2007年09月04日

この分析は絶対違うと思うんだ

iPodなどのポータブルプレイヤーに関するアンケート

Impress Watch - ポータブルオーディオプレイヤーについて [先進ユーザーアンケート]

というのがちょっと前に公開されていました。ふむふむ、と読んでいましたが、その中で気になる分析がありました。「使用しているオーディオフォーマットは何か」という設問。

使用しているオーディオフォーマットは対応機種に依存するが、iPodのシェアが高いわりにAACの比率が高いとはいえない。一方MP3の比率はかなり高い。iTunesではデフォルトのフォーマット設定がAACとなっているが、これをMP3に変更して使っている人が意外に多いということになる。

いや、これは違うと思います。(データの詳細は、リンク先をご覧ください)

このアンケートは Impress Watch 読者、 goo リサーチモニターという2つの母集団で同じ設問のアンケートを行い、結果も別々に掲載されています。 Impress Watch のほうは、iPod の占有率39%に対して「AAC を使用(iTunes で初期設定を変えないと、これになるはずです)」が26%。 goo のほうは iPod のシェアが35%なのに「AAC 使用」はわずか9%。「MP3」と答えた人が53%にものぼっていて、上のような分析になっています。

ですが、これは正しいのでしょうか。というか、アンケートに協力した人が正しく回答しているのでしょうか?
というのは、カジュアルに使っている人は、そもそも「オーディオフォーマットは何か」など気にしないのではないかと思うからです。

iPod (そして iTunes )を使うときに、いちいちオーディオフォーマットを確認するのでしょうか? そんなものを気にせず使えるのが iTunes のいいところのはず。で、本当は AAC で使っているのに、「音楽プレイヤーといえば MP3」だというイメージのある人が、確かめずに「ああ MP3 だわ」と答えている可能性があるんじゃないかと思います。
goo の方には「(フォーマットが何か)わからない」と回答した人が28%もいるあたり、「わかんないけどたぶん MP3」と答えた人も結構いるんじゃないでしょうか。要は、「MP3」というブランドイメージ(?)が強すぎるんじゃないかと。どうですかね。

かつて、小型カセットプレイヤーはなんでも「ウォークマン」と呼ばれてました。いま、この手のプレイヤーはなんでも「アイポッド」と呼ばれることもあるらしい。ですがそれ以上に、これは「エムピースリープレイヤー」なのです。実際どんなファイルを再生していようとも。
(余談ですが、このブログも「○○(曲の名前)+mp3」というキーワードで検索されてこられる方が結構いらっしゃいます。「無料ダウンロード」なんて言葉もついてたり。ご期待に添えなくてすみません)

このアンケートは、他にも Impress Watch と goo では母数が10倍以上も違うのにグラフのパイの大きさが同じだったりと、ちょっとどうかと思う点もありますが、そのへんを考慮しながら読みますとなかなか興味深いです。ああ自分の使ってるイヤフォンはどマイナーなんだな(^^)。



posted by gyogyo6 at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。