2016年04月12日

ピアノマン、トレードで巨人へ

乾真大投手、北海道日本ハムではちょっと居場所がなくなっているなと感じていたところ、とうとうこの日が来た。

巨人が日本ハム乾獲得 大累と交換トレード発表 (日刊スポーツ)

読売ジャイアンツとトレードが成立 (北海道日本ハムファイターズ公式)

かつての某国通信社のように、論評抜きに報じたい出来事です。

行き先が巨人というのだけが大いに気に入らないですが、求められて行くのですから静かに見守ろうではないですか。移籍先での活躍を願って…いや、あのチームにはあんまり勝ってほしくねえなあ、やっぱ複雑だなあ。まあでも、マウンド上のピアニスト読売編をこのブログでも続けたいと思います。


それにしても今のところプロ唯一の勝利を挙げた相手への移籍です。4年前のあの試合で打ち取ったバッターが現監督の高橋由伸というのも面白いじゃないか。

あと、あの球団で賭博だけには手を出すなよ。あ、ひょっとして巨人にしてみると高木京介が賭博でいなくなり手薄になった左の中継ぎ補強という意味がありそうで、うーむうーむうーむなのですが。


移籍の報を聞いて、このブログで乾くんのことを取り上げた記事をずっと読み返しました。10年前、高3夏の甲子園出場直前の記事が最初だ。長いこと見てるなあ。

あと、同期入団で何かと一緒にいたっぽい斎藤佑樹くんの行く末が気になります。元ハンカチ王子はピアノマンと別れてどこへ行く。

posted by gyogyo6 at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球とピアノ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック