2016年01月06日

松田聖子が残念だった

昨年に続きまして紅白ツイートより。

今年(2015年)の大トリは松田聖子「赤いスイートピー」。しかし。

と、音楽学者の増田先生が松田聖子さんの歌唱法に苦言を呈しておられました。私も似たようなツイートをしてます。

表現が稚拙ですが言わんとすることは同じ(だと思います)。

私や増田先生に限らずあの「溜め」が気になる方が多かったようですが、私がそれ以上にショックだったのは予想していたとはいえこちらの方。

「赤いスイートピー」の本来のキーはG(ト長調)ですが、この日のセーコちゃんは1度低いF(ヘ長調)でうたってたのですね。ああーこんなの「赤いスイートピー」じゃないよぅ…。

最近のセーコさんはキーを下げてうたうことが多かったのですが、やはりこの日も。シャープ(♯)する調とフラット(♭)する調って、印象がずいぶんと違うじゃないですか。色合いが。原曲にあった明るさが、ずいぶんと減ってしまっている。「春色の汽車に乗って」にならないですよFのキーなら。キーを下げることについては、作曲者の呉田軽穂ことユーミンも了解済みなのでしょうか。

私らがカラオケで歌うときに「あーちょっときついからキー下げるね」とリモコンのボタンをポチッと押すのはまあ愛嬌ですが、プロの歌手が自分の歌でやってほしくないのよなあ…。

松田聖子さんにおかれましてはぜひ今以上にボイストレーニングを重ねて、元のキーでうたえるようにお願いしたいものです。「聖子の代表曲と言えばこれ!」的な位置の「赤いスイートピー」なだけに、余計にそう願います。

口直しに、年末に買ったベスト盤に収録されているオリジナルバージョンを聴いていました。(リンク先から試聴可です。DISC3の1曲目)

B017IA8B5K 「We Love SEIKO」-35thAnniversary松田聖子究極オールタイムベスト50Songs-(初回限定盤A)(3CD+DVD)
松田聖子
Universal Music =music= 2015-12-08

by G-Tools

なお私の毎年の紅白ツイートはこちらになります

ギョギョームトレードマーク(TM)(@gyogyo6)/全年12月31日 - Twilog

posted by gyogyo6 at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | よい音楽(竹) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もちろんボイストレーニングは重要だと思いますが、いつまでも同じキーで歌う歌手ならアンドロイドの歌手で十分じゃないかな。音楽にうるさい人たちほど「音楽的視点」からしか歌手を見ないのは仕方がないようには思いますが、私は「ああ、聖子も人間なんだな、年をとればいろいろかわってくることもあるんだな」という風に経年変化も含めて「歌+人間」を味わう方が、歌の楽しみ方としては贅沢な楽しみ方だと思います。単に「音楽」を楽しみたければCDでも聞けばいいわけだし。
Posted by 太郎 at 2016年01月07日 00:48
シニカルヒステリーアワーの検索していて、ギョギョームさんのブログにたどり着きました!私もギョギョームさんに同じく、近頃の松田聖子は歌の面で残念だと思いますね。持ち前のプロ意識で頑張って維持して欲しいな〜…と。やはり聖子ちゃんには期待が大きいんですよね!
Posted by ぎゃんだか at 2016年03月26日 19:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432208719

この記事へのトラックバック