2014年11月25日

Song of the Year 2014

「今年もっとも世間に浸透した曲」といえば「レット・イット・ゴー(ありのままで)」を置いて他にはないですね。曲としては「生まれてはじめて(For The First Time In Forever)」のほうが面白くて好きなんだけれどもいかんせんこいつは歌うのがちょっと難しい(まーレリゴーも簡単ではないけれど)。

それにしても外来ミュージカル映画の主題歌が大ヒットするなんて1950〜60年代ぽくて面白い現象でした。これはちょっと予想できなかった。大ヒットなんて社会現象はえてしてそういうものですが。


普通なら日本レコード大賞(まだあるんだ…)間違いなしってところですが、いろんな力関係やら何やらかんやらでノミネートなし。そのかわりに「特別映画音楽賞」という謎の賞が設けられ、そちらを受賞しています。(あと『妖怪ウォッチ』が特別賞)

第56回 輝く!日本レコード大賞

「アナ雪」主題歌は大賞候補ならず…原則論で選考から“除外”

↑を読みますと、「日本国内で最初に発表された作品について選考審査を行う」のが原則らしく、レリゴーは英語版が先に米国で発売されてるから対象外なんですとよ、「アナ雪」側は別にこんな賞欲しくもないのでしょうけど。そういうことしてるから権威も注目度も再浮上しないんだと思います。


posted by gyogyo6 at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | オぴニオンw | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック