

新規ハードディスクやフォーマットしたハードディスクにアップグレード版パッケージを使用して Windows 7 の新規インストールを行うと、エラーが表示されてライセンス認証ができない (Microsoft)

XPのサポートがもうすぐ切れるので7に替えようと考える人が他にもいらっしゃると思いますが、気をつけてください。

我が家のWindows環境ですが、MacBookをMacBook Airに買い替えた際に、古いMacBookをWindows XP専用機に仕立てて使い続けていたのです(記事)。マシンスペックは以下。

  • MacBook (初代。2006年産)
  • CPU Intel Core Duo 2.0GHz (残念ながら32bit CPU)
  • GPU Intel GMA950
  • RAM 2GB(←1GB) 667MHz DDR2
  • HDD 160GB(←120GB←80GB) SATA
  • 無線LAN AirMac Extreme (802.11b/g, Max 54Mbps)
  • ディスプレイ 13inch 1280x800
  • OS Windows XP(←OSX 10.6 Snow Leopard←…←OSX 10.4 Tiger)
  • バッテリー とうの昔にヘタレて死んでます。交換する気なし

そんなわけで、こいつをまだまだ延命させてやろうと、Windows 7のアップグレード版を購入、ついでにHDDをSSDに入れ替えて、ちょっとでもスピードアップを図ることにしました。

Windows XPから7へはいわゆる「上書きアップグレード」ができず、7の「新規インストール」の方法しかありません。ここで、「新規インストールする際にSSDも一緒に入れ替えれば手間は一度で済むんじゃね?」と考えたのが間違いのはじまり。ネットで「アップグレード版でも新規インストールできました」という記事もちらほら見かけていましたし…

ということでHDDを取り外しまっさらのSSDに入れ替えて、Windows7を新規インストール。インストール自体は案外時間がかからず、「おっSSDの効果か」と思ってました(たぶん違う)。その後140件以上のアップデートにはまいりましたし、Mac用のBoot Campのインストールもやたら時間がかかりましたが…

で、プロダクトキーを入れて認証しようとしたら、エラーですよ。あれれ? と思って調べたら、上記リンクのような次第で。要はリンク先記事にあるとおり、「Windows XPが動いている状態からインストールを開始しないと、XP→7のための新規インストールであってもアップグレードと認められない」だったようです。

なお、アップグレード版パッケージで利用可能なインストール方法は、次の 3 つです。

•Windows Vista SP1 以降が起動した状態で、Windows 7 のセットアップ ディスクを挿入し、[アップグレード] を選択する。
•Windows XP、または Windows Vista が起動した状態で、Windows 7 のセットアップ ディスクを挿入し、[新規インストール (カスタム)]を選択する。
•Windows XP、または Windows Vista がインストールされているコンピューターで、DVD ブートから [新規インストール (カスタム)] を選択する。

長々とソフトウエアアップデートをした後に気づかせるとはなかなか意地悪です。

さいわい元のHDDはそのまま残ってましたので、まずこのHDDの内容をそのままSSDにコピーして(コピーツールはSSDについてきましたが、ネットからダウンロードするのがまた遅いんだプンプン)、SSD上のXPで改めて起動、そこから「新規インストール」を行うことで無事7も認証されました。

うーん、えらく時間を無駄にしました。これ、元のHDDを消してしまってたら詰んでたな。こわいこわい。

SSDに交換後、Windows 7 on MacBookは今のところ快調です。本体がご老体のためにどれだけ保つかはわかりませんが、壊れるまで使い倒してやろうと思います。それにしてもこのMacBookは頑丈ですね。何台もMacを使ってきましたが、8年も動き続けるのはこれだけだ。

なお入れ替えたSSDはA-DATA製の128GB、評判では「安価だが速度が遅い」とあまり評価がよくありませんが、もともとのマシンはSATA(1.5Gb/s)とさらに遅いので、ここがボトルネックにならんだろうと割り切ってこれにしました。この判断は間違ってないと思います。もっと速いマシンを使ってる人は、ToshibaなりSamsungなりの高性能を売りにしているヤツにすればいいでしょう。

今回購入したモノ

B004VCXWO4 Microsoft Windows 7 Home Premium アップグレード版 Service Pack 1 適用済み
マイクロソフト 2011-07-15

by G-Tools

私のような失敗をしないよう、手順にはくれぐれも注意を。Amazonにはもっと安いDSP版もありますが、とりあえず安心の正規版を購入しました。なおWin8という選択肢は最初から自分の中にありませんでした。今は8の方が安いけどね。

B00C1TQL4M A-DATA ASP900S3-128GM-C-7MM ADATA 2.5"SSD 128GB SATA6G
A-DATA

by G-Tools

ご存じの通りそれなりの性能ですが、データ移行ソフト(のダウンロード権)も3.5インチベイ用ブラケットもついています。ただ、移行のためにはUSB接続のケースが必要なので急遽近所の家電店で買ってきたものが以下のもの。千円もしない。

B004D67YNS Logitec USB 2.0ポータブルハードディスクケース LHR-PBGU2
ロジテック 2010-11-19

by G-Tools

常用するつもりはありませんでしたが、元のHDDを入れて使えそうです。USB2.0接続ですがこの価格なら文句はない。



(付録)

CrystalDiskMarkでの数値。前がSSD、括弧内が旧HDD。単位MB/s。SATA接続のため、元がどんなに速くとも150以上にはならない。まあこんなもんでしょう。

Seq R/W          116.95/98.86 (70.26/68.63)
Rnd R/W 512K    111.53/95.55 (24.35/25.57)
Rnd R/W 4K(QD1)  12.54/32.85  (0.29/0.75)
Rnd R/W 4K(QD32) 17.29/58.94  (0.47/0.71)
posted by gyogyo6 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 林檎 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック