2016年03月19日

阪神チャンステーマのバージョンアップ(?)

気がつけばプロ野球開幕まで1週間。今年は開幕前にややこしい事件が続出しておりますが。

さて阪神タイガース応援団には「ヒッティングマーチ委員会」というのがあり、応援歌・ヒッティングマーチの制定や管理をやっております。2016年シーズンはマイナーチェンジなんですが(しょっちゅう変えられても困りますが、新たにマーチを作るに値する選手がいなかったということでもあり少し寂しい)、微妙な改正点としてこんなのがあります(引用は上記リンクのサイトトップページより)。

チャンス牙の、一部の歌詞と「Go!」部分のリズムを変更します。(略)「Go!」のところをシンプルに「Go! Go! Go!Go!Go!」に変更します。

「チャンス牙」とは2015年からうたわれるようになったチャンステーマで、新しいこともあってイマイチ浸透してませんでした。今年になって何が変わったかということですがヒッティングマーチ公式のYouTubeで比較してみましょう。

2015版

2016版

最後のGo!を連呼するところ、旧版は「ドン!ドドン!ドドン!ドドン!」だったのが、「ドン!ドン!ドンドンドン!」と単純なリズムに置き換わっています。8ビートから4ビートへ。

タイガースの応援は原則「ドン!ドン!ドンドンドン!」の昔ながらのリズムがベースになっていて、あんまり複雑なものはありません。応援の年齢層が広いためか広い球場中で応援を合わせる必要があるためか(甲子園だとライト側レフト側外野席・一塁側三塁側アルプス席・内野席全てでコールが起きますから)、その辺はわかりませんが。ただ選手ごとの応援歌と違う「チャンステーマ」(今回の「チャンス牙」と同じカテゴリー)には
『パーンパパンヒュー』のフレーズが出てきたり、
『ドンドドンドドン』とシンコペーションしたり、
と若干凝っているのもあります。なのに「チャンス牙」の「ゴーゴゴー」がボツになったのはなぜなのか解せぬ。こんなんじゃ合わへんわみたいな苦情でもあったのか。ちょっとノリにくくはありますが、他球団やサッカーの応援では速いテンポでえらく複雑なことをやってるのもあるのに…。

まあそんなわけでちょっとはみんなで合わせやすくなったのかな。でもこの曲あんまり格好良くないので、できれば他のチャンステーマでお願いしたいところです。




ところでプロ野球をめぐる「事件」ですが、いっそのこと開幕から1か月くらい無観客試合でやればどうかと思うんですが、そうしたらこういう応援も見られなく(聞けなく)なるんですよね。難しいところですわ。

posted by gyogyo6 at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 五輪(スポーツ)と音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック