2014年11月25日

Song of the Year 2014

「今年もっとも世間に浸透した曲」といえば「レット・イット・ゴー(ありのままで)」を置いて他にはないですね。曲としては「生まれてはじめて(For The First Time In Forever)」のほうが面白くて好きなんだけれどもいかんせんこいつは歌うのがちょっと難しい(まーレリゴーも簡単ではないけれど)。

それにしても外来ミュージカル映画の主題歌が大ヒットするなんて1950〜60年代ぽくて面白い現象でした。これはちょっと予想できなかった。大ヒットなんて社会現象はえてしてそういうものですが。


普通なら日本レコード大賞(まだあるんだ…)間違いなしってところですが、いろんな力関係やら何やらかんやらでノミネートなし。そのかわりに「特別映画音楽賞」という謎の賞が設けられ、そちらを受賞しています。(あと『妖怪ウォッチ』が特別賞)

第56回 輝く!日本レコード大賞

「アナ雪」主題歌は大賞候補ならず…原則論で選考から“除外”

↑を読みますと、「日本国内で最初に発表された作品について選考審査を行う」のが原則らしく、レリゴーは英語版が先に米国で発売されてるから対象外なんですとよ、「アナ雪」側は別にこんな賞欲しくもないのでしょうけど。そういうことしてるから権威も注目度も再浮上しないんだと思います。


posted by gyogyo6 at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | オぴニオンw | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

トイ・ストーリー4 だそうです

確か先週のニュースです。

「トイ・ストーリー4」の製作が決定 2017年公開

番外編や外伝ではなく「3の続編」らしく、頭の中に巨大な疑問符が。記事にもあるとおり3は「完璧なエンディング」だったので。でもラセター御大が直々に監督を務めるそうなので、不安と期待がいりまじる。



ところでちょっと前の休日、予定が流れてしまい、かわりに家で昔録画していた映画を「上映会をやろう」と家族一緒に見た。「トイ・ストーリー2」。1と3は見ていて2だけが未見だったのです。

もちろん大変面白かったのだけれども。この映画には飛行機に積み込まれる荷物を取り返しに空港のバックヤードに潜り込む場面があります。コンベヤの向こう側がジェットコースターのようなものすごいことになってる中を探し回るんですが、これどっかで見たぞと思って記憶をたどると

…………
………
……

あああれだ、同じピクサーのアニメ「モンスターズ・インク」だ。と思い出しました。「子供部屋に通じるドア」を管理してる倉庫の描写とそっくり。ドタバタ探し回る展開も全く一緒だ。

「モンスターズ・インク」公開の方が後(2年後)なので、あのシーンは2年前の「トイ・ストーリー2」のセルフパロディだったのだな。と今頃気づきました。

posted by gyogyo6 at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

大人の科学「エレクトリック・スチールドラム」

学研のムック「大人の科学magazine」は、時々変な楽器が付録になって楽しい。私は、「テルミンmini」と「アナログシンセサイザーSX-150」の時、買ってきて楽しみました。

で今発売されている号についてるのが「エレクトリック・スチールドラム」。これは素晴らしい。即買い。

スチールドラム(スチールパン)とはカリブの小国トリニダード・トバゴで生まれた鉄製の打楽器。鉄を叩いているとは思えない、柔らかな音が出ます。一枚の板なのに叩く場所によって音の高さが変わり、音階を奏でられるという不思議な楽器です。これはそのミニチュア版。

エレクトロニック(電子)ではなくエレクトリック(デンキ)なのがミソです。スチールドラム自体は完全にアコースティック楽器。裏側にエレキギターのようなピックアップをつけて、「エレクトリック」となります。

4056104360 大人の科学マガジン エレクトリック・スチールドラム (Gakken Mook)
大人の科学マガジン編集部
学研教育出版 2014-09-29

by G-Tools

スタンドから吊り下げられたドラムの直径は19センチのかわいいもの。低い方からラ、シ、レ、ファ♯、ラの5音にチューニングされています。製作時間30分、と本には書いてありますが、だいたいそんなものです。


IMG_2755.jpg

ちょっとわかりにくいですか。この角度からのほうがいいですかね。音程のある場所は、ちょっと凸型になっています。


IMG_2756.jpg

さっそく完成。叩いてみました。思ったよりいい音。低い2音はきれいに出ます。高い方はちょっと違う音が混じってるので、調整する必要がありますね。(混じったまま音を整える方がいいかも…)

付属の冊子(というかこっちがメインか…)ではスチールドラムの歴史や作り方などの解説、こちらも読み応えあり。実は今までスチールドラムの原理 〜なぜ同じところを叩いて違う音高が出るのか〜 がさっぱりわかってなかったのですが、これを読んである程度分かりました。でも完全には理解してません…。

なお、電池(CR2032のボタン電池)は付属しておらず別途用意する必要があります。夜中に作りはじめて「わあ買うの忘れた!」とコンビニに走って割高なものを買うはめにならないようご注意。私は100均ショップで2個108円のやっすいのを買ってきました。これくらいチープなものが似合ってるんじゃないでしょうか。また、音を出すだけなら電池は必要ありませんから、あわてて買う必要もありません。


IMG_2752.jpg

↑2個108円。他に作るのに必要なものはプラスドライバーですが、まあこれは大抵の家にあるでしょう。

なおアンプですが、こいつについてるのはプリアンプなので、デンキの音を出すには他にアンプが必要です。3.5mmのジャックにヘッドホンを繋いでも音は聞こえません(たぶんヘッドホンアンプが必要)。FMトランスミッター機能がついてますので、FMラジオを介して音を聞くことはできます。私は「エレクトリック」の機能はまだほとんど試していませんが、いろんなことができそうです。

本物のスチールドラム(いや、これだって本物ですが)は小型のものでも1万円とか2万円とかしますから、3千円ちょっとで手に入ってしまうのはたいへんに魅力的です。本気で調整・チューニングすればちゃんとした演奏にも使えそう。

これを作っていると横で見ていた小学校6年の子供が「大人の科学があるなら、子供の科学もあってええんとちゃう?」と言ってきた。う、うん、昔はあったんだよ、子供の「科学」がね…。ごめんな。大人たちのせいで、なくなってしまったんだ。

なおなお

以前作った「テルミンmini」、「アナログシンセSX-150」ですが、好評だったらしくバージョンアップ版が単体でも売られています。テルミンminiのほうは先日発売されたばかり。

4057002138 手をふれずに演奏できる電子楽器 テルミンmini+ 組立完成版 ([実用品])
大人の科学編集部
学研マーケティング 2014-09-30

by G-Tools
B005Q22HV2 アナログシンセサイザーSX-150 MARKII
学研 2011-11-09

by G-Tools


posted by gyogyo6 at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大人の科学 | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

MoneytreeとTouch ID

なんか昨夜にiOS8.0.1が公開されたものの不具合続出ですぐ引っ込められたそうですけど、私が寝ていた間の出来事だったので全然知りませんでした。なので内容もよく分からないんですが、iPhone6系ではTouch ID(指紋による認証)の不具合も起きていたようですね。

Touch IDといえばiOS8からサードパーティのアプリにも開放され、私が使ってるアプリでも対応したものが出てきました。家計簿ソフトのMoneytreeもそのひとつです。こいつはおカネの情報を扱うので、アプリ起動時にパスコードを入れる必要があります。そこがTouch ID対応になりました。

しかしMoneytreeの実装方法はなんだか回りくどいものでした。いったん「Touch IDを使用」ボタンを押させるのです。なんでやねん? と最初は思ってました。


IMG_2742.jpg

こんな風に。ところがですね、これには理由があったそうで。以下Moneytreeブログによる説明です。

当社でiOS 8の開発テスト中に、ホームボタンに指をのせた状態でアプリを起動するとフリーズする、という現象を確認しました。この状態になるとホームボタンも使えなくなります。復活させるにはiPhoneを一度スリープする必要があります。そのため、Moneytreeでは「Touch IDを使用」ボタンを設ける方法で対処しています。

指紋認証対応 (Touch ID) について | Moneytree

もしやと思って、やはりTouch IDに対応した別のアプリで「指をホームボタンに置きながら起動」を試してみました。見事にフリーズしました。iOS側のバグなのでしょうか。

iOSがフリーズすると強制スリープ(スリープボタンとホームボタンを同時に長押し)→再起動しか打つ手がなく、非常に困ります。滅多に起きないだけに、起きたときに戸惑う人も多いでしょう。

なので今回のMoneytreeの処置はなかなか適切だなと思いました。こういう丁寧なつくりは好感が持てますね。応援したくなっちゃいます。とはいえ面倒なので、問題が解決した暁には簡単に起動できるようにお願いします。(iOS8最初のアップデートがアレでしたから、時間がかかるかも知れませんが)



2ヶ月前に「Moneytreeをしばらく使った感想」という記事を書きましたが、その時「対応すればいいのにな」と書いていたソニー銀行は8月に対応しました。あと、各種ポイントサービスへの対応も増えてきて、なかなか便利に使えます。前は「面倒だから私は現金支出なんか登録しない」と書いてましたが、気がつくといろいろと登録するように…。

ただ、これで目に見えて支出の無駄が減ったかどうかは、怪しいところです。そこは使う人次第なのでしょう。

ところで、今回のiOSのアップデート不具合。かつてiPhone4だったかの発売時に、持ち方によってアンテナ感度が落ちてしまう! 欠陥じゃないか! とちょっとした騒ぎになりましたが、ジョブズが「そういう風に持たなければいいんだ」と言ってみんななんとなく納得してしまったことがありました。言ってることは無茶苦茶なんですが、今のクックCEOにはこういう無茶力が足りない。

9/26追記: 8.0.2での挙動

9月26日にiOS8.0.2がリリースされました。上で書いた「起動時にTouch IDを使うアプリで、ホームボタンに指を置いたまま起動するとフリーズする」という不具合がどうなっているか、その「フリーズしちゃうアプリ」で試してみますと。

…やっぱりフリーズしてホームボタンが利きません。ただし、ホームボタン長押しでSiriは起動する。おっ? 8.0とはちょっと違うぞ。 …スリープボタン長押しでは、8.0だと強制電源オフしかできなかったのが、8.0.2では「スライドで電源オフ」スイッチが出てくる。この画面で「キャンセル」を押すと、…フリーズ状態が解除され動くようになりました!!! …なにこの謎挙動。

というわけで、もっとちゃんと直して下さいよアップルさん。Moneytreeの「ワンクッション入れる」処置は外せないようです。

11月追記

Touch IDを改善しました | Moneytree

現行のバージョンではiOSの問題が解決したのか、このワンクッションはなくなっています。初期状態がどうなのかは(私が継続ユーザーなもんで)知りませんが、ワンクッションかますかどうかは、メイン画面左上の設定メニューから入る「Touch IDを自動表示」の項目で設定できます。

posted by gyogyo6 at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

開設10周年

へえ。続くもんですね。自分でも驚いています。最近は更新もぼちぼちで、「続いてる」と言っていいのかよくわかりませんけど。

ところで前の記事の「オマリーの六甲おろし」CD、買ってきました。阪神が優勝する日に封を切ろうと思ってたんですがこのままでは永遠に聞くことができなさそうでどうしたものかと思案中。


あと昨日アップルの新製品発表会がありましたが、Apple WATCHにしてもiPhone 6/6plusにしても、首が痛くなるほど私がうなずいたツイートがあったので紹介しておきます。

私が一番「おおっ!」と思ったのは、U2のニューアルバム無料配信(iTunes限定、10/13まで)でしたとさ。

posted by gyogyo6 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | このblog | 更新情報をチェックする