2013年11月16日

iTunes - iPod のコンボはてきめんに効いた

今月17日は、初代iPodが日本で発売されて12周年の記念日なのだそうです。私はこの初代機をいちはやく買いました。そう、珍しく『初回飛びつき組』になったのです。

しかし私がこいつに飛びついたのは、それより前にiTunesがあったからです。

現在はiPhoneやiPodの母艦として広く利用されている音楽管理ソフトiTunesは、iPodをアップルが発売するよりも前から存在していました。当時はMac版だけのリリースでしたが、音楽ファイルをコンピュータ上で扱うための機能が統合された、なかなか便利なソフトがリリースされたなと感じたものです。音楽CDをドライブに入れると→ネット上のデータベースから曲名などを取得して→MP3に変換(リッピング)して→ライブラリーを管理できる。これらすべてが単一のソフト上で完結するため、使い勝手が良かった。

そんなわけで物珍しさも手伝い、手近にあるCDをどんどんリッピングしていってました。実のところ使い道はあまりなかった。PowerMac(のちにiMac)のスピーカーは貧弱で、CDをオーディオセットで再生する方がずっといい音で聴けたからです。

当時存在していたMP3プレイヤーはメモリが数十MBのものが主流でした。ちょうどCD1枚分、あるいはMD1枚分くらいの容量。メモリも当時は高価だったのでしょうが、使われ方としては「ポータブルCDプレイヤー、MDプレイヤーの代わり」といったもので、CDを取り替えるように曲をしょっちゅう入れ替えて使っていたものでした。

私が当時使っていたMP3プレイヤーは「NIKE PSA[play」という機種。搭載メモリは64MB(ギガじゃないですよメガですよ)。MP3のビットレートを落としてCD1枚分が入るかどうかという容量ですね。

当時の記事→ NIKEのスポーツ用ウェアラブルMP3プレイヤー、国内発売決定!! (2000.10)

そんな中、アップルから発表されたのがiPodです。これまでの容量の「相場」を大きく上回る5GBのHDDを搭載、「音楽を全部持ち歩こう」というコンセプトです。「iTunesと簡単に同期できます」という触れ込み、そして気が付けば何百曲かストックがたまったiTunesが手元に…。そうか、これならいちいち入れ替えをしなくてもいいんだ!

こうなったら選択肢はもうありません。私は初代iPodをまんまと購入させられました。iTunesは、さながらiPodのためのトロイの木馬だったわけです。「なるほど、うまいことやったな!」という感想です。引っかかったとも言います。

もちろんiPodで「全部持ち歩く」のは今までにない素晴らしい体験で、その後のデジタル音楽プレイヤーの潮流を作っていくわけですけれども。アップルは当時のiPodのCMで「Goodbye MD」と言ってて、そんな簡単になくなったりするものかねと自分は思ってましたが流れはあっという間でしたね。

私はこうやって手に入れたものの、残念ながらこの種の「小型ハードディスク入りデバイス」の扱いには慣れていませんでした。衝撃を与えるとどれだけドライブにダメージがあるかも知らなかった。使い出した当初からストンストンと手元から落としまくり、やがてドライブの回り方が怪しくなってきました。2004年に「U2モデル」(20GB)に買い替える頃はもうだましだまし使っていました。

下の写真は、U2モデルに買い替えた時に2台並べて撮ったものです。初代iPodはこの時ひん死の状態でした。


IMG_0571_320.jpg

初代のは、ドーナツ状のホイール部分が本当にクルクル回っていました。

posted by gyogyo6 at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

DL版値上げされちゃったよ

ピンク・フロイドの作品がこの秋にリマスタリング再発されています。「狂気」の8枚組コレクターズボックスなんかが話題を呼んでますが、同じタイミングでアマゾンやiTunes Storeでのダウンロード販売もリマスター版に差し替わりました。

ところがこの影でちょっと困ったことが…。

代表作の一つに1970年作の「原子心母(Atom Heart Mother)」があります。牛のジャケットも印象的なLPレコードの片面全部を使った組曲で演奏時間が23分。

これ、iTunes Store では、この曲だけを単独で購入することができません。どうも iTunes Store には「10分以上の曲はバラ売りしない」という決めごとがあるようで、買うならアルバムまるごとの購入になります。1,200円。

Atom Heart Mother (Remastered)

これに対してAmazonのMP3ダウンロードでは、長い曲でもバラでの購入が可能です。リマスタ版が出るまえのものは、これでした。なんと23分の曲が150円。これはコストパフォーマンスが良い(笑)。

Atom Heart Mother (1994 Digital Remaster) Atom Heart Mother (1994 Digital Remaster)
Pink Floyd

by G-Tools

ただし2011リマスタ版が出た後は「現在取扱できません」となっており、もう買えません。現在は2011版のみの販売になります。まあそれはそうでしょう。ところが値段が…。

Atom Heart Mother Suite (2011 - Remaster) Atom Heart Mother Suite (2011 - Remaster)
Pink Floyd

by G-Tools

600円と、4倍になってしまってます。これはいかがなものか。→(2012.2追記)いま見たら450円に価格改訂されてました。変更の理由はよくわかりませんが。(追記終)

まあそれまでの150円が安すぎた(ひょっとして設定を間違えてた?)というのもあるのですが、ちょっと残念な気がします。とはいえiTunes Storeでアルバムを買うよりだいぶ安いので、この曲だけ(といっても23分ありますが)を聴きたいならこちらを試してみてはいかがでしょうか。

posted by gyogyo6 at 00:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

待望? iTunes9.0.3 (がっかり追記つき)

アップルから、iTunes 9.0.3 が出ています。

アップル - iTunes - iTunesを今すぐダウンロード

これまで、私のiPod nanoは「不明なエラー13019」というエラーでiTunesとの同期にしばしば失敗していました。いろいろ試行錯誤した結果、「プレイリストを同期しなければどうやらエラーが出ない」ようになったのですが、プレイリストのないiPodは非常に不便なので困っていました。

今回のiTunes9.0.3のリリースノートには以下の記述があります。

iTunes 9.0.3 では、重要な問題が多数修正されています:

• “購入用パスワードを保存する”の設定内容が無視される問題を修正。

いくつかのスマートプレイリストおよび Podcast を iPod に同期する際に生じる問題を修正。

• iPod を接続した際の認識に関する問題を修正。

• 安定性とパフォーマンスを向上。

注目は2番目の項目。これは「13019」対策でしょうか?

そうであることを期待して、インストールしてみることにします。これで直るかな?

追記

やっぱり「13019エラー」出る…。私の環境では直っていないようです。無念。

posted by gyogyo6 at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

そして古いiPodのゆくえ

さて買い替えてお役御免となった古いiPodのほうですが、まだまだ使えますので第二の人生をクルマの中で過ごすことになりました。最近のカーステレオは当たり前のようにiPodが直接接続できるようですが、うちのクルマにはそんないいものがついてませんのでFMトランスミッターを介して使います。買ったのはこれ。

Logitec 「Made for iPod」認定 車載用FMトランスミッター(ブラック) LAT-FMi02BK Logitec 「Made for iPod」認定 車載用FMトランスミッター(ブラック) LAT-FMi02BK

エレコム 2008-12-09
売り上げランキング : 1800
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

というわけで、さっそくつけてみました…ところが、ノイズだらけでとても聴けたものではありません。おかしいな。確かに車載のカーステレオはあまり電波の感度がいいとは言えないのですが、こんなに使えないの? …しかしそれはこちらの設定が悪かったのでした。当初設定されていた周波数(76.0MHz)では、なんとカーナビも同じ周波数で(音声の)電波を出していて、互いに干渉していたのです。いやーカーナビがこんな電波を出し続けていたなんて全然知りませんでした。iPodの方の周波数を変更し、ついでにカーナビが電波を出すのも止めて、まともに聴けるようになりました。

以下感想ですが、音質はなんというか「AM放送以上、FM放送以下」といったところ。それくらいあれば十分とも言えます。それと、シガーソケットから電源を取るのですが(iPodの充電もしてくれます)、私の車はエンジンとシガーソケットが連動していなくて(常に電源はON)、つけっぱなしだとバッテリーがあがってしまう心配があるので使わないときは外しておく必要があります。これはクルマ側の問題ですね。

あと、当然ですが運転中に操作するのは大変危険です。iPodはそういうふうにできていません、やめましょう。その点、運転中でも手探りで何とか使えるカーステレオは操作性の面で優秀だと思いました。

posted by gyogyo6 at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

新しいiPod(nano)買ってから

「iPod nanoは携帯電話より軽い」という当たり前の事実を体感して今さらながらびっくりしてます。HDD使用のiPodの重量を改めて感じました。

○とりあえずアップルのサポートページからマニュアルをダウンロードした。全99ページ。使いこなせてないなと思う人は「徹底活用法」とか「解説書」みたいな本を買う前にとりあえず読むべし。今の使い方でいいやと思っている人は好きにして下さい。

○「不明なエラーが発生いたしました(13019)」なるエラーが出て同期に失敗するようになりました。ネットで検索してみると「不明なエラー 13019」で山ほどヒットするので笑った。iPhoneでよく出るエラーらしいですが、私の場合いったん中身を全部空にして同期しなおしにしたらエラーは出なくなりました。

→その後(再発。5日後に追記)
いったんは消えた「不明なエラー13019」ですが、また出るようになりました。
エラーは表示されるものの同期は取れているようなので(確信はありませんが)、しばらく放置して様子を見ます。しかし困ったものだなあ。エラーの内容も原因も分からないし…。分からないから「不明なエラー」なのかも知れませんが、不親切ですよね。
参考: アップルのサポートページより。これは関係あるかな?
iPhone OS 3.0:同期中の 13019 エラー

○使うのかどうかよくわからない機能

  • FMラジオ
  • ビデオカメラ
  • 万歩計
  • 本体振ったら次の曲へシャッフル

万歩計なんてのは加速度センサーのオマケみたいなもんで、別に機能がついてないからといってコストが下がるわけでもないのでしょうが。でもまあ、今使ってる携帯電話にもFMラジオやビデオ機能がついてますが全然使ってないですし、そんなもんでしょうか。

○"Voice Over" は結構使えますね。曲名、ミュージシャン名などを読み上げてくれる機能ですが、日本語もきちんと読んでくれるし(一部ヘンになるものもありますが…)、"Op." はオーパス、"feat." はフューチャリング、と略語もきちんと読んでくれますし。用もないのに読み上げさせています。

○アップルストアでやってくれる「刻印サービス」は、ささいなことなんですがカスタム感があってよろしいですね。いいサービスだと思います。新潟の職人さんが一文字一文字丁寧に手で刻印しているのかと思ってましたが違いました(嘘です、思ってません)。工場(中国)でレーザー刻印です。

○バックライトが消えると表示がほとんど見えなくなるのは困る。

○ケースについて

大阪梅田のヨドバシに探しに行きました。いつもはスルーしているiPodのコーナーに足を踏み入れると、こんなにたくさんバリエーションがあるのかと驚くほどにケースがいっぱい。nano用のは、大きく分けて「シリコーンタイプ」「ポリカーボネイトタイプ」「本革タイプ」「変なタイプ」の4種類があってそれぞれ一長一短のようです。

  • シリコーン(ソフトケース)… すべりにくい。安価。ホコリがつきやすい。安っぽい。
  • ポリカーボネイト(ハードケース)… 中身がよく見える。きれい。傷がつきやすい。
  • 本革… 手触りがいい。高級感あり。中身見えない。ちょっと高め。ナノに革って(笑)
  • 変なタイプ… これは好きずき。

とりあえず、ハードケース仕様のこれを買ってきて試してみることにします。

Simplism iPod nano 5th用 Dockコネクターカバー付き クリスタルシェル クリア TR-CSNN5-CL Simplism iPod nano 5th用 Dockコネクターカバー付き クリスタルシェル クリア TR-CSNN5-CL

Simplism 2009-09-11
売り上げランキング : 252
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このケースをヨドバシで買ったら、クリスマスキャンペーンとかいうことでプレゼント応募券がついてました。当たりますよーに。

1/22 追記: あ、あのう…

100122_2211~0123.jpg

当たったみたいです。トリニティさんさいこう!

posted by gyogyo6 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

新しいiPod買った

これまで使っていたiPodは、5年前に買った「第4世代iPod U2 Special Edition」。モノクロディスプレイの最後のモデルです(これです)。黒ボディに赤のホイール、裏にはU2メンバーのサインが刻印してあるという、至高の一品でした(興味のない人にはどうでも良いものです)。まだまだ故障せずに動いてくれていますが、ご苦労様ということで買い替えることにしました。

最新のiPod nanoです。カラーバリエーションがいろいろあるので同居人に選んでもらったところ、真っ赤なやつがやってきました。アップルストア限定カラーだそうで。

で、限定色というだけではなくこれは "(PRODUCT) RED" モデルといって、収益の一部がアフリカのエイズ基金へ送られるのだそうです。なんかカメラもついてるな。FMラジオまでついてるな。使うことあるんだろうか。要らない機能はあっても仕方ないな。裏面に文字も刻んでもらいましたが、何と彫ったかは秘密。(しかしこのメッセージ刻印サービスってやつはかなり満足感がありますね。ささいなことなのに効果は大きい)

5年ぶりに買うとなると驚くことがいろいろです。パッケージがとても小さい。ということは本体の他には何もついてないも同然。かつてついてた充電用ACアダプタはない、CD-ROMもなくiTunesはダウンロードして入手せよ、マニュアルもオンラインで読めと。そしてペラ一枚の「クイックスタート」ガイド。ほんとに必要最小限の説明しかなくて、たとえばこれをいきなりプレゼントでもらった人はどうやって使えばいいか理解できるんだろうか? 直感で分かる? そーかなあ。でもこれが売れていて、みんな使ってるんだよなあ。すごいなあ。

じつは、秋にiPod Touch, iPod nanoのニューモデルが出たとき、ちょっとTouchのほうもいいかなと思ってました。その頃、「ゲームができる」ことを強調したTouchのテレビCMが盛んに流れていたせいでもあります。でも、別にゲームするためにiPod買うんじゃないわと思い返し、nanoにしたというわけです。

なお、これまでのU2 iPodは、FMトランスミッターをつけて車で使うことにしました。しかし、5年経ってなお壊れずに動いているなんて、アップルらしくありませんね(苦笑)。私がアップル製品を使いはじめてもうすぐ20年になりますが、こんなに長期間もっているのははじめてです。

posted by gyogyo6 at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

タグづけを破綻させないために、どうすればよいのか?

iTunesでシャッフル再生を極めるレシピ | nanapi[ナナピ]

iTunesに取り込んだ曲にタグつけて管理すればどんな抽出も思いのままだぜヒャッハー! そう思っていた時期が私にもありました。しかしこれ、大きなハードルがあります。言うまでもなく「おそろしく面倒」なのです。

実際には

mv/lang=jp/cntry=jp/cm/vocal_duo/winter

といったように記述します。

既にたくさんの楽曲をライブラリ化されてる人は確かに大変な作業だと思います。でも、このルールを適用しようと思った次のアルバムのエンコードの時から、その都度やれば、アルバム1枚あたり7分もかからない手間で済みます。溜め込んでしまうと大変なので、面倒でもその都度編集するのが良いでしょう。

そうなんですよ、鉄則は「その都度編集」なのです。後からやろうとすると絶対無理です。でも、「その都度編集」を徹底しても、計画的にやらないと困ったことになります。

最初に「これとこれとこれを記述しよう!」と決めてやっていくんですが、やっている途中で「んー待てよ、こういう分類もいいかな?」と新しいタグを思いつくとします。そのときに困るのが、それまでに取り込んだ曲はどうすればいいのかという問題。さかのぼってタグを追加していくのか。もしそれが何千曲もあったら? そうこうしてるうちにまた新しい分類を思いついた、またさかのぼってタグ付けするのか? …といった具合で、たちまち破綻してしまうのです。というか、私は破綻しました。無理です。

この記事のタイトルに「どうすればよいのか?」とつけましたが、これは実は私の本心でして、答えを持っているわけではありません(^^)。かろうじて思いつくのは「わざわざづけをしなくてもこっちの思い通りに分類できるような画期的な管理の仕組みをどこかが発明するのを待つ」くらいで、他力本願もいいところです。アップルでもソニーでもマイクロソフトでもグーグルでも、どこでもいいので、作ってくれませんかね…。

そんなわけで今私はiPodで音楽を聴く際、「3800曲をランダムシャッフル」して聴いています。次に何がかかるかは絶対に分からないので、結構面白いですよ。

ところで、iTunesの星つけはみなさんどんな基準でやってられるのでしょうか。私は、星5つ、4つは滅多につけていません。ほとんどの曲は星2つか3つ程度。平均すると2.5くらいでしょうか。「すごく気に入ってる」ものがだいたい星3つ。なかなかのデフレ状態です。これも、最初にそう決めたので今さら変えられないという。


posted by gyogyo6 at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

スティーブ・ジョブズの帰還

スティーブ・ジョブズ復帰! というのが一番のニュースだった気がするアップルの新製品発表会(リンク先C|NET)。この人が喋ると何でもかんでも安心できてしまう、というのと、この人が喋らない限りどんな新製品が発表されても「それは正しい方向なのか?」と不安になる、というのが良くも悪くもアップルです。

ともあれ今回発表になった、iPodファミリーの新製品。売れ筋であるiPod nanoにカメラがついてFMチューナーがついて…というのは、かつて日本の携帯電話がたどった機能強化の途にどことなく似ていますね。

私がいまも使っているiPodは5年前に購入したもの(買ったときの記事)ですが、壊れる気配がありません。そろそろ新しいのに買いなおしてもいいなと考えているんですが、なんの問題なく動いているものを放ってしまうのももったいなくて抵抗あるし、難しいところです。5年使っても壊れないなんてアップル製品とは思えん(笑)。

おまけ

ビートルズのアルバムリマスター版発売に合わせ、iTunes Storeでも同日からビートルズの楽曲を販売開始! なんてサプライズ発表があるかと思ってましたが外れた。まー、そんなことはレコード会社が認めんでしょうかね。

posted by gyogyo6 at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

これは面白い。私が4年前に妄想した機能だ(新iPod shuffle)

「あなたに話しかける」 新iPod shuffle登場 (ITMedia)

第3世代となるiPod shuffleが登場した。ディスプレイは変わらず非搭載だが、「話しかける」機能を備えた。

ああ、これは面白い。「VoiceOver」機能だそうです。

アップル - iPod shuffle - VoiceOverでiPod shuffleが話しかけます (Apple)

要するに、いま再生している曲を「音声で」教えてくれる、ということです(iPod shuffleにはディスプレイがありませんからね)。この機能、じつは私が4年前に「あったらいいなぁ」と妄想していたもの。(正確には、Desire for Wealth の Nihondoさん案に賛成したモノですが)ついに実現したのか、と感慨深いです。こういうギミックは大好きなんですよ。

iPod "DJ" Shuffle ですって (2005.02.05)その時の記事です。

しかし妄想が実現するまで4年かかるのですねぇ。

このほかにも「単三電池並み」の本体(再生ボタンさえなくなってしまいました)、4GBとちょっぴり増えたメモリ容量という第3世代のiPod shuffle。うーん、これは惹かれます。次に買うiPodは "nano" にしようと思っていたのですが、どうしよう、迷いますね。

(でも、リモコン付き専用イヤホンでないと使えないのだろうか? 続報を待つ)

posted by gyogyo6 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

ピリピリするのです、イヤホンが そして

iPodで使っているイヤホンなんですが、最近再生中にときどきプチッとノイズが入るようになりました。長い間使っていたから仕方ありません。しかしですね、ノイズだけでなく、ときどき「ピリッ」と来るのですよ、耳が。これってアレですか、まさか漏電して感電してるとか? 気のせいか? いずれにせよまともな状態でないことは確かなので急遽使用を中止しました。考えてみればイヤホンとは、耳というとても敏感な器官に突っ込んで使うもの。突然大音量のノイズが耳をつんざくとか、あるいは万が一耳の横で爆発でもされたら大変! 生命に関わります(さすがに爆発はしないか)。調子が悪くなったらなるべく使用を控えたいものです。

とりあえずiPodに付属していた白いイヤホンを引っ張り出してくることにしました。整理が悪いので散々探し、棚から見つかったのが初代iPodのイヤホン。そういえば、付属のイヤホンは買って一度も使ったことがありませんでした。(第4世代iPod付属のもどこかにあったはずですが、箱と一緒に捨ててしまったようです)

で、聴いてみて。現行のiPodに付属しているイヤホンとは恐らく別物なのでしょうけど、これまで使っていたAKGのとあまりに音が違いすぎるのでワロタ。低音が全然聞こえない。昔のトランジスタラジオについていたモノラルイヤホンみたいだ。ちょっとこれを使い続ける気はしないので、何か別のを探すことにしましょう。

ipodearphone

左が壊れかけの愛用品、値段的には全然大したことないものです。それで右がiPod(第1世代)付属のやつ。サイレントピアノをヘッドフォンで弾いていた同居人にこれを貸してみたところ、「あれ、ピアノがチェンバロになっちゃった」なんて言います。まあ、そんな音です。アップルの名誉のために繰り返しますが現行品ではありません(2001年の製品です)。

iPodの音源を電車の中で聴く、という用途限定なので、新しいイヤホンはまたもや低価格モノでいいやと考えていますが、何がいいでしょうね。

追記

即決で買ってしまいました。最近増えてきた、カナル型ってやつ。値段の割には結構いい音がして満足です。「インイヤー・ヘッドフォン(in-ear headphones)」って、中国語では「入耳式耳機」って書くんですね。おもろい。

音はいいです。屋外で聞くにはこれで十分。それと、カナル型のため周りの音を結構遮断します。音楽に没入できるのはいいですが、これをつけて道を歩くのは結構危険だと思いました。電車の中だけにしておこう(電車の中では効果大)。あと、構造上仕方ないのか、歩いたときの靴と地面とが当たる音が結構響いてきます。それとも装着のやりかたが悪いのかな。よくわかりません。でもやはり歩きながらはやめたほうがよい。

とまあ、それまで開放型のイヤホンを使っていたのでそれに比べると癖があるなと感じますが、やがて慣れるでしょう。いい買い物でした。


PHILIPS イヤフォン SHE9700 PHILIPS イヤフォン SHE9700

Philips 2007-02-01
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by gyogyo6 at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

iTunesの新機能"Genius"が、やはり期待外れだった理由

iTunesの最新版(8.0)には、 "Genius" という新機能がついています。ある曲を選ぶと、その曲と似た曲をライブラリの中から集めてプレイリストを作ったり、「こんな曲に興味はありませんか?」とiTunes Storeの曲を買えと勧めたりするシステムです。「自動リコメンデーション」の一種ですが、ちょっと使ってみたところやっぱり期待外れです…。

私は、この手の「自動リコメンデーション」で満足いく結果を受け取ったことがほとんどありません。ご推薦してくれるものは、自分が「嫌いじゃない」もの。いわば「消極的支持」にしか過ぎないものが大半です。BGMとして聞き流すには十分なのでしょうけど、それ以上のものではありません。と、そんなものばっかりリストアップされるので、「もうええわ!」といい加減嫌になってしまいます。

で、たまに「おっ」と感じる音楽は「もう知ってるよ」なモノだったりするので、「こんな素晴らしい曲があるなんて知らなかった! 教えてくれてありがとう」となることがなかなかありません。

こういう機能は「使いよう」、なんでしょうけどね。

そんなことを考えているうちに以前読んでいた林信行氏のエントリー「本屋とセレンディピティーの話 」を思い起こしました。詳細はリンク先を読んでいただきたいのですが、「「Amazonアソシエイト」プログラムこそが最良のリコメンデーションサービスだ」、「仕込まれたセレンディピティーよりも、こうした狙っていないセレンディピティーの方が本当はおもしろいんじゃないか」という意見には首が痛くなるほどうなずいていたものです。

林さんと私では、Amazonの実績にしてケタが1つか2つは違うでしょうけど、そんな私でも「思わぬ出会い」が結構あるのです。これ、本当に面白いです。

林さんは主に本について述べていますが、本よりも「感性に訴える」部分が強い音楽は、自動リコメンデーションがより難しい分野じゃないかと思います。ンなわけで、出会いを求めて私は今日もあてどなくさまようのです。

posted by gyogyo6 at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

ナーノナーノナノジョブズの子♪ (iPod new model)

これは久しぶりに欲しくなるiPod(かな)!

Apple、縦長ボディ/加速度センサー内蔵の新iPod nano

まんまるおなかのnanoが初代nano風の姿に戻って、いい感じ。現行のnanoは、発表当時「初代iBook並みの失敗デザイン」などと言われたりもしてましたので、じぶん的には大歓迎でございます。今のが壊れたら買い替えたい。(当分壊れそうにないのが難点ですが。かつては壊れそうなものばかり集めてしまうのが得意技だったんですけどねー)

曲名やアーティスト名を音声で読み上げる機能もついてるそうです。。実物を見てないので何ともいえませんが面白そう。この機能はしかし、ディスプレイをもたないiPod shuffleにこそ搭載すべきと3年前にも書いたことがありますが、どうなんでしょう。

iPod touchの方は、兄貴格のiPhoneも含めてまだまだ「実験機」の域だと思いますので、私はパスです。

ところでところで

去年9月のアップルの発表のときは、事前の噂として「ビートルズの楽曲がネット配信されるぞ」というのがあったように記憶していますが、あれから1年経った現在、どうなっているのでしょうね? なんか「ポールの離婚の慰謝料が思ったより少なくて済んだから売るのをやめた」なんて話を聞いたことありますが…。

posted by gyogyo6 at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

アップルの「iPod nano自主交換」告知の内容は必要十分か考える

アップルが以前に販売した iPod nano のバッテリー過熱問題で、問題のある製品に関して交換すると発表しました。これは、その前日に経済産業省が出した注意喚起のリリースを受けてのものです。

ちょうど先月、JIS規格「消費生活用製品のリコール社告の記載項目及び作成方法」が公表されています。これに従って、告知がどこまで丁寧になされているかを見てみましょう。

なお、アップルによるとこれは「リコールではなく、自主対応」であるとのことで、厳密には「リコール社告」とは違います。でも、内容は注意喚起と危険性の警告、交換のお知らせですから、リコール告知に準ずる内容が求められるでしょう。

参考: アップルのプレスリリース→ 第1世代 iPod nano バッテリー問題について(2008/8/20付)

経済産業省のリリースはこちら→消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について(2008/8/19付、PDF)

以下、引用文はプレスリリースより、コメントはJISで「注意事項」とされているものを参考にしました。

第1世代 iPod nano バッテリー問題について (タイトル)

タイトルは、読んですぐ分かるようなものにしましょう。「お願い」「謹告」のような、緊急性の有無が判断できないものは避けましょう。かろうじて「可」というところでしょうか。あーダメだ。このタイトルからは、問題はバッテリーの「過熱」だという一番重要な情報が欠落している。これでは「不可」とされても仕方ない。

2005年9月から2006年12月に販売された第1世代 iPod nanoのバッテリーが…

問題の製品が特定しやすいようにしましょう。「第1世代 iPod nano」で分かる人がどれくらいいるでしょうか。経産省のリリース(PDF)には型番まで明記されていますが、まさかこれを見ろというわけでもないでしょう。

ごくまれなケースとして
0.001パーセント未満です
これまで、重大な人的被害や物的損害は報告されておらず
他のiPod nanoのモデルについてはこうした報告はまったく受けていません

消費者が「このまま使い続けて大丈夫なのか」迷うような表現は避けましょう。あるならある、ないならない。

これらは一つのバッテリー・サプライヤーからの供給であることを特定しています

こういう場で他者の責任を云々するのはあまり良いことではありません。それよりも書くべきことはたくさんあります。

http://www.apple.com/jp/news/2008/aug/20ipodnano.html

Webで広く告知することは評価できます。ただ、JISでは、企業のトップページに直リンクを設置することを求めていますが、残念ながら現時点でそれはありません。Web以外で告知していないのは…まあ、それはそれとしましょう。

AppleCare(顧客窓口)にて交換いたしますので、ご連絡をお願いいたします

連絡先の名前が書いてあるのは良いですが、告知の中に連絡先の電話番号とかURL、住所がないのはいかがなものでしょう。

他の第1世代iPod nanoをお使いのお客さまで少しでもご不安を感じられた方

「他の第1世代iPod nano」とは何でしょうか。「2005年9月から2006年12月」以外の時期に販売されたもののことでしょうか。「該当するiPod nano」が不明確なのでこちらもよくわかりません。具体的に書いてほしいです。

連絡先などは、このリリースを受けて報道したメディアが補足している例もありますが、そういう親切に期待しすぎるのは避けるべきですね。

以上、総合点は「もう少しがんばりましょう」といったところです。アップルはこういうところの対応が必ずしも満足できるとは言いがたい部分がありますので、精進してほしいです。

(参考)

http://www.jisc.go.jp/

JIS規格の内容はJISのページから規格番号「S0104」を検索すると読むことができます。著作権への手厚い配慮のためか、直リンクもできませんし、テキストのコピー、印刷ともに不可という扱いにくい代物です…。

posted by gyogyo6 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

「アイチューンズ株式会社」の英語表記はレトロ?

iTunes Store で曲とかを買うと確認メールがやってきます。日本の iTunes Store を運営しているのは、アップル本体ではなくアイチューンズ株式会社という別会社なので、メールもその名義です。

さてその確認メールには、アイチューンズ株式会社の名前が英語表記で書いてあるのですが、それがなんともレトロチック。

"iTunes K.K."


ituneskkj.jpg

K.K.です。「カブシキ・カイシャ」です。日本語じゃん。古きよき香りがしますねー。2005年に設立された会社とは思えません。ちなみにアップルは "Apple Inc."、日本のアップルも "Apple Japan, Inc."。インコーポレイテッドです。

ところで "K.K." 表記の会社は日本郵船(Nippon Yusen K.K.)とか歴史の古い会社ばかり…、と思っていましたら、そうでもないようです。ちょっと検索してみても、結構最近の会社も名乗っています。ムーディーズ(Moody's Japan K.K.)やら日本ベリサイン(Verisign Japan K.K.)といったバリバリの外資系も "K.K." だったりするのが面白い。「株式会社」は無理に訳さないということでしょうか。日本の会社以外で "K.K." を名乗る会社はありませんから、標識代わりにもなって分かりやすいかもしれません。

日本の株式会社の英語表記は、 "Co., Ltd."(カンパニー・リミテッド) "Corp."(コーポレーション) "Inc."(インコーポレイテッド) の順に多く、しかし "Co., Ltd." は最近減少気味なのだそうです。参考→ 会社商号・社名の翻訳

posted by gyogyo6 at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

美空ひばりiTunes配信「バラ売りなし」のなぜ

美空ひばりの曲が、iTunes Storeで売られるのだそうです。彼女の曲を聴ける機会が増えるのは大変良いことです。が、売り方に大いに問題があるのではないかと思います。

美空ひばり プレミアムパッケージ「Best 70+1 Songs」 (Link先は要iTunes)

現在iTunes Storeに上がっているのは、プレミアムなんとかという「71曲10,000円」のセット販売(分売不可!)のみ。1万円出して「よし試しに買ってみるか」となる人は、そんなに多くないと思います。報道記事によるとコロムビアは「若年層への売り込みも狙う」としているようですが、特にその若年層がいきなり1万円払って71曲揃えようとは思わんでしょう。ひばりチャンのものなら何でも揃えるコアなファン層へのアピールしかできないんじゃないでしょうか。

とはいえ、71曲もあると主だったところは網羅しています。大滝詠一言うところの「ひばりポップスの最高峰」である「ロカビリー剣法」もちゃんと入っています。それからこのセットのタイトルは「70+1」なのですが、この「+1」(ボーナストラック?)にあたるものが71曲目の「A列車で行こう」ですね。わかってらっしゃる。私はこの曲で美空ひばりの凄さを思い知ったものですから。(その記事: ひばりのA列車

それだけに、なぜバラ売りしないのか、理解に苦しみます。別に「柔」やら「人生一路」やら聴きたいわけじゃないのに。本気で売る気あるんでしょうか、誰に売るつもりなのでしょう? あと日本以外のiTunes Storeにも置くそうですが、置いて終わりってもんじゃないですぜ。「在外日本人や日系人が対象」なんてしょぼいこと言わず、ちゃんとプロモーションしないと。

…といった声が高まれば、バラ売りしてくれるんじゃないかとひそかに期待しながらこの記事をアップ。

美空ひばりの71曲 iTunesで初の世界配信へ (asahi.com)

ところでこの記事にある「若年層」って、どのへんの世代なんでしょうか。四十代もその中に入ってるのかな? ひょっとして五十代も?

5.29追記 バラ売り来ました

なんだ、してくれるんじゃん。心配して損したよ。

というわけで…

ロカビリー剣法→ 美空ひばり - ミソラヒバリ リズム歌謡を歌う! 1949-1967 - ロカビリー剣法

A列車で行こう→ 美空ひばり - LOVE! MISORA HIBARI JAZZ & STANDARD COMPLETE COLLECTION 1955-1966 - A列車で行こう

たっぷりとどうぞ!

posted by gyogyo6 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod/iTunes | 更新情報をチェックする