2016年09月03日

iPhone SEに機種変し、支出の計算を見直す

iPhone SEの発売直後にこんな皮算用をしていまして、

「格安SIM」は本当に格安なのか考える (2016.3)

「SIMフリー機+MVNO(格安SIM)」か「auで機種変」かしばらく逡巡した末にauでの機種変に決めたのですが品薄地獄にはまり結局手続きが6月迄ずれこみました。機種変から3ヶ月経ち、これを書いてるのがもう9月です。AppleがiPhone7の発表を予告して世間はそろそろ新機種を買うべきか買わざるべきかの話題に移行しつつありますが(あまり盛り上がってるようにも見えませんが)、

とりあえずの結果報告です。

手続き待ちの間に、条件の変動もありました。

  • SIMフリー版の値段(アップルストア価格)が値下げされた(格安側に有利)
  • auに「2年縛り違約金」の金額を問い合わせたら、長期加入者扱いだったので結構安かった(格安側に有利)
  • 最初に届いていたauの「1万円割引クーポン」の期限が5月末で切れた(格安側に有利)
  • ↑この件で「予約してるのに5月のクーポン期限をが過ぎてしまいそうなんだけどどうにかなりませんかね」とauに問い合わせたら、以下略(auに有利)

というわけでやっと機種変してきましたよ。

iPhone 5sからiPhone SEへ、なので、見た目ほとんど変わりません。前のバックアップから復元したので、中身もほとんど変わりません。まあいいか。

御用済みのiPhone 5sは自宅でWi-Fi専用運用に。

キニナル価格差はこんな結果となりました。

契約会社 au IIJmio
端末代金 47,600 59,800
MNP転出手数料 0 2,000
誰でも割違約金 0 3,000
月額料金 4,010 2,220
24ヶ月分 96,240 53,280
2年間トータル 143,840 118,080
価格差 +25,760
月額換算 +1,073
(参考)通話料 5分まで無料 20円/30秒

比較したプランについては

  • au…スーパーカケホ(1通話5分まで無料)、通信5GB、毎月割、スマートバリュー適用
  • IIJmio…通話+SMS+通信プラン、通信5GB

税抜月1,073円、税込月1,159円の差。これを高いと取るか安いと取るかですな。

auのメリットは、「5分までなら通話料が発生しないプランである」、「家族割が継続できるので家族の通話料も安く抑えられる」それから「混雑時でも通信速度の落ちは比較的少ない」というところでしょう。金銭的には前2つ、実用上は3つめの要素が重要なところです。

この要素をどう見るかは人それぞれ違うところでしょうが、私は毎月1,159円余計に払うに値すると判断しました。

たとえば通信速度の実測値、こんな数字を目にしたらどんなもんだろと考えてしまいます。

契約会社 au IIJmio
午前中下り 90.29 18.33
午前中上り 5.94 9.27
昼休み下り 51.17 0.75
昼休み上り 4.78 6.10
夕方下り 47.28 6.18
夕方上り 4.41 7.35

出典: ITMediaのこれこれ。7月上旬に横浜駅西口で測定したものだそうです。単位Mbps/sec。

まあこれは条件にもよるのでしょうが、昨年に家族まるごと某社格安SIMに移行した親戚から「速くもないが使えないことはない。でも最近遅いわー」との証言も得ており、「いま」乗り換えるのにちょっと二の足を踏みます。

家族割についても、自分以外の家族はいまだガラケーでがんばっているという事情があり、家族の回線まるごと移行しても価格上のメリットが自分以外ない。スマホに変えるのは「子供が高校に進学してから」いうんでまだ2年もある。(もちろんその前に「やっぱりスマホほしい」と言い出す可能性もありますけど)

あくまで現時点での判断で、状況が変わればどうなるか分かりませんが、それはその時考えればいいこと。

というわけで、まだ当分auさんと付き合うことになりました。いわゆる「養分」であることは自覚しております。

でも、「次」はどうだか分かりませんよ。

2年間トータルで比べると確かにキャリアの方が高いのですが、これを「安心料」としてぎりぎり許容できるかできないかというレベルです。なかなかうまくできてる。逆に言えば格安SIM会社側も、ぎりぎり安い感が出せる値付けをしているってことで、お互いに商売が上手いなという感想です。

iPhoneは押しも押されもせぬハイエンド、お値段的にもハイエンド。スペック的に一歩及ばぬiPhone SEといえどもスマホの中では「高級機」なので、通信費用を安く上げたところでトータルではお得感は薄いですわね。いわゆる格安SIMを使うなら端末も2〜3万円台で買えるSIMフリーAndroid機が合うのかなと思います。Androidも最近は使い勝手良いそうですし、これならまるごと乗換のメリットは十分享受できるんじゃないですかね。知らんけど。


IMG_4262.jpg

左が新しい方。はい、ほとんど差がありません。

posted by gyogyo6 at 16:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

「格安SIM」は本当に格安なのか考える

iPhone SEが発表されたことで、iPhone 5sからの買い替えムードがにわかに主に自分の中で増してまいりました。

私は長い間auを使っているのですが、今ではMVNOという有力な選択肢があります。安いよお得だよこれからはMVNOだよという話はあちこちで聞かれますが、本当にそうなのか考えてみることにしました。

条件

  • iPhone 5s 64GB(auで2年と少し使用)からiPhone SE 64GBに替える場合の費用を考える。
  • 今のauで機種変更するか、SIMフリー機を買ってMVNOの代表的存在のIIJmioにMNP転出するかを比較。
  • 現在データ通信は毎月4GBくらい使っている。通話は、家族割や無料通話分の家族間分け合いなどがあり料金はほとんど発生していない。
  • 比較は全て消費税抜きで行う。税込みの金額はこれに8%なり10%なりをかけたもの。
  • いわゆる引き止めポイント(通称コジポ)、AppleCare(延長保障プラン)は考慮しない。
  • 契約手数料はどちらも似たようなものだから考慮しない。違約金は考慮する。

auの条件

IIJmioの条件

というわけで

月額料金の比較です。

au IIJmio
月額基本 700
通話定額 1,700
LTENET 300
通信5GB 5,000 1,520
スマバリ △ 934
合計 6,066 2,220
(参考)通話料 5分まで無料 20円/30秒

これだけ見ると、なるほど「格安SIM会社」が圧倒的に安い。しかしちょっと待ってほしい。auは2年縛りの制約がある分、端末価格を安く抑えてます。そしてauからIIJmioに転出すると、MNP手数料とauの違約金も発生します。

auの「2年縛り」に合わせて「2年間のトータル支出額」を比較してみるとこうなります。

au IIJmio
端末代金(a) 5,000 64,800
月額料金 6,066 2,220
×24か月で(b) 145,584 53,280
MNP転出料(c) -- 2,000
誰でも割違約金(d) -- 9,500
a〜dを全部合わせた額 150,584 129,580
IIJとの差 +21,004 0
差(月額) +875 0

(auの端末代金5,000円はうちに来た「1万円引き特別クーポン」適用後の「実質」価格)

これを見て私は唸ってしまいました。2年で2万円ちょっとの差。月額にして1,000円足らず。これが、サポートやら混雑時もそこそこ繋がるなどの「キャリアの安心料」というやつなのでしょう。絶妙の価格差ですね。よく考えられています。

まだある。音声通話料金は、auのプランでは1回5分まで無料。IIJmioは30秒20円。これまでauで適用されていた「家族割」もなくなり、差はさらに縮まります。1分(40円)の通話を月22回すると金額上は同じになる。

もちろん2年を超えて使うと価格差は広がりますし、auを2年以内に解約すれば端末代金の月割額も消えてしまうなどいろいろな条件はありますが、一概に「格安SIMマジ格安」ってわけでもないことがわかります。

これはあくまで私の場合なので条件によってはまた違った結果にもなるでしょう。いずれにせよ私はクーポン期限の5月末まで悩むことになりそうです。

iPhoneとMVNOの相性

iPhoneの場合は、「もともとの端末価格が高い」「なんだかんだでキャリアの『実質価格』が低く抑えられている」という事情のせいで、MVNOの「格安」というメリットがイマイチ薄れている感じですね。2〜3万円台の安価なSIMフリーAndroid機で使う場合には価格面でのメリットが大きいのでしょうが。

posted by gyogyo6 at 08:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

iPhoneの劣化したバッテリーは保証期間内なら無償交換できる

iPhone6sが発売になり、2年前に買ったiPhone5sから買い替えだ何だと世間では大騒ぎです。その半面「まだまだ5sでがんばろう」と決意されている方も多い…ですよね。私もその一人です。

今まで普通に使っていたものがいきなり時代遅れになるなんておかしいじゃないですか、まだまだ使えまっせ、てなもんですが、ひとつだけどうにもならないものが

「バッテリーの劣化」です。

私は2年前の11月にiPhone5sを購入しましたが、この9月にツールで測定してみるとバッテリーの満タン容量が新品の6割程度になっていました。朝の通勤時に電車の中で1時間ほどさわっていただけで「100%」と表示されている残量が65%に減るほど。もうひどいもんです。

しかし、劣化したバッテリーはアップルの保証対象です。保証期間内であれば、無償交換してもらえます。

iPhone のバッテリーと電源 - Apple サポート

購入時に「AppleCare+」に加入していれば保証期間は2年間に延長されています。保証が切れる前に確認しておきましょう。AppleCare+に加入していれば、購入時に1万何千円を一括、あるいは毎月4百何円かを通信料と一緒に払っているはず。せっかく払ってるんだから利用できるものは利用しようじゃありませんか。

サポート - AppleCare - iPhone

自分のiPhoneが保証期間内かどうかの確認は→アップル - サポート - 保証状況とサービス期間を確認する でシリアル番号を入力することでわかります。

保証が切れた後にアップルの「修理」扱いバッテリー交換になるとえらく高いおカネを取られます。交換用バッテリーなどは安価で出回ってますが自分で作業すると保証が効かなくなります。使えるものは使おう(2度目)。

なお、劣化の判断基準は「正常状態の80%未満しか充電できない」なので、2年間常用していれば余裕でクリアできます(悲しいことですが)。但し、以前は基準が「50%未満」だったため、すべてのケースで適用されるかどうかは要確認です(私はOKでした)。

なお、私のiPhoneバッテリー交換後、朝の電車では80%まで保つようになりました。…うーんそんなに効果ないか。昔はもっと保っていた気がするけど、OSやアプリのバッテリー消費量が増えたんだろうか。それとも新しい機種を買うべきなのだr…いやいや。

posted by gyogyo6 at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

MoneytreeとTouch ID

なんか昨夜にiOS8.0.1が公開されたものの不具合続出ですぐ引っ込められたそうですけど、私が寝ていた間の出来事だったので全然知りませんでした。なので内容もよく分からないんですが、iPhone6系ではTouch ID(指紋による認証)の不具合も起きていたようですね。

Touch IDといえばiOS8からサードパーティのアプリにも開放され、私が使ってるアプリでも対応したものが出てきました。家計簿ソフトのMoneytreeもそのひとつです。こいつはおカネの情報を扱うので、アプリ起動時にパスコードを入れる必要があります。そこがTouch ID対応になりました。

しかしMoneytreeの実装方法はなんだか回りくどいものでした。いったん「Touch IDを使用」ボタンを押させるのです。なんでやねん? と最初は思ってました。


IMG_2742.jpg

こんな風に。ところがですね、これには理由があったそうで。以下Moneytreeブログによる説明です。

当社でiOS 8の開発テスト中に、ホームボタンに指をのせた状態でアプリを起動するとフリーズする、という現象を確認しました。この状態になるとホームボタンも使えなくなります。復活させるにはiPhoneを一度スリープする必要があります。そのため、Moneytreeでは「Touch IDを使用」ボタンを設ける方法で対処しています。

指紋認証対応 (Touch ID) について | Moneytree

もしやと思って、やはりTouch IDに対応した別のアプリで「指をホームボタンに置きながら起動」を試してみました。見事にフリーズしました。iOS側のバグなのでしょうか。

iOSがフリーズすると強制スリープ(スリープボタンとホームボタンを同時に長押し)→再起動しか打つ手がなく、非常に困ります。滅多に起きないだけに、起きたときに戸惑う人も多いでしょう。

なので今回のMoneytreeの処置はなかなか適切だなと思いました。こういう丁寧なつくりは好感が持てますね。応援したくなっちゃいます。とはいえ面倒なので、問題が解決した暁には簡単に起動できるようにお願いします。(iOS8最初のアップデートがアレでしたから、時間がかかるかも知れませんが)



2ヶ月前に「Moneytreeをしばらく使った感想」という記事を書きましたが、その時「対応すればいいのにな」と書いていたソニー銀行は8月に対応しました。あと、各種ポイントサービスへの対応も増えてきて、なかなか便利に使えます。前は「面倒だから私は現金支出なんか登録しない」と書いてましたが、気がつくといろいろと登録するように…。

ただ、これで目に見えて支出の無駄が減ったかどうかは、怪しいところです。そこは使う人次第なのでしょう。

ところで、今回のiOSのアップデート不具合。かつてiPhone4だったかの発売時に、持ち方によってアンテナ感度が落ちてしまう! 欠陥じゃないか! とちょっとした騒ぎになりましたが、ジョブズが「そういう風に持たなければいいんだ」と言ってみんななんとなく納得してしまったことがありました。言ってることは無茶苦茶なんですが、今のクックCEOにはこういう無茶力が足りない。

9/26追記: 8.0.2での挙動

9月26日にiOS8.0.2がリリースされました。上で書いた「起動時にTouch IDを使うアプリで、ホームボタンに指を置いたまま起動するとフリーズする」という不具合がどうなっているか、その「フリーズしちゃうアプリ」で試してみますと。

…やっぱりフリーズしてホームボタンが利きません。ただし、ホームボタン長押しでSiriは起動する。おっ? 8.0とはちょっと違うぞ。 …スリープボタン長押しでは、8.0だと強制電源オフしかできなかったのが、8.0.2では「スライドで電源オフ」スイッチが出てくる。この画面で「キャンセル」を押すと、…フリーズ状態が解除され動くようになりました!!! …なにこの謎挙動。

というわけで、もっとちゃんと直して下さいよアップルさん。Moneytreeの「ワンクッション入れる」処置は外せないようです。

11月追記

Touch IDを改善しました | Moneytree

現行のバージョンではiOSの問題が解決したのか、このワンクッションはなくなっています。初期状態がどうなのかは(私が継続ユーザーなもんで)知りませんが、ワンクッションかますかどうかは、メイン画面左上の設定メニューから入る「Touch IDを自動表示」の項目で設定できます。

posted by gyogyo6 at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

auスマートパスの退会手続き

さて、私がiPhone 5sに機種変した時に契約させられた「auスマートパス」は一ヶ月の無料期間がもうすぐ終わるのですが、特におカネを払って継続する気にもなりませんでしたので退会の手続きをしました。

この退会手続きに関しては「わかりにくい」という苦情が多く、「じゃあ分かりやすくしてやるよ!」と超シンプルな画面に一時なっていたのですが、


600x1065xau-pass2.png,qitok=ktAR70X5.pagespeed.ic.0nR1NIvJWa.png

(参考: 衝撃! auスマートパスのサービス入退会ページが刷新、シンプルすぎて言葉を失う素晴らしさ | アプリオ)

私がアクセスしたときはちょっとお化粧していました。(あんまり変わってませんが)


IMG_2010.jpg

というわけで退会完了。ありがとうございました。


IMG_2011.jpg
posted by gyogyo6 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

自動アップデートも善し悪し

iOSでもOSXでも、最新のアップル製OSは「自動アップデート」設定にすることが推奨されています。ゲームのアプリであろうが実用アプリであろうがシステムの一部修正であろうが、「アップデータがあるのでインストールしますよ。いいですか?」のお知らせもなく、知らないうちに粛々とバグフィックスされて粛々と新機能が加わっていきます。(時には「勝手にアップデートされて不具合で起動しなくなった」等の現象も起きるが)

最近では、OSX Mavericks(10.9)のメールアプリの問題。GMailアカウントがうまく動作しないと言われていましたが、「不具合を改善するアップデートがリリースされた」というニュースを見て確認すると自分のはもうすでにアップデートずみでした。


スクリーンショット 2013-11-14 20.14.27.png

iOSのアプリも、一日にいくつもが勝手にアップデートされていく。使う頻度が低いものなどは、知らない間にアイコンのデザインまで変わってしまって戸惑うほどです。


IMG_1952.jpg

便利な反面、何か物足りなくもあり。アップデートを見つけてダウンロードし、更新しているときのわくわく感といったものがなくなってしまって。2ch・mac板の名物スレ「OSXのウプデータンが出てるよ(;´Д`)ハァハァ」(スレタイのカタカナ部分は半角が正しい)みたいなアレね。

なお余談ですが、Mavericksのメールアプリの不具合に私は気がついてませんでした。Macで見ていたメールアカウントはすべてiPhoneでも送受信できるようにしているため、もっぱらそっちばかり見ていてMacのメールはほとんど開いていなかったからです。なんだかこういう例がこれから増えていきそうな気がします。


posted by gyogyo6 at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

iPhoneは「無印」よりも「S」モデルを使うべき!その理由

iPhoneは「無印」よりも「S」モデルを使うべきたったひとつの理由 → 使い始めたときからケースなどのバリエーションが揃っている。形が変わる無印登場直後はまだ種類が少ないが、1年経って「S」の頃になると格好いいのや笑えるのや役に立つのや立たないのや評判のいいのや悪いのや使えるのや良さげでも実は使えないのや、ありとあらゆる周辺機器が出ており選び放題ですもん。

というわけでiPhone 4S から iPhone 5sに機種変してきました。ええ、理由なんていまさっき思いついた後付けに決まってますよ、何言ってんの。

なお、それまで使っていた4Sは、下取りに出さずにiPod touch化して Wi-Fiオンリーで使うことにしました。気が向けばMVNOのSIMを買ってきて挿すかも知れない。今のところあんまりその気にならない。


IMG_0431.png

posted by gyogyo6 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

揺れる思い

新しいiPhoneなんて興味ないですし…

などと言ってたんですけど、MNP・新規様だけでなく機種変でも各社はあの手この手で契約させようとしているようで、それを見ていると心が揺らぎますね。4Sは下取り価格アップになるわ、auからは「機種変更10,500円割引クーポン」なるものが届くわ、話によると他にもポイントup策があったりするらしく、こりゃ機種変するほうが現行4Sを使い続けるより得なんじゃないか?と思って現在迷ってます。私のiPhone4Sは2年前の10月に契約(機種変)したのでちょうど2年。各種クーポンの期限は(今のところ)11月末までということなので、じっくり考えることにしましょう。うまい具合に2年縛り「誰でも割」の更新月も今年の11月なので、MNPで他社に乗り換えるにも好条件だ。うーむむむ、これは揺らぐぞ。あと2ヶ月、よく考えてみよう。

しかしまあ、こんな高性能な精密機器をたった2年で買い替えさせようとするとは、どうにも地球環境によろしくないなと思いますねー。このおかげで経済が回ってるんだよ何も分かってないばかだな君は、と言われそうですけどね。

posted by gyogyo6 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

iPhoneの「シャッフル再生曲巻き戻り現象」に困る

最近私がiPhoneで悩んでいることが、「曲が巻き戻ってしまう」ことです。(「巻き戻す」とは古い表現ですが、これがぴったり合うのです)

どういうことかというと。


IMG_1337.PNG

以前から何度か書いてますとおり、私はiPhone内の曲を聴くときは基本「全曲シャッフル」です。聴いてるのは毎日だいたい会社から自宅へ帰るときなのですが、時々「あれ?これ昨日も聴いたような…?」となります。で、確かめてみると昨日聴いた1曲目なのです。

たとえば40曲目から45曲目まで再生して、46曲目の途中で一時停止します。その日はこれ以上聞かず、次の日にイヤホンをさして再生ボタンを押すと、46曲目じゃなくてなぜかまた40曲目の頭から再生されると。

前からそうだったような気もしますし、ある時からこうなった気もしますがよく覚えていません。この症状が出るときもあれば、普通に前日の続きから再生されることもあります。ものすごく不便だというわけでもないですが、気になります。何が原因で起きるのかもよく分かりません。同じような症状の方はいないでしょうか。もうすぐiOSの新版が出るそうですけど、それで直るかどうかもよく分かりませんね。

まあこの季節になりますと帰宅時に聞くソースが音楽からナイター中継(Radiko経由)に変わりますので、気になることは減るんですけれどもね。

参考

iPhoneの「シャッフル」は、一曲の再生が終わるたびに次の曲をランダムに選んでいるのではなく、たとえば20曲をシャッフルさせる場合は20曲をランダムに並べたプレイリストをまず作り、その順番に再生していきます。最後まで行ったらまた最初に戻る(並びは同じ)。


posted by gyogyo6 at 00:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

iPhone(au版)のezwebメール送受信を「メッセージ」アプリに変更したの巻

先週、auのiPhoneでメールに大規模な障害が発生しました。

iPhone iPad Eメールリアルタイム受信設定のお客様にてEメールがご利用いただけない状況について(4/17)

iPhone、iPad、iPad mini Eメールリアルタイム受信設定のお客様にてEメールが接続しづらい状況について(4/18)

iPhone、iPad、iPad mini Eメールリアルタイム受信設定のお客様にてEメール(ezweb.ne.jp)が接続しづらい状況について(4/19)

いったん直ったと発表したもののすぐに再発、原因は今もなお「調査中」とのことです。

私も巻き込まれてしまいまして、ちょうどよかった、これを機に ezweb.ne.jp メールアドレスでの送受信を「メール」アプリから「メッセンジャー」アプリに切り替えることにしました。

auのiPhoneで"xxx@ezweb.ne.jp"のメール(いわゆるキャリアメール)を扱うには、過去にあったものも含めて以下の方法があります。

1.「メール」アプリで送受信(リアルタイム受信不可)

2.「メール」アプリで送受信(リアルタイム受信対応)

3.「メッセージ」アプリでMMSとして送受信(リアルタイム受信)

4.「メッセージ」アプリで送受信しながら、必要に応じて「メール」アプリ(リアルタイム受信不可)で送受信

2011年10月にauでiPhoneの扱いがはじまった時には1の方法しかなく、しかも設定方法がやたらと面倒でした。中には、もうキャリアメールなんか使わんと決めた人もいたと思います。しかしその後auも改善に努めて、設定方法もずいぶんと簡単になりました。まあ、最初からこうあるべきだったんでしょうけどね。

で、私は(最初は1でしたが)今まで2の方法で使っていた(今回障害が出たのはこれですね)のですが、本来の使い方はどうも3または4らしい。現在auでiPhoneを契約すると、初期設定は3になっているとか。そんなわけで、私も3、いやもう少し便利に4の方法を取ることにしました。

その設定方法ですが、昔いろいろ手間をかけたのを思い出し、今回も事前に予習しておこうと、設定方法を解説・図解してあるページをいろいろ検索していたのですが、一番分かりやすかったのはなんとau公式のページでした。他の解説ページ完敗。きみたちもっとがんばれよ、存在価値ないぞ。

各種設定・使い方ガイド | iPhone 5 | au

Eメール関連 | iPhone 5の設定(購入後) | iPhone 5 | au

もっとも、余計な説明が不要なほど、設定がシンプルになってるというのもあります。あっけなく終わってしまって拍子抜けしたほどでした。

タイトルは「iPhone 5」になっていますが、私のiPhone 4Sでの手順も全く同じです。

IMG_1418.PNG

指示に従ってこの設定画面を開き、まずは@をタップしてメッセージアプリに設定、続いてAをタップしてメールアプリに設定。迷うことは何もありません。楽でよろしい。

あんまり長いメールをメッセージアプリで受け取るとこんな風に改行されてしまって読みにくいので、

IMG_1420.PNG

そんな時はメールアプリの方を開いて確認します。もちろん内容は同じです。

IMG_1421.PNG

ちなみにこの方法で「メッセージ」「メール」両アプリで送受信できるように設定した場合、新しいメールを受信した「通知」はメッセージの方だけにつきます。メールアプリの方は「既読」の状態で蓄積されます。メールアプリが「未読があるよ!」と騒ぎませんので、チェックするのはメッセージアプリだけでOKです。このあたりはうれしいですね。

メールをいじったついでに、プロバイダのメールでPOP接続のもの(そのままではiOSのメールアプリで送受信できない)を、GMail経由でiOSでも読み書きできるようにしました。まあこのへんはGMailのヘルプ読めばすぐできますので詳細略。

そんな具合で、現在iPhoneで送受信するメールの状況はこうなっています。

メッセージアプリ(MMS) …ezweb.ne.jp

メールアプリ … iCLoud Mail, GMail, GMail(プロバイダメールを中継), ezweb.ne.jp(長文メールの確認用), ezweb.ne.jp(2013年4月以前のメール、送受信はしない)

あまり長文のメールをメッセージアプリで受けるのは不便ですので、お店からの宣伝メールなどは受取先を別のアドレスに変更した方がよいですね。おいおい変えていきましょう。

2014年2月追記

上の「メールを扱う方法」4つのうちの4つめは、2014年3月からメールアプリでもリアルタイム受信(プッシュ受信)対応になっています。

posted by gyogyo6 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

親指ピアノアプリ「リンバライオン!」

これはナイスな親指ピアノアプリです。「リンバライオン!」 for iOS。

「親指ピアノ」ご存知でしょうか。アフリカ生まれの打楽器で、板や箱の上に金属の棒(板切れ)を何本か並べ、指ではじいて演奏するものです。音程は棒の数ぶんだけという非常にシンプルな楽器です(もっとも、大型のものになると何十本もあるそうですが)。

それでこいつはその親指ピアノの演奏アプリです。日本を代表する奏者のサカキマンゴーさん完全監修+愛用の楽器からサンプリング。7音。音階はドレミファじゃないよ。いやこれはいい感触だわ。よくできてる。

親指ピアノは地域によって呼び名や形状が違い、カリンバ、ンビラ(ムビラ)などと呼ばれます。私も実際に一個持ってまして。ブルキナ・ファソで作られたサンザという、全長10cmほどの小型親指ピアノ。

買ってきたときのブログ記事(5年前)です。

日本玩具博物館 - ||: フェルマータ :||


CIMG0378-400.jpg

こいつはたった5音で、チューニングも結構いい加減。ベースの箱は魚の缶詰の再利用。簡単に自作できそうなシンプルさです(私はブログ記事の通り、買ってきたんですが)。

親指ピアノ全般に言えることですが、メロディーを奏でるというより、ミニマル・ループ的に演奏するのが合ってますね。いちおう棒を引っ張ったり押し込んだりしてチューニングも調整できますが、そこはあえて微妙にずれたまま弾くのがよいのではないかと感じます。棒には金属が巻かれていて、微妙にノイズが混じりますがこれは意図的なもの、そこがまたよい。

というわけで私もアプリを買ってしまいました。音楽関係の有料アプリを買ったのはコルグの「iKaossilator」以来です。指が痛くならないのがいいところでもあり、ちょっと不満なところでもあります。あとiPhoneのスピーカーがもうちょっといい音出してくれたらなあ。iPadだといい音するのかなあ。

参考動画↓

posted by gyogyo6 at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

新解さんが!

iOSに最新の新解さんがやって来た!


これはうれしい。一番売れている辞書が一番過激という、国語辞典界の横綱異端児・三省堂新明解国語辞典。第六版はあったんですけど、最新版第七版アプリの登場です。(しかも今ならセールス価格)

辞書アプリだけにサイズがでかいですが、空き容量に余裕のある方はぜひお試しくださいな。

私はどちらかというと、今よりも「攻めの姿勢」がさらに強かった、第二版、第三版あたりが欲しいんですけど…。作ってくれませんかね…。

posted by gyogyo6 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

今度こそ?Google Map と Appleのマップをワンタッチで…

以前「Classic Map(復刻版マップ)」というアプリを紹介しましたが、速攻でApp Storeから削除されてしまいました。「表示がまぎらわしい」「Google Map データの使用方法がよくない」ということだそうです。

しかしながら、捨てる神あればなんとやら、ふたたび同じ機能を持ったアプリが登録されました。これは、前からあったアプリのバージョンアップ版ですね。もともとGoogle Mapを利用するアプリでしたが、iOS6化とともにアップル製マップ、グーグルマップの両方を切り替えて使えるようになりました。

mymapplus.com
mymapplus.com
MyMap+Lite
★★★★☆
24件の評価
App Store

マップの切り替えも、ほら、やっぱりワンタッチ。


photo1.PNG


photo2.PNG

photo3.PNG

地図は大阪のなんば周辺。アップルさんがんばりましょう。JR難波駅はそんなとこじゃないですよ。

他にもいろいろな機能がありますが、それは他の方の紹介に任せます。無料版なので画面下に広告が表示されていますが、表示されない有料版もあります。

ただし…やはりこれも前のClassic Mapと同じような問題を抱えています。3G回線での表示が遅い。実用には不向きです。作者によると、今後のバージョンアップで改善を予定しているということなので、期待して待っていましょう。

「GoogleMap表示機能について」現段階ではまだ重い処理ですので、特にiPhone4以前をお使いの場合 地図を詳しく見たい場合のみご利用ください。 次のバージョンではiOS5までのマップと同程度の軽快さになります。今月末までにはリリース出来る予定です。

(またストアから削除されたりしませんように…)

posted by gyogyo6 at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

iOS6で微妙にアップデートされてる「緊急速報メール」

(以下au版 iPhoneでの記述です。)

iOS6になって地味にアップデートしたのが、「緊急速報メール」です。

ケータイの緊急速報メールは現在「緊急地震速報」と「災害・避難情報」「津波警報」の3種類あります。iOS5では「緊急地震速報」のみの対応でしたが、iOS6からはそれに加え「災害・避難情報」「津波警報」にも対応するようになりました。

緊急地震速報 : 気象庁が配信する速報。地震が発生して震源から揺れが伝わってくる前に「揺れるぞ」と警告するのを目的とする、もっとも緊急性の高い速報。これはiOS5、iOS6の両方で対応していました。

災害・避難情報 : 国や地方公共団体から配信される情報。避難勧告や避難指示、各種警報などの住民の安全にかかわる情報です。(すべての地方公共団体が配信を行っているわけではないので注意)

なお、今年9月に大阪府が行った「大阪880万人訓練」 では、情報の伝達にこの「災害・避難情報」が使われたため、iOS6のリリース前だったiPhoneではメールが受信できませんでした。

津波警報 : 気象庁から配信される津波情報です。

というわけで、「設定>通知>緊急地震速報/災害・避難情報」の項目をオンにしましょう。

なおこの項目が、iOS5では「緊急地震速報」になっており、「災害・避難情報」には対応していないことがわかります。

iOS5→ios5.png

iOS6→ios6.png

いずれも生命の危険に関わるものなので、必ず「受信する」設定にしておくことをおすすめします。「オンにしたらバッテリーの消耗が激しくなるしな」という意見もありますが、au版のiPhoneではそんなに気になるほど消耗しません(au版iOS6の設定画面からは「バッテリーのもちが短くなる場合があります」の注意書きも消えてますから、よっぽど自信があるのでしょう)。そんなところでケチって逃げ遅れたら元も子もないっすよ。

iOS5で使っている方はiOS6へのバージョンアップをおすすめ…まあマップの件もあって躊躇される人もいるでしょうが、身を守るために…ね…無理強いはしませんけど…。

(Softbank MobileのiPhoneは結構バッテリーを消耗するらしいですが、私は知りません。またSoftbank版は「LTE待ち受け中は緊急速報を受信しない」という、ちょっと不安な仕様になっているようです。今月末以降順次改善が図られるようですが)

なお、「なぜiOS5では「災害・避難情報」「津波警報」に対応していなかったのか」ということですが、auがこれらのサービス対応を開始したのが今年の春からで、昨年秋のiOS5リリース時にはまだサービスそのものがなかったからと思われます。

ただ関西在住の私は今までいちどもこの緊急速報を実際に受け取ったことがありません…。本当に機能しているのだろうか…。

posted by gyogyo6 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

アップルのおかげで地図アプリ市場が活性化する(キリッ)

iOS 6 の地図の不備を回避する : PC ONLINE

現在のiOS 6マップに足りないもの、不便なものとその解決策(代替アプリ)がまとめられています。これはこれでお役立ち記事でございます。

しかしながらこの記事の最終ページ(6ページ目)にこんな記述が。

アップル純正のアプリが見事にこけたせいで、サードパーティ製のアプリをアップルのサイトやApp Store内で紹介したり、開発会社に情報を提供したりする動きが加速した。その結果、地図アプリ市場は活性化し、アプリが進化した。これまでは「マップ」アプリがあるからこの分野の製品は手を出さない、という開発会社もここぞとリリースのペースを速めている。競争激化で、我々ユーザーはかえって恩恵を被ったのかも知れない。

うわー、恩恵ですって。ものは言いようですね。アップルがこけたからサードパーティが張り切り、地図アプリが進化する? 確かにそういう一面はあるのかも知れませんが、筆者がここで「代替に」として紹介しているアプリ群はアップルがマップでやらかす前から存在してたのであり、別にこの数週間で急激に進化したわけではないと思いますけれど…。

名実ともに世界一の企業に上り詰めた会社が、商品レベルにも達していない製品を出すなんてあり得ない話ではあったが、この分野での専門会社の実力を世界に知らしめることもでき、この世界は活況を呈することとなった。何しろ、4億台を超えるプラットフォームだ。一番気になる「純正アプリ」が戦列を離れたら、ここで勝負をかけない手はない。その群雄割拠を俯瞰しながら、アップルがどんな洗練されたマップアプリを次に届けてくれるのか、楽しみで仕方がない。

というのを読んでて思い出したのが、もう20年以上前のことですが、マッキントッシュの日本語変換プログラム「ことえり」が登場した時のことです。

漢字Talk 7とともに登場した「ことえり」は、それまでのアップル純正日本語変換プログラム「2.1変換」(←投げやりなネーミング)よりも変換精度が格段にアップ…しているはずでしたが、事前の期待や当時のサードパーティ製プログラムのクオリティには遠く及ばずがっかりしたものです。辞書が貧弱だったのと、学習内容をすぐ忘れると評判でした。しかしこれは「サードパーティによるもっとすぐれたプログラムの開発を促すために、アップルがあえて機能を削った」と言われていたものです。

(しかし、これじゃ使えないという声を受け、ことえり開発者の宮武氏が変換効率をアップさせる「ことえりチューナー」というフリーソフトを配布していました)

今回のマップ騒動はこれと同じ図式、なのでしょうか。でも「ことえり」は、少なくとも以前の「2.1変換」よりは進歩していましたよねえ。

ま、使える地図を作るのも、日本語変換を進歩させるのも、どちらも大変だよということで。

ところで、「ことえり」のこうした配慮(?)がサードパーティにどんな影響を与えたかというと…。

私はマック歴が長いので「EGBridge」「ATOK for Mac」などいろいろ使ってきましたが、そんなことをするのは古参ユーザーくらい。ふつう、システム純正ソフトの出来が悪いと「マックは日本語が苦手」という評判が立ってしまって普及の障害になるんです。そしたらサードパーティも儲からないんですよ! というオチでございました。

今のiPhone(iOS)がそういう道をたどらないとは思いますが。


posted by gyogyo6 at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする