2018年12月17日

サブスクはじめました

今月、Apple MusicとSpotify(Premium)に加入した。とは言っても両方ずっと使い続けることは多分ない。Apple Musicの方は当初3ヶ月無料、Spotifyは当初3ヶ月100円、というキャンペーンを利用して、このお試し期間の間にどちらを継続するか見極めるつもりでいる。

それまでも、契約しようしよう次の春までにはしようと思いながらなかなかきっかけがつかめずにいた。

踏ん切りがついたのはこのアルバムである。

銀河鉄道の夜・特別版

これは30年以上前のアルバムのリイシューで、私はCDを購入するためにネットショップで予約していた。そうしたら円盤発売のその日にサブスクリプションで配信スタートである。

もちろん、フィジカルには綺麗なジャケットも付いてくる、読み応えあるブックレットもついてくる。私はそのために買ったので満足である。でもこうした限定盤すらも即日サブスクに入るのを目の当たりにして、気がついた。

加入するなら今だ。

そして次の日にブルース・スプリングスティーンのこいつが配信に入った。

Springsteen on Broadway

昨年10月から今年12月までブルースがブロードウェイの劇場でロングラン弾き語り公演を行なって話題になっていた、その千秋楽のタイミングでライブ盤がリリースされた。それでまた即日配信である。

もう潮時だろう。私はその日に契約した。

世の中に音楽のサブスクリプションサービスはたくさんある。2つの他にも、AmazonやGoogleのサービス、日本のやつではLINEやAWAなんかもよく紹介されている。

料金はほぼ横並び。あとは内容の差となるが、私がApple MusicとSpotifyを選んだ決め手はそんなところではなかった。理由はただ一つ、「自分が出入りしている場で話題になってるのがSpotifyとApple Musicしかない」からだ。周りのみんなが使ってるサービスを自分も使うのが一番いいだろう? という実にコミュニケーションファーストな考えである。

「あっちは何千万曲、こっちは何千万曲、あっちの方が多い」みたいな話は全く関係ない。何千万曲を全部聴くわけではない。自分の聴きたい曲、誰かが聴いてるのと同じ曲がそこになければ、何千万曲何億曲あろうが関係ない。

もちろん上記の2作品は、SpotifyでもApple Musicでも聴ける。

https://open.spotify.com/album/0jonjaeaCQqbwtDXM8T4v3?si=LD4qjDmzRCmsAyiYagK0wg

https://itunes.apple.com/jp/album/springsteen-on-broadway/1445588120


上がSpotifyの「銀河鉄道の夜」へのリンク、下がApple Musicの「Springsteen On Broadway」へのリンク。お手軽なものです。

実際に2つのサービスを体験してみると、インターフェイスはどちらも特徴があって甲乙付け難い。聴きたい曲はSpotifyの方が勝る。Apple Musicは既に自分のiTunesの中にある、大量にリッピングしたCD音源と統合して扱えそうな点も魅力的だ(もっとも、このせいでiCloudミュージックライブラリを有効にして使えるようになるまで随分と時間がかかってしまった)。

そんなわけで最終的にどちらを選ぶのか、当分悩みながら楽しむことになりそうである。今のところSpotifyが一歩リードかなあ、と言っておこう。



というわけで1年ぶりのブログ更新でした。



posted by gyogyo6 at 23:19 | Comment(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。